« 2日のヴィトン財団について加筆 | トップページ | JCN 小田原 ケーブルTV 様 »

2010年11月 5日 (金)

厚木から3人の小母さんが来てくれました。

道を尋ねて来られました。「ユートピアという自然農法畑」への道。

小物の展示の作業中だったので、簡単に教えたのですが、どんどん中に入って来られた

ので、事情を説明いたしました。「ここは、有料になっておりまして、ヴィトンの古い・・・・」

「へぇ~そんなに古いの?こんなに沢山~」少し見ていて「何か食べるものありますか?」

「はい、パルマ産の生ハムサンドウィチか、パルミジャーのカツレツのサンドウィチです。」

その他お飲み物なども・・・別室のカフェでゆっくりと食べながらDVDで更に詳しく

ご覧いただける様。「どうして、こんな所に?」又きたか・・・ 

それでは、用意が出来るまでご自由にご覧下さい。

と簡単な説明をしながら案内をいたしました。

驚いた事に、日本人の知識の豊かさです。色々質問なども有り熱心でした。

食事を終えた後、お勘定のとき請求書を見ていただくと、「入場料が入っていない。」

とのこと、「始めにご自由にご覧下さい。と申し上げたので必要在りません。」

「それでは、申し訳ありません。取って下さい。」「いいえ」

横にあったオリジナルの絵葉書を数枚お買い上げくださいました。

本当に有難うございました。

何だか、嬉しくなりました。「やはり日本人だなー。まだまだ日本だ。」ガンバロー

最後に「宣伝するわ。知り合いに知らせるよ。だって誰も知らないよ。こんな所・・・」

今日の天気のように快晴。

« 2日のヴィトン財団について加筆 | トップページ | JCN 小田原 ケーブルTV 様 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚木から3人の小母さんが来てくれました。:

« 2日のヴィトン財団について加筆 | トップページ | JCN 小田原 ケーブルTV 様 »