« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

ルイ ヴィトンより美しいトランク

昨日、ブログを書きました、内容は祝アジアカップからサッカーのユニフォームとラグビーの

ジャージの違いなど詳しく書きましたが、手違いで消滅。

もう1回書く気合が無く次回に。

004      006

友人の I ・K 氏(この方も I か?)からメールにて面白いトランクの写真が届きました。

現在は、道具入れに使用だそうです。DEN PERMANENT の物だそうです。

(えぇ~DEN・・・知らない。そういう方は、関西の芸人が出てるTVか食い物の番組でも見

て人生を無事終えて下さい。

恐縮です。失礼をお詫びいたします。でも削除は英断を持って断じていたしません。)

良いね。チョッと洒落ていますね。否トランクは野暮ですが(済みません。)こういう物を道

具入れに使うのが良いね。ほしいですね。因みに彼の若かりし頃の上司は、ダンディズム

を語る徳大寺サン。

もっと若かりし頃、メンクラに載ったらしい。その話には少し面食らってしまいました。

AHaーhahahaha。でも美しくは無い。(傘は奥さんの所有物で、MARCEAUのお店で購入。)

そこで先日、或る雑誌の取材の際、「普段館長さんのお使いになっているトランクを、お見

せて下さい。」そして、その後「これは、まだ使った事が無いのですが、私が自信を持って

世界で一番美しいトランクです。」とテーブルに置きました。「へェ~」余り反応が無いので

「MOMAのパーマネントです。」「凄いですね。それはそれは・・・・」やはりMOMAのブラン

ドの威力ですね。

P1300563     P1300569    P1300567jpg_2

さて、これは、私のボス、CINI BOERI女史が1970年初頭デザインしたものです。

事務所を去り帰国に際して記念にと彼女に相談すると、「じゃあ、仕事にも使えるケースが

いいだろう。」と言う事で手配してくれました。翌日事務所に届けてくれたので見てみると、

色が、この色だったので彼女にほかの色は無かったのか?」と聞くと「後グレーとアイボリ

ーが在るけれど私はこのボルドーが一番好きだ。エレガントだ。」の事。「OK」

内装は猪で張られています。その後書斎の棚に置いたきりでした。

やっと、陽の目を見ました。30数年ぶりです。

この様に自慢の物(品は鑑定士に任せろ)をお持ちの方は、

皆さんに見ていただきましょう。そして、皆で肴にしよう。

2011年1月30日 (日)

旅好きの方へ 達人のご婦人

先日のI ご婦人(どう云う訳かイニシャルがIの方が多いです。)は、凄い方でした。

しかしながら、元々、旅と博物館が好きで、トランクを少々・・・。

しかし私は、幸いにしてお金持ちではないので、その様な高級ホテルには殆ど泊った事は

ありません。勿論、仕事の時は若干考慮しますがネ。

でも時々、あのホテルにはもう一度行きたいナァ~等思い出したりいたします。

勿論逆もあります。

でもそれぞれ後になると殆どは、酒の摘みになります。

一度、こう云う経験があります。

パリのオペラ座の近くのホテルでの事です。色々あり、まず、部屋を変えてもらいました。

しかし、従業員が私?日本人?に対して・・・・・よくある話。

という事で、ホテルを気にしながら散策中、中々雰囲気があり、値段も手ごろな大きくない

ホテルを見つけました。勿論日本のガイドブックには出ていなかったので、

「次は、ここかな?」と言ってツーリストメニュー等写真を撮ってきました。

そして、何ヶ月か過ぎBS放送で PARIS があり見ていると、見覚えのあるホテルが映り、

ホテルの親父が近所を紹介しているではないか、おまけに最後にメッセージ「日本の

皆さん是非お泊まりください。」

今度、行ったら「コンニチハ」と共に日本語のメニューと、「SUSI・SASIMI・TENPURA」?

コレも何だかROMAのホテルの様で否だね。

やっぱり、パリ人(パリジャンとは限らない)はあれ位の方が「パリに来た」と実感が沸くか

ら良いのかも知れませんね?いいや接客業と言うのは難しい。

みなさん、旅の面白い話聞かせて下さい。

573

2011年1月28日 (金)

旅行好きのご婦人の極意

時々、お友達をご案内してくださるサポーターのMrs.S さんが、Mrs.I さんとお訪ね

下さいました。 何時もの食事との事でしたが、勝手に鯛のリソットをご用意いたしました。

日本風に云うならば、鯛雑炊ですね。「美味しかった。」と仰って頂きました。

余計な事をしたのかと心配でしたが、「こんな所があったの、もっと早く来れば良かった。

知り合いに教えるからパンフレット呉れますか?」と仰って数枚お持ち頂きました。

話はこれからで、この、恐らく私より高齢のMrs.I 様は、やはり只者ではなく旅行の達人

で、ホテルは、良いホテルにお泊りだそうです。(因みに先日の方に続いてPARIS RIZTに

泊られた由)

何故でしょうか?「皆が親切だから。」大正解。王道ですね。

「言葉が得意でないので、相手がゆっくり理解出来るよう努力してくれる。」との事。

何しろ1回出発すると1ヶ月は帰ってこないそうです。

アジアをはじめエジプト、ヨーロッパ、アメリカ・カナダ、南米等に何度も行かれている

そうです。リオのカーニバルにも女性3人で行ったとの事。

次は、南アのマンデラ氏の投獄されていた獄舎と、何度目かのペルーの先日新たな発見

のあった地上絵を見たいそうです。

凄いパワーですね。菅さんに紹介したいですね。

勿論、旅のお供に何個もLVを持って行かれたとの事。(ソフトケース)

今は殆ど、身内の方にあげたけれどまだ幾つかはある。

本当に、凄い達人のお話を伺えます。何か私の処には偏りがありそうです。

一方、先日、カップルの方が来られ、見たいとの事でしたので、ご案内しようとすると

私の顔を見ながら、「あの~~本物ですか?」答えようが無く「お確かめ下さい。」

「じゃ~結構です。」とお帰りになりました。

次回は何と答えれば良いでしょうかネ。兎に角見ないと話しにならないと思うのですがね。

本当に、凄いですね。日本人はこんなに個性的だったのですね。

下は、お二人のお写真です。時間が無くなり「又、後半をXXXちゃんと見に来ます。」

と、お帰り下さいました。

Mrs.S 様有難う御座いました。

それから、頂いた苺とても甘く美味しかったです。

P1280558_2

LEEの1920年~50年のお人形団体様

先日このコーナーでご迷惑をお掛けしたM様からお許しが頂けました。
改めて、謝罪をすると共に、御礼申し上げます。
さて、何と驚きのアメリカン団体様です。
1920年代~1950年代にかけて広告用に作られたキャラクターです。
私は、余り詳しくないのでコメントできませんが、人形関係は、程度のいいものが少ない。
「どうしても、日常品で子供が触るので・・・」という事を聞いた事があります。
でも写真からは、とても状態が良い物がそろっていますね。
I・T様のお人形(現在展示中で、説明の為の資料を探しています。)も、そうですが
凄いですね。
(テリー伊藤さんのTVに出た時、「スゴイデスネぇー」。
何時もの on TVではなく、彼は「凄いですね。」と仰って呉れました。
「そうですね。流石ヴィトンですね。」
「いやァ~そうではなく。そう云う物に目をつけた。と云う点ですね。」
彼のフォローの上手さに、私は益々賢人ぶりに感心いたしました。ふとこの様な事を
思い出しました。)
Img_9032  Img_0145 ではまずは、ご覧下さい。
如何でしたか?
「何でしょうか?もう少しはっきり仰ってください。」
「その~本物が見くなった。」
そうですか、「私は、見せていただく事が出来そうですが・・・。
もし、見たいのであれば意思表示をしてください。書き込みを増やし反応を表して下さい。
そうしたならばM様にお願いいたします。コレが民意だとね。
(政治的用語を使ったのかな?)
本当に貴重な物だと思います。皆で期待しましょう。
(下の写真の下に要注意。こちらは近日中にお伝えします。)
Img_0889

2011年1月27日 (木)

曽我梅園祭り 1月29日~2月28日

今日は、窓の外の梅がかなり咲いていました。

私の所から20分前後の隣の小田原市曽我の梅園祭りが、29日(土)から始まります。

東名大井松田から15分前後に在ります。

今年は、少し早いようですよ。私の所にもお立ち寄り下さい。

窓からも前記の開花が見えますよ。

ルイ・ヴィトンの100年位前のピクニックBOXやティーポットもあり、この時代の方も花見に行

ったのでしょうね。

所蔵の資料に今と変わらないキャンプの様子が掲載されています。

勿論、ワイン専用のケースもあります。

一度使いたいのですが・・・・・

2011年1月26日 (水)

昨夜の勝利とドールハウスのスケール?と生活道具

先日お見えになられたご婦人は、私の手作りの18分の1のスケールコレクションのミニトラ

ンクをご覧下さり「可愛いね。コレはどうしたのですか?」「私が作りました。」

その様な事から、以前から気になっていた件、そして今回のような重なったお人形の件等か  

ら、物知りの I 氏に「何分の一」「20分の一」「20分の1?それは無いね。」「確かそれくら

いだね。横にあるミニカーのスケールに会わせたんだ。」「じゃー18分の1か24分の1でしょ

う。」帰って制作時のCAD データから18分の1であった事が判明した。

しかし、なぜ18分の1、24分の一?なのか?なぜ10分の1、20分の1ではないのか?

気になった。「暇なんでしょ・・・」私も、カミサンもとても忙しいです。次から次へ・・・

しかし、私の処にはマニアのが方が来られ、時々多岐に渡る質問を受けます。

知らない事は「知りませんが、私は・・・・・ではないかと思います。」「或いは、調べてみます。」

とお答えいたします。そこで、この疑問も調べました。

26jan11auto2

そもそも、ドールハウスDOLL HOUSE は英語ですね。つまりイギリスのメアリー女王に、

由来します。そうですね。英国はポンド・ヤード・12進法でしたよね。

これですね。ここからきていますね。

英国の正確な名前はU・K(KINNGDOM)ですね。その為色々、大陸文化と恣意的に差別

化し覇権を示さなくてはならなかったのでしょう。

例えば、ブリティシュ・イングリッシュ、食事マナー・右ハンドルなどがそのようです。

私も、ブリティシュ・イングリッシュは恣意的なもので、アメリカン・イングリシュ元々の

の英語に近いと聞いた時は、少し「本当かな?」と思ったくらいでした。

因みにここだけの話ですが、「フランス人と英国人はそんなに仲が良い?勿論仲が悪いと

いう事ではありませんが・・・。未だに共和国の意識が、フランス・イタリア・ドイツ・イギリス

スペイン等では強いそうです。つまり日本が例外的のようだと言えますかね?

勿論関西人とりわけ大阪人は別格かもしれませんね。

その表れが、クラブチームサッカーにでているのでしょうね。

昨夜の勝利共に喜びましょう。サッカーチームも随分アグレッシブになったのですから、

日本の環境も少しザッケローニ氏に内閣の一員になっていただいたら如何でしょうか?

ちょっと危険思想ですね。自戒します。

2011年1月25日 (火)

ミュージアム ガレット コレクションガイダンス 近日発売

ガレットは多くの方に支えられております。

来客の方、ホームページやブログで参加してくださってる方、

そして運営に関わっている私を、サポートしてくれる方々。

多くの方が、私の古い古い友人で30~40年のお付き合いの間柄。

勿論、貧乏ミュージアムゆえボランティアでの参加です。

P1240525_2 その中でも特に色々多岐にわたりお世話になっているのが、昨日訪ねてくれた 

I さんです。彼は、何時も冷静、沈着で古武士のようなところうがありますが、

それはそこ、やはりクリエイターらしいシンプルな?拘り人物。

とても信頼している生真面目な広い知識のある紳士です。

昨日も、多岐に渡りアドを頂きました。大変有難く感謝です。

今回は、食事をしながら特に近く販売する予定のオリジナル GOODSについて色々、教示

してくれました。少し勇気が出ました。きっと良いGOODSができます。期待してください。

何よりも、彼と居ると楽しい。構えなくて良い。でも彼は如何かな?

今度、彼に聞いてみよう。とにかく有難う。

2011年1月24日 (月)

緊急のお知らせと謝罪

去る、1月21日(金)の「プジョーとヴィトンとリーバイス」を掲載いたしましたが、

不正確な箇所が在りました。M様のコレクションの項で「リー(LEE社)」と書かないといけない

所を「リーバイス」と書き込んでしまいました。

大変な間違いをし、M 様始めご覧頂いている方々に大変申し訳の無い事をいたしました。

深く反省をすると共に、この様な間違いが無い様以後最大の努力をいたします。

お詫びと訂正させて頂きます。

      ガレット 主より

2011年1月23日 (日)

チュニジアの政変とゴルフクラブとルイ ヴィトン

世界中で政治の変化を求め、地震のように揺れています。

さて、我々日本人にはあまり石油以外は殆ど知られていない国々ですが、

R1_2   当ガレットにエジプトのプリンセスが、1938年にヴィトン

  (シャンゼリーゼ 70)で、3ツのお買い物され、現在の金額で

   約700万円(為替などがあり正確にはわかりません。)

   御支払されたようです。この様な方々がお買い物されて

いたのでしょうね。今もかな?

さて、知り合いから聞いたお話です。

ケンブリッジで「この週末に、乗馬に行く。」とアラブの女子学生に話したら「私も行きたい」

との事。「私は、オーストラリアで1回ほんの少し乗った事があるが、全くの初心者です。

貴方は・・・・」「私は、小さい時から・・・」「へぇぇ~小さい時って?」「そんなに小さい時

から?。どこで練習するの?外は砂漠でしょう?」「家の中」「家の中って?お庭が広いん

だ。」「庭ではなく、家の中で家族皆で乗ります。」「えぇぇ~マジスッか?」

そしてその後、「文房具を買いたい。何処か知らないか?」との事。

いつも買っているスパーを避け、高級文房具店にご案内し、前から気になってガラス越

に見ていた、カバンを手にしていると「帰りましょう。それ持って、もうお金払いました。」

店員に「彼女に、お金を返すよう。」に告げると、「良いではないか。彼女がそうしたいの

だから」との事。そう云えば彼女は、ボディーガード付きのお買い物でした。

この話を、 I・T さんにすると「そうなんですよね。実は、やはり同じ様な話が

ありましてね。『日本人はよくゴルフをするので、初めてなので教えてくれないか?』との事

「それでは、まずクラブを買ってください。最低必要ですから。」「クラブ、ゴルフクラブです

ね。」暫くして「クラブを手に入れた。結構高くついた。」との事。また「特注したのか?宝石

でも付けたのかな」と思いながら、大切なお客さんであるので早々お訪ねしたそうです。

彼が現れたのですが、いっこうにクラブが現れないので「それでは、クラブを見せて

下さい。」との願いすると、不思議そうに「さっきから、見ているだろう。どうですか?」

何じゃ?ゴルフクラブ?「ここを買ったのですか?ゴルフ場全部?」嘘のような話ですね。

そういえば、収蔵品の中に1970年ころのキャリーバッグがありますが、1910年頃には

ヴィトンやHERMESで作られていました。

この様な話は、新年に相応しいですね。

皆で、お金持ちの気分になろう。

2011年1月22日 (土)

ルイ ヴィトンの1930年~1950年頃のお人形とオルゴール白兎

先日から、度々登場して頂いている大宮の I・T様が本日お人形を届けてくださいました。

「皆さんに見て頂いて、この様な物がルイ・ヴィトンに有ったのだと言う事を、

知って貰えば嬉しいです。」との事でした。有難う御座います。

早速、記念写真を撮り白兎のルイジーの横に置かせていただきました。

「ケースの中が急に明るく華やいだ。」とカミサンが、珍しく声を出し、呟いた。

本当に有難う御座います。大切にまた一人でも多くの方に、ご覧いただけるよう頑張ります。

この様に、皆様方のご支援に支えられております。

従って、決してガレットは個人のコレクションではなく、多くの人の参加による「場所」に

なる事を切に、希望いたします。

是非、どのような形でも結構です。コーヒーを飲むだけでも・・・

お話をしに来てくださるだけでも、喜んでお迎えいたします。

そうでした。色々書くより写真を見てください。

写真でも素晴らしさは疑う余地もありませんが、より現物はもっと素敵ですよ。

0481  P1220500   P1220518_2   

2011年1月21日 (金)

プジョーとヴィトンとリーバイス

478_2 今日も素晴らしいお客様に来ていただけました。

とても仲の良いと言うより、気の合ったと言える茅ヶ崎の

お2人、H様とK様。

近くの最乗寺に御参りの帰りに立ち寄ってくれたとの事。

プジョー(PEUGEOT)が、本当によく似合う極自然体の

いい感じのカップル。

カフェで古い1910年頃のヴィトンの広告の隣に、PEUGEOT

広告が出ていて「へえぇー出てる。」因みにこの頃は、

日本には自動車メーカーはありませんでした。

彼はこの歴史のある由緒正しき車にお乗りです。

帰る際、「ちょこっと寄り道して、とってもいいもの(者)などに出会えました。外に出る、

より道をする。これって 楽しいですよ。」この言葉最高に嬉しいですね。

彼女にも、満足頂けたようでした。

479_2 次の方は、真にお珍しいお名前の東京のとてもスマートで

爽やかなM様。

この方にはまたまた驚きで、LVの1890年代のとても

レアーなモノグラムをコーヒーテーブルにお使いになられ、

おまけに時々お子さんが蹴飛ばしているそうです。

驚くのはこれからで、ジーンズのリーバイスの紙?木?で

作られた古いお人形を沢山お持ち(世界有数の1番?)だ

そうです。しかも今度見せていただけるとの事。

本当に凄いですね。見たい方きっといるよね。

皆で見せて貰うようになればいいね。

見たい人は、書き込みください。彼にお願いいたします。

「又来たいと思います。」とお書きくださいました。

それにしても、明日はお人形を I さんがお持ちくださいます。なんて幸運でしょう。

この様に、色々な方がいろいろ楽しいお話を持ってきてくださいます。

皆さんも是非、この様な方のお話をお伺いしたり、ご自分の経験談など気楽に

オープン・マインドで楽しみませんか?(私もかた苦しいのは生に合いません。

ただ、無礼な方は申し訳ありませんが、ご遠慮いただきます。)

477 今日来てくださった皆さん有難う御座いました。

私もとても楽しかった。愉快でした。 

有難う御座いました。

2011年1月20日 (木)

BMW コンバーチブルと美しいお嬢様

昨日、東京からお嬢様とお二人でご来訪いただきました。

「大丈夫ですか?見させて頂いて?」「勿論です。一応、お一人様コーヒーかジュースが

付きます。」こんな感じで始まりました。

約3~40分ご説明してその後、カフェマッキャートをお持ちして、

お話をお伺いしていますと、何とパリの「RITZ」やFIRENZEの「フェラガモ の スィート」

にとまった事がある・・・・。

(先日も、ここで何時かは、1泊・・・・私の叶わぬ夢 と書きました。)

その様な方に来て頂けたのだ。有難う御座いました。

勿論、私のところが目的ではなく、近くの温泉に来られるとの事でした。

その様な方に「コレ貴方のですか?凄いね。良く集めたね。・・・・・大変でしょう。

海外だとお金持ちの寄付などで運営されるのでしょうけど・・・・」

「我が国には、その様な文化は微塵もありません。もし税金対策でお困りの方は是非協力

させて頂きます。何しろいつ夜逃げしようかと考えているのですが、この通り沢山の荷物・

その上大きくて、目立ちます。」

そうですか、「サザビーに知り合いがいます。今は香港あたりで時々驚くような値段になる

事があるらしいですよ。」そうですかその際は宜しくお願い申し上げます。

何か、少しマジに聞いてしまいました。

そうだ、英国人から教えて貰った、Ha hahaha で行こう。

お送りの際、高級車の車高が余り低すぎて底を擦りました。

大変申し訳ありませんでした。

コレに飽きず、今度は是非奥様とお出で下さいませ。

有難う御座いました。

2011年1月19日 (水)

ソシアルネットワーク(facebook)見たいね。そして贅沢について

私は、若い頃から映画が好きでヴイトンもヘップバーンやアラン・ドロン等で知りました。

暫く見ておりません。ハリウッド映画はもともと・・・

最近は、年や世情のせいか硬い映画より気楽に楽しめる映画が良いですね。

カミサンと2人で楽しめる様な。えぇ~「例えば・・・」

そうですね。「エディット・ピアフ」とか「アマデウス」何時見ても、何度見てもいいですね。

何しろ、何も考えず楽しめる。

じゃあ、この映画何故見たいの?主人公が「人生を楽しくしたいから」と言う台詞。

若い時、イタリアで過ごしましたが、彼らは恐らく日本人よりその点では、確かに

才能があるように思います。そして努力をいたします。

それはたいした努力ではないのですが、ズッート日常的な努力です。

極自然な努力と言うのかな。ですから彼らはとてもそういう意味で、努力家であり、

上手な贅沢家であります。つまり自分の贅沢を知り、持つと言えるのでしょう。

「例えば?もう少し具体的に・・・」

466jan19        「難しいですね。」個人の感覚と申し上げましたよね。

       あえて言うならば、私の古い知り合いでワイン好きが

       居られ(渋谷のマンションのオーナーの方)そんなに

       高価ではないワインを見つけ、フランスの場末のカフェ

       で出す厚手のコップ(水用の)で飲む。

       オープナーは勿論赤いアーミー。如何ですか?

       

       さて勿論、神の創造物かと思ってしまいたくなるこの素晴らしいNET社会の

ヒーローの話ですが、ディスプレイからはまだ幸いに伝わりにくい物がありますよね。

それを是非経験してください。

今やその幸いを体験するのが「贅沢の1ツ」なのではないでしょうか?

私は、そう言う贅沢の為に行(生)きたいのですね。

便利な擬似或いは、圧縮3次元風2次空間からリアル不便小出費?3次元空間体験。

この代償はきっと何年、何十年過ぎてもその過去は脳細胞の中に刻まれています。

そういえば、先日 I 様より連絡頂き「今度、何か面白い映画を持っていきます。」との事。

楽しみです。皆さんも是非私共の不便空間をお訪ね下さい。

少し柄にも無く芥川賞、直木賞の受賞NEWSを見た影響からテンションがあがりました事、

お詫びいたします。

    主より

2011年1月18日 (火)

瀬戸屋敷ひな祭りと松田山ハーブガーデン

神奈川県南足柄市のご近所の開成町と松田町のご支援を頂き、ひな祭りで有名な瀬戸屋敷

と眺めが素晴らしい松田山ハーブガーデンで、パンフレットを置かせていただくことが出来ました。

ご紹介下さったK様有難う御座います。

両町の方々とネットワークが広がるのは、大変ありがたいことです。

受け入れて下さった両町の皆様有難う御座います。

秋もとても美しいですが、何と言っても花があふれる春は見事です。

東京の六本木より移り住んだのも、この地の美しさが決め手の要因でした。

是非、春の季節を体感し近くの小さな建物の中に在る、古いパリへ足をお運び下さいませ。

白兎とお人形がお待ちしています。

2011年1月17日 (月)

ルイ ヴィトンのお人形と白兎とモノマガジン

今日は、朝から嬉しい事が2ツありました。

1ツ目は先日写真でご覧頂いた I ・ T 様の素晴らしいお人形をお預かり出来る事にな

りました。私がお願いして「きっと多くの方が見たがります。

是非その機会を頂けないでしょうか?」とお願いしたところ、「自分で箱にしまって持ってい

るより、見たい人に見ていただけるなら、それの方が良いでしょう。」と

快諾していただけました。大切にいたします。多分兎の横に並びます。拍手。拍手。

有難うございました。また、オリジナルのポストカードも早速用意いたしたく

思っております。

きっと白兎と仲良くなり、飛び跳ねてくれる事でしょう。

さて、次はモノマガジンのモノスタイルと言うチョット拘り人御用達の取材を、

約3時間していただきました。私自身リサーチ等で拝見した事のある、古い由緒ある雑誌

なので、渡りに船と言う事でした。

流石に編集の方とカメラマンの方も拘り人種らしく、達人振りを伺えました。

やはり、一番共感した点は、「モノは農作物と同じで、出来たものはどの様な土壌の畑で

取れたのか?そこに興味がある。」その様な関係を明確になされて居られると感じられ、

つい私もテンションを上げてしまいました。

「三角形のTOPの方たちが、認めてくれると思います。そうすると後はその方たちが、

引っ張ってくれます。」更に、内容をしっかり充実させなければいけません。

それと、MILANOに何度も行かれている方に「う~ん、MILANOの味だ。」とお言葉をいただ

けたのは嬉しかったというより、ホットしました。

3月初めの発売今から楽しみです。

有難うございました。お疲れ様でした。

Usagi28dec2010    P1110410     P1110408

0488    P1170456     0457

美味しいコーヒー?

今日は、月曜日お休みです。が雑誌の取材で東京から来客。

この雑誌は、殆ど雑誌や週刊誌など見ない私も時々リサーチの時に見た事があるので、

快諾いたしました。楽しみです。

さて、昨日大人のお二人様が近くの温泉「おんりーゆう」(次長様お世話様です。)に行く前

に看板を見て、来てくださいました。

「何度か前を通ったのだけれど、カーテンが閉まっているので休みかと思った。・・・」

「そうなんですよ。昔の物なので全て天然素材ですので、光と湿度にとても弱く・・・何しろ

100年位前の物も在りますので・・・」

コスメ壜やVOUGUEにご興味あるようなので、すこしお訪ねすると、むかし最強の

S化粧品メーカーさんにお勤めだったそうで、「当事、色々綺麗な壜を見て、興味を

持った。」との事。

コーヒー(カフェマッキャート)をお飲みいただいて「美味しい」と呟いていただきました。

ご主人様は「こんなに凄いのあるの皆知らないよ。宣伝しないと・・・」

「予算が無く・・・ぜひお知り合いの方にお知らせ下さい。お願いいたします。」

有難うございました。

「今度、サンドウィチ食べに来るわ。」

お待ちしております。

2011年1月15日 (土)

アンティーク ヴィトンのホームページの変更

Newhpcard14jan11      オープンの為、暫定的に立ち上げていた

      ホームページを変更しました。

      前より、内容を濃くし色々盛り沢山にいたしました。

      前より、楽しく、明るくとイメージいたしました。

      皆さんの印象をお書きくだされば幸いです。

      また、お友達や知り合いの方にも是非お知らせ下さい。

何しろ、零細ビン(貧)コレ クションなので皆さんのお力宜しくお願いいたします。

来て下さって、気が付いた点、勿論良くないところなど指摘してください。

また、こうしたら良いのでは・・・など大歓迎です。

何しろ、取り柄は小回りが聞くと言う事です。

ぜひ、参加型ミュージアムにして下さい。

    主よりのお願い

2011年1月14日 (金)

箱根と言えばラリック美術館

ラリック美術館

T様、ご多忙の中有難うございました。

昨日箱根のラリック美術館をお訪ねさせていただきました。

私共の事をご説明させて頂くと共に、色々な経験談など貴重なお話をお伺いいたしました。

重ねて、御礼申し上げます。

さて、ご覧頂いております皆様《ガラスの神様》と申し上げても過言ではなく、

ラリックはアールヌーボーの時代パリで活躍した工房で、ルイ ヴイトン ファミリーとも装飾

芸術において、交流もあったようです。

49b_3 現在私共で展示しておりますコスメトランクにも多くのL・Vの壜が付随しております。

こちらは、バカラ社などで当時制作されていたとの事です。

また、バカラはゲラン、ラリックはコティ・ワースのデザイン、生産を担当し、

それらの幾つかも現在当館にて展示しております。

もちろん、ラリック様の物とは比較できるような物では在りませんが、当館の主旨は、

あくまで、初期の小量産製品(マニファクチュアリング)という「実用の形」を展示させて頂

いております。

以上のようでありますが、箱根のラリック美術館を訪ね、宮ノ下 富士屋さんでお泊り、

帰りにお立ち寄り下さいませ。勿論、逆のコースもお考え下さいませ。

因みに、昨日は平日でしたが、ラリックさんまで約1時間ぐらいでした。

2011年1月12日 (水)

卒論「ルイ ヴィトン」参りました。

P1120443_2 川崎のS様とお嬢様、本日は有難うございました。

ご満足頂けたでしょうか?もう少しお時間があればコーヒーをお飲み頂けたのですが、

次回にとって置きましょう。時々入替えるつもりなので宜しくお願いいたします。

うちのコーヒーは、殆どの方(ほぼ100%)が「美味しい」と仰ってくれます。

TVKの取材でデビット伊東サン等は番組の後、マジで「どこのコーヒーか?」

と聞かれました。

答えは「イタリアで修行したからです。」とお答えいたしました。

また、ブログで広めてくださいね。宜しく。

横浜の御似合いのA様とT様。私のいない時来訪との事。

有難うございました。後で、お話をお伺い致しました。

残念でしたね。是非お会いしたかったのに・・・だって、卒論が「ルイ ヴィトン」との事。

参りましたね。色々教えて頂けたのにね。

昨日も、かなり詳しい方が人形を持って来てくれました。

(昨日のブログ見てください。)是非、色々な方と、色々な話が出来れば

楽しくなるのではないかと思っております。

0444 又お声を掛けさせていただきます。(最寄り駅まで迎えに行きますからね。)

それから、謝らなくてはならない事があります。

せっかく、写真を頂いたのに、おおブレになってしまいました。震度7弱位です。

申し訳ありません。でもこれもメモリーと笑っていただければ助かります。

一応、許可を頂いたので、掲載します。

加筆いたしますが、接客した者は「美男美女のお二人」だったとの事。

真実です。なぜならご案内したのは私の家内でしたからです。

ブログの書き込み、又は、メールくださいね。パンフにアドレスが出ています。

有難うございました。

それから、お時間が無く早々お帰りになられた方。(大雄山参拝の奥様)

お時間のある時是非もう一度お訪ね下さい。

勿論次回は、入場料は必要在りません。いつでも結構です。

お待ちしております。余りお急ぎでしたのでお名前を頂くの忘れました。

ホームページかブログを見て頂ければいいのですが・・・

メール下さいませ。それから仰っていただいた「凄いですね。」のお言葉

有難うございました。その様に仰って頂ける方にご覧頂けるのは幸いであります。

次回の再来お待ちしております。

ご主人様、お待たせして申し訳ありませんでした。

よろしくお伝え下さいませ。

2011年1月11日 (火)

ルイ ヴィトンのお人形すばらしい

大宮の I 様ありがとうございました。

書き込みを頂いた時は、正直どうかな?と思っていたのですが、

見せていただき驚きました。

お話をお伺いすると、小さい頃ヴィトンのトランクの中で隠れん坊や、寝ていたそうですね。

これだけでも仰天なのに、お人形を見せていただき、またまた驚きました。

タグから見ると第2次大戦前?後の頃の、恐らくジュラ地方の民族衣装を着た、

保存状態の素晴らしいお人形を見せていただきました。

とくに、顔、眼が素晴らしく更にビーズを縫い付けている帽子には言葉がありません。

20センチ前後の大きさですが、流石に凄いですね。お見事。

当然の事ながら写真では、この良さが伝わらないですね。

また、net時代の最中ですが、生現物を見るのが如何に大切か改めて私自身、

勉強になりました。(何かTVの鑑定士の様なコメントになりました。)

有難うございました。大切にしてください。

それから、今度またvuittonの方に会われたら、又訪ねてくれる様お伝え下さい。

ただし今度は、名刺を頂けると更に詳しくご説明いたします。

横浜では「大変勉強になった。」との事でしたが、こちらこそ失礼致しました。

今日は、お正月にふさわしい一日でした。

有難うございました。又、お会いしましょう。

最後にお願いです。

このお人形を見て、決して「カワユイ~!」って言わないで下さい。

「素晴らしい。」という表現をして下さい。

主よりのお願いです。

P1110408  P1110410_2 

2011年1月10日 (月)

新成人の皆様、ヴィトンの歴史を勉強しよう。

新成人の皆様おめでとう。 

もう大人に成ったのだから、皆でヴィトンの歴史を勉強しよう。

さて、本日いつもサポートして下さっている、Mr、E・Kさんのご紹介で

Mrs、&Mr、Kさんが、箱根のお帰えりにおたち寄り下さいました。

Mrs、Kさんは、グラフィック関係の方、Mr、Kさんさんは30年以上昔から

LVを所持されているお方、道理でとても詳しく色々教えていただきました。

この方は、少年時代に私と同じ工業デザイナーを目指したそうで、

流石に色々な知識が豊かで、お伺いいたしました。

勿論、LVの事も詳しく楽しい時間になりました。

「VUITTONマニアの皆に、見て欲しい。」と記帳していただきました。

それから、「コーフィーも美味しい。・・・」

有難うございました。又ご提案いただいた件、何卒宜しくお願い申し上げます。

有難うございました。

Mr、E・Kさま有難うございました。お忙しいでしょうが又顔出してください。

風邪が、流行りかけて来ました。お気をつけ下さい。

2011年1月 7日 (金)

カレーとイギリス人とイタリア人とドイツと南足柄

今日は、VUITTONと余り関係の無い?カレーの話を書きます。

でも、VUITTONのexcellent vipにインドのマハラジャも居たそうですが・・・。

片や、日本人でカレーを食べた事が無いという方は、いないでしょう。

元々、神奈川では旧海軍の関係で?古くから愛されているようです。

一郎の朝カレーは、ともかく当地の金太郎のマサカリーもB1で話題になったそうです。

さて、近年ドイツで少しカレーが流行っているとの事。

正確に言うと「カレー味が・・・」と言う事のようです。

特に、カレー味のホットドッグが良いらしい。グローバル化は凄いですね。

因みに30数年前、ITALIA人に「日本人は、何を食べているのか?」と聞かれ、

「カレーもよく食べる。」と答えると「何だそれは・・・」

(安い・早い・簡単・・・ルーのお陰・味が余りぶれない。・・・・国民栄養賞?食。)

その話を隣のイギリス人の小母さんに話したところ

「以前にイタリア人にご馳走したところ、辛くて食べられなかった。」との事。

以前、イタリアにはトマトケチャップが無いと書きましたが、タバスコも勿論

在りませんでした。多分今でもありませんので、ピッツアやスパゲティーを

お召し上がりの方は、是非ご用意を。

(それからレストランにはぺペロンチーノやジェノベーゼのスパゲッティもありません。

勿論、チップを付けて頼めば用意してくれるかもしれませんが・・・

・・・茶漬けの様な物ですので、家で食べる物。)

小母さんが、「じゃあ、カレーを作る。」というので、頂くことになりました。

かの件?で有名なイギリス人が、ご馳走してくれる、招待してくれる

なんて信じられませんでしたが、お花とチョコを用意。

そして、ご飯とカレーソースがセパレートした器で登場。

「へぇ~」こんな感じ・・・ チャツネ入りで一口食べ・・・飲み込んだ。

その後、「ニッコリ、 buono!」、後は一気に口へ、帰宅してすぐトイレ。

上さんは、何とか耐えた、・・・ らしい。もう思い出したくない。

その小母さんは、とても美味しそうに鼻歌気分で、パクパク。

「ところで、マサカリーはどうか?」ですって。

とにかく「百聞は一食にしかず」

ぜひ、大雄山駅右前に食べに行ってください。

そこでエネルギーをチャージしたら、トランクをついでに見に来てください。

でも、「カレーライスとL・VUITTON」

伊丹さんなら『大洋を遥か越えた絶妙の当地での出会い。』

眉間に皺を寄せ呟いたかもしれません。

2011年1月 5日 (水)

曽我梅祭りとひな祭りとヴィトン

もう春ですね。

春と言えば、sprinng has come 覚えていますか?soonを付けたいですね。

ではなく、梅とひな祭り。

梅で有名なのが、曽我の梅園と小田原の梅干。

そして、開成町の旧家、瀬戸屋敷での桃の節句、ひな祭りが来月後半から催されます。

何れの場所より車で15~20分位の所に当ミュージアム・カフェが在ります。

コレクションの中には、1910年頃の車用アールヌーボ仕様ランチボックスや

1920年頃の携帯用トウチカ付きティーセット。(当事もこれでモネの様な花見でしょうかね。)

マハラジャ・バローダ王が持っていた物の元になった物のようです。

LVのロゴが透かし彫りに成っていて、この2品はチョッと見て頂きたいですね。

ぜひ、春を満喫いただきお立ち寄り下さいませ。

お時間とご予算のある方は、宮ノ下の冨士屋さんでお泊りコースは如何でしょうか。

Tfile_b_pic5_2

866106jan11   

2011年1月 4日 (火)

 634ムサシとエッフェル塔 新東京名所

今年早々、嬉しい事に書き込みを頂きました。

I 様のご健康と、ご活躍お祈り申し上げます。

お正月なので、おめでたい話題を一つ。

ところで、何処かの大臣が、「世界第二位では・・・」こちらは、

間違いなく世界一になるそうです。良かった。良かった。

新東京のランドマークとなるムサシ634は既に500メートルを超えたそうです。

東京の家内の実家に戻る時見えるのですが、実家からは近くなのに、

残念ながらビルの陰で見えません。

ところで、我がGARRETのシンボルはエッフェル塔です。

高さは約1、000分の1位の60数センチのビニール製です。

先日まで、先端にお星様が飾られていました。

寒いと、皺が多くなります。空気の膨張の作用の加減です。

横浜でも人気が出ました。表情がとてもありユーモラスで暖かい感じで・・・・・

私共には、ピッタリの数百円?の御宝です。

それにしても、ヴィトンとエッフェル塔はよく似合いますね。

春の梅に鶯、鹿に紅葉、猪に・・・失礼

とにかく、エッフェル塔にはヴィトンと言う感じですね。

でも出来た当時は、賛否両論だったそうです。

ムサシへの非難は今のところ無いようですね。

先ずは、無事竣工を願います。

04jan2011

2011年1月 1日 (土)

ヴィトンの白兎

「明けましておめでとう御座います。01jan2011152

旧年中は本当にご支援有難うございました。

今年も一生懸命書くから宜しくね。

もう少し、書き込みくださいねー。

それから、まだ名前をお知らせてなかったよね。

ご主人が、かなり前から『ルィシー』と呼ぶので何時からか、

忘れたけれど自然に今では、私の名前になりました。

だから、皆もそう呼んでね。それじゃネ。」

皆様の益々のご活躍をルィシーと共にお祈り申し上げます。

                      ガレット 一同

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »