« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

ヴィトントランクの前でのチャリティーコンサート

「何かしたいと思う・・・I・Tさんの様に・・・・・。」

お陰さまで、以前から協力をお願いしていたのですが、力強い協力を得てようやく

具体化することが出来ました。

ルイ ヴィトンの古い大きなトランクを背中に演奏していただけます。

これ等のトランクは、かれこれ100年近く生き続け、様々な歴史を体験してきました。

時には、悲惨な歴史をも経験しているはずです。

でもそれらを乗り越えてきた元気物たちです。

又、今回の事も遥かこの地で見守ってくれているのでしょう。

8009blog_2

さて、来る4月17日 (日) 入場者の募金による「小さなチャリティーコンサート」を有志の

方のご協力を得て開催する事が出来そうです。

本日演奏者の方と打ち合わせた際、「サロンコンサートですね。」と仰って頂けたのです

が、如何なるのでしょうか?でもチョッと自慢したくなるようなコンサートになればと・・・

(勿論、先日頂いたI・Tさんのお話をさせて頂きます。)

皆様方のご協力も宜しくお願いいたします。

詳しくは、後日お知らせいたします。もしご興味のある方はお問合せ下さいませ。

先ずは、有志の方、ご協力くださっている方、有難う御座います。

感謝いたします。

                GARRET  主

2011年3月29日 (火)

ガレット・アンティーク スペシャル モデル for チャリティ

昨日の悲報の続きをいただきました。

が、余りにも無情なので書くのも辛く、しばらく時間を頂き

皆様にお知らせさせていただきます。

さて、私も「何か出来ない物かと・・・。」考えていたのですが、是非皆様にご協力

いただきたく思います。

写真の6個の特別仕様の12分の1を用意いたしました。(1ツは行き先が既に決まって

おります。)

GARRET COLLECTION No,07022 1910年頃(関東大震災の頃)のmodelに

日本をイメージしたストライプ仕様で、鎮魂と復興を願うものであります。

(当モデルは、今後、特別なチャリティー以外に制作される事は決してありません。)

この内、5個をチャリティーに出品させて頂きます。

P3291820_2 

価格は、ご購入希望の方ご自身でお決め下さい。(出来ますれば、販売価格と私の

組み立ての人件費約1時間少々分 - 因みに私は時給 850円です。)

厚いご寄付頂ければ有り難くありますが、貴方様のご自由です。

勿論、寄付して頂いた金額を御知らせして頂く必要は全くありません。

なぜなら、これは皆様の善意でありチャリティーなのです。

きっと、私と同じ様に何かしたいとお考えの方沢山居られると思います。

私は、全面的にご信頼させて頂いております。

尚、料金は最寄の赤十字、NHKそのほかの公共募金に各自にてお願いいたします。

(勿論、私共にお送りいただいても結構です。)

ご購入希望者の方は、メールにてその意思とお名前、住所、TEL、メッセージなどお書き

下さい。私共から直接お知らせ頂いたご住所にお送りさせていただきます。

送料も当方で負担いたします。

ぜひ、宜しくお願い申上げます。

尚、4月1日より停電の心配もほぼ解決し、従来通りの営業を行います。

 4月12日まで入場料を半額の¥500とさせて頂きます。

 また、最寄り駅への無料送迎もしております。

 

      以上      主より

2011年3月28日 (月)

ルイ・ヴィトンのお人形のオーナーの「悲報の中のお話」

昨夜遅く、悲しいお知らせを受けました。

このコーナーでも何度か、ご紹介し、又、当所にて展示させて頂いてるL・Vのお人形の

オーナーの I・T さんからでした。

以前から、「友人と連絡が取れない。」と心痛な御知らせを頂いておりましたが、

残念なご報告を昨夜いただきました。言葉もありません。

ただ、ご心中察するばかりです。

しかしながら、彼は現在、埼玉の避難場にてボランティア活動に参加されております。

そこでの体験として、お世話していた老女の方か、らお礼の言葉と共に「お腹すいてる

でしょう。これ食べなさい。」と支給された御握りを差し出されたとの事。

勿論彼は、辞退したのですが・・・・・

この様な、感動は人生恐らく余り体験できるものではありません。若い彼にとっては、

これからの人生にとって貴重な体験になるのでしょう。

友人をなくされた悲しみだけではなく、彼は、得がたい物を得たのでしょう。

この感動は、本当の意味での彼のお宝になったと思います。

(なぜならばオリジナルだからです。)

私も何か出来ないものかと・・・・・・恥ずかしながら・・・・

勿論、皆さんと同じ様に日々の生活に、忙殺されているのが現状ですが・・・・。

また私の知人も、箱根で働いていたのですが長期の観光業不振が予想される現在、

解雇と言う結末だったそうです。

本当に悲惨な事が続きますが、「何かをすれば、何かを得ます。」

「何もしなければ、ただ老人になるだけです。」

皆でお宝を作ろう。

I・T さんありがとう。貴方様もご自愛下さい。

0522_2

                          主より 感謝を込めて

2011年3月26日 (土)

ジェラートでもなくアイスクリームでもないイタリアン・ドルチェ

少しマニアックになり過ぎたので、皆が大好きな話題で元気になるテーマを、

カミサンにお願いいたしました。勿論、イタリア人も大好きです。それでは・・・

今日はお天気で暖かくこちらでは桜があちこちで咲いています。

被災者の皆様への支援の輪もどんどん広がっているようで、ほんの少しは

落ち着けそうです。

この何年間か、次々とありましたね。

今日は、懐かしいミラノを思い出すお菓子を紹介します。

多分、余り知られていないと思うのですが・・・

学校では、料理とお菓子と一般教養(?)に分かれていました。

お菓子はマニャーニ先生。ちょっとイケメンで神経質そうな初老の方でした

- イタリア映画に詳しければ ・・・・ 似と、描写できるのですが。

イタリアでは、寒い冬でも公園などでジェラートを売っているのを見たことがあります。

MILANOの冬は、東京より寒かったのですが・・・・・

それでは、ジェラートでもないアイスクリームでもない第3の冷菓?です。

セミ・フレッダ (横8cm 長さ29cm 高さ4cmの四角型1台分)

アイスクリームに似ていますが、アイスクリームを作る器械がなくても O.K.です。

材料 : 卵黄 2個    水 40cc    グラニュー糖 40g   生クリーム 250cc

      ダーク・ラム酒 20cc    バニラ・エッセンス 少々   粉糖 適宜 

    

その他にバター

作り方: ①ボールに卵黄をほぐし、水とグラニュー糖を沸騰させたものを少しずつ泡立て器で

混ぜ合わせる。

②熱い湯煎にかけ、ゴムべらで混ぜながら熱する。

③とろみがついて来たら、漉して別のボールにとり、冷めるまで泡立て続ける。

④卵黄が白っぽくもったりして角が立った状態まで泡立てる。

⑤別のボールに生クリームを六分立てし、ラム酒を加えて泡立て混ぜ、八分立てにする。

⑥⑤に④とバニラ・エッセンスを加え、素早くゴムべらで混ぜ合わせる。

⑦プラリネ・パウダー等を加えて均一に混ぜ合わせる。

⑧型に流して表面をならし、冷凍庫で一日固めて、1cm厚さ(勿論、適宜)に切る。

プラリネ・パウダー、粉砂糖、フルーツ・ソース ・・・・ などでお好きな味に。

      中には、プラリネ(アーモンドとグラニュー糖で作る)を細かく砕いたもの(市販品もあります。)、

      抹茶、スポンジケーキの端の硬くなったもののそぼろ、ジャム、チョコチップ、ドライフルーツの

      みじん切り ・・・・お好みでいろいろです。

      リキュールを効かせると、ドルチェ と、呼べる味に!? (種類は適宜、中に混ぜる物と合うものを)

      勿論、もう少し暖かくなってくれば、ご用意いたします。食べにきて下さい。おいしいよ。

      8948_3    

             ロンバルディア州立MILANO工科商業学校2年制(現在3年制)調理コースの同級生と先生方です。

      また今は、残念ながら外人の入学は、許可されません。

今晩(3月26日)、8:30から9:30まで世界中の人々が、同じ日・同じ時刻に電気を消すなどのアクションを

通じて、地球温暖化を止めたい!という思いを示す(下記サイト説明から引用)、「Earth Hour(アースアワー)」

が行われるそうです。

http://www.youtube.com/watch?v=SYHrSrBDypQ

被災された方の不便な生活」

この度、被災された方達の事を思うと、さぞや不自由な生活の毎日の事、

1日も早い復旧を祈っております。

私達が、水や野菜、牛乳の心配をしているのは、きっと「まだ余裕がある。」ということなの

でしょうか?勿論、妊婦の方や小さいお子さんの居られる方は本当にご心配でしょう。

さて、日頃とても「便利な生活」を満喫している私たちにとっては、少し不便な事が起こると、

とても不便に感じます。それは、日本人のとても好きな「便利のレヴェルや安全のレベル」

の相対がとても高い、と、少し問題が起きると・・・・・

これは、何時も優秀なお子さんが、85点を取るとお母さんが心配する。

片や私のように、60 点を目指していた生徒が、75点を取ると周りが、如何したのかと又

心配する。

今日メールの返信で「便利な生活を考える良い機会かもしれません。」といただきました。

「便利の行く先、たどり着く先とは?」哲学的になるので中止。

ただ私達は、恐らく地球上で「最も便利」な生活を謳歌していると思います。

同時に「砂上の楼閣」?・・・縦に高さが伸びないのであれば、横に伸ばすのは如何でしょ

うかね。又は複合的に・・・・など。きっとヨーロッパの豊かさはこの辺の蓄積にあるので

は・・・・? 数百年の繁栄と数十年の繁栄の違いでしょうかね。

そもそも、私たち地球の皺に住む日本人には災害が宿命なのか、天災(台風・地震・洪水

など)の他にも火事(木造都市)等があり、農業文化等とも混じりチームワーク・コミュニケ

ーションのユニークな社会を築き上げてきたのかも知れません。

それが、ヒューマンコミュニケーションからマシーンコミュニケーション(顔の良く見えない相

手)に変わっています。

この様な、つい余計な事が、頭に浮かび上がりました。ハイテクについていけない老人の

戯言です。

今日は、L・Ⅴトランクとは一切関係の無いことを書いてしまいました。

P3251722

近くのスーパーへの途中で。

                        主より

2011年3月23日 (水)

ルイ ヴィトンは旅のパイオニア 貴方も達人に

今日も冷たい雨でした。

「当地における観光需要の将来」というテーマで講演会がありました。

現在、この様な状況下では、何と云うタイミングなのでしょうか・・・

さて、中で1ツ面白い事を聞きました。別に驚く事では無く、やはりそうなのだと納得。

と言うのは、ご主人がリタイアして時間がたっぷり。しかし、会社以外の知識がなく、

趣味も殆どない方。 と、普段のネット情報など、準備万端の奥様。

勿論、奥様は充実した濃い観光、片やご主人はどこで何をするのか?ホテルの

コンシェルジェにご相談。

まったくです。私もこの様な事を度々痛切に経験しております。

「何処か行きたいところはありませんか?何かしたいことはありませんか?・・・

どの様なものを食べたいでしょうか?」「任せます。」又は、「家内に聞いてください。」

片や奥さんは嬉々として・・・・・

そして、ご主人は、「知人にお土産買いたいのだが x x x x のお店はどこに

ありますか?・・・・」

男性諸氏、これでは、旅行の意味が半減ですよね。 

今から、楽しめるように色々準備をしておきましょう。

そうすると、必ず、又、行きたくなりますよ。

それから、今の若い男性は海外は否だ。面倒くさい・・・・・

勿論、就活では、微塵もなく・・・・でもこの様な人物が、最前線や役職に着く将来、

我が日本はどうなるのか? 想像できますか・・・・・?

ぜひ、一人の個人として魅力ある固体になるように準備してください。

僭越になりましたが、本日の成果です。

2011年3月22日 (火)

ルイ ヴイトン アンティーク 特注ミニチュア モデル S=1/18

今日は雨ですね。被災地の方には寒い雨になりました。

でも、アメリカでも、状況は好転しつつある用だとの判断らしいですね。

この問題が落ち着けば、きっとダイナミックに復旧が進むのでしょうね。

だって私たちは、日本人ですからね。

さて、この様な中恐縮ですが、嬉しいメールを頂きました。

写真付きなので、経由でブログに紹介させていただきます。

先日、ミニカーのマニアのI・Kサンから「俺の車にスケールに合うの出来る?」

「特注で出来ると思います。」そして本日その写真等送っていただけました。

何と、ミニのクラブマンの中に・・・、F-1のパドックなのかな?一つ一つにこだわりが

あるようです

それにしても、良い感じですね。実生活でも彼は、同色のクラブマンに乗っています。

かなりでは無く、とても拘りのかたで何しろ「徹さんに勝った事がある。ハイエースでね。」

この様な方です。

でも何より嬉しかったのは、お母上の形見の「象牙のへら・・・・・」感激です。

お母さんは、何と仰られているでしょうかね。(実は、私もカミサンのお父さんから頂いた

道具で今回の制作中です。)長くなりましたが、彼の力作をご覧下さい。

写真の作品は、私のミニカーコレクションに合わせてガレットさんに特別オーダーの
 
1/18 です。くるま・周辺の タイア・デスク・工具は市販品です。
005_3
製作にあたり、重宝した道具、折り曲げの稜線におふくろが、和裁に使っていた
「象牙のへら」 こんなものが、こんなところで役立つとは。
                   
みなさん、製作の、ノウハウをどんどんブログに投稿しましょう。
I.K

2011年3月20日 (日)

ルイ ヴィトン アンティーク ミニチュア ミュージアムモデル 登場

今日は暖かく、桜が見事に咲いていました。

Sakura1513

さて本日は、近くの方をNO APO で訪ねました。近くに用向きがあり急襲しました。

玄関先で、先日のお見舞いのお礼を申し上げようと思いましたが、「見せたい物もあるし、お

茶を入れるから・・・」とのこと。クラシックカーのオーナーでもあり、ミニチュアモデルの製作者

でもあります。「腕前は・・・?」「相当の達人。お主やるな。・・・」位です。

写真を取らせて頂きました。

写真は、まだまだ下地つくりの段階でこの上から何度も塗装や磨きをすうそうです。

また、数ミリの長さ、太さ0,5~6ミリのネジにメッキを掛け直すそうです。凄い。

Juager1510

で、実は私も先日彼に、今回販売したミニチュア L・Vを見て頂いたところ、

「余り良く出来ているので、NETで見ている人は本物と思うから、何か大きさがわかる様に

本物のトランクを、並べて写すとか・・・」前にも色々やっていたのですが、再度挑戦。

この大災害の間、ミュージィアムモデル(marklinを真似て)制作いたしました。

更に、リアルです。L・Ⅴの12分の1のオリジナルラベルつきシリーズです。(現在販売予

定はありません。)

写真をご覧下さい。1970年頃のショルダーバックの大きさは30センチ弱×20センチ弱

位の大きさです。皆さんにも、是非この小さなトランク達をを見に来てくださいませ。

一緒に作りませんか? お待ちしております。

皆で、勇気を出して頑張ろう。            

                         職人気質の主

2011年3月18日 (金)

皆さんその後如何でしょうか?

皆さん、ようやく?既に?1週間が経ちました。

その後如何でしょうか?お変わり有り居ませんか?

今日、友人よりTELを頂き、無事を確認すると共に「困っている事は無いか?何か落ち着

かないね。・・・」大変、ありがたいお見舞いでした。

恐らく、皆様もこの様な状況だと思います。

私の方は、お陰様にて殆ど被害がありませんでした。

一応、点検も兼ね、停電の関係もあり変則ではありますが、様子を見てOPENしております。

勿論、残念ながらご来客者は在りませんが・・・

さて、私も何をすれば良いのか?何を書けば良いのか?鎮痛?明るく?軽く?重く?楽しく

?深刻に?・・・・どの様に書けば良いのか解らず居ます。

ただ、私のブログを毎日、何十人?100人以上の方が見ていただいている事は、とても、

嬉しく、少し誇りに思っております。

そして、何か不安な方や、ご不自由な方、ご連絡下さい。

この小さなnet workの中でお知恵など頂けるかも知れません。

勿論、個人名など一切不要です。

ただ、私は、とてもシリアスです。無責任な事は、おひかえくださいませ。

以上、宜しく切にお願いいたします。

                                   主より

2011年3月16日 (水)

慎んで黙祷させていただきます。

この度の大災害により、既に多くの方々が犠牲になっておられます。

皆様と共に、慎んで黙祷させて頂きます。

また、避難を余儀なくされている方々の、ご不自由を思うと居た堪れなくなります。

私事で恐縮ですが、昨夜も静岡を中心とする大きな地震があり、直後、

M様よりお見舞いのTELを頂きました。

ご心配有難う御座いました。 お陰さまで何事もありませんでしたが、普段は緊張感の欠如

気味の私でありますが、今は少しナーバスになっております。

ここは皆様も、少しの緊張感を持ちつつ、冷静に落ち着き対処いたしましょう。

また、海外からも多くの援助を頂き、感謝を申し上げます。嬉しい限りです。

もうこれ以上の、犠牲者が出ない事を、切に願う次第であります。

皆様も、十分お気をつけ下さいませ。

                              GARRET   主      

2011年3月13日 (日)

小さな古いVUITTONトランク達の売り上げの20パーセント献金

本当に痛ましい事態になっております。

私の方にも 多くの方より、メール等でお見舞いを頂き、有難う御座います。

お陰さまで、無事過ごさせて頂いております。

皆様は如何でしょう。余震などに十分お気をつけ下さい。

さて私も、何か出来ないものかと考えておりましたが、微力な私には、殆ど何も出来ません。

ただ、今回のミニチュア発表後間もなく、この度の大災害の発生があり、何か出来ないもの

かと考えておりましたが、長い間準備をしてきた、これらのミニチュアペーパークラフトご購入

頂いた方の、売上金より20パーセントを、公の機関を通じ寄贈する所存です。

本当に微力であり恥ずかしい限りですが、皆様におかれましても、

何卒主旨を、ご理解頂き宜しくお願い申し上げます。

詳しくは、メール、TELでお問合せ下さいませ。

  

2011年3月12日 (土)

東北地方の地震

この度の、東北地方を中心とする地震により、大きな被害があり、被災者の皆様に、謹んで

お見舞い申し上げます。

ブログならびにホームページを、ご覧頂いている皆さまは如何でしょうか?

ご無事である事を、 心よりお祈りしております。お陰さまで、私どもは別段ありませんでし

た。  今しばらく注意が必要との事、十分お気をつけて下さいませ。

                  ガレット  主

2011年3月11日 (金)

ルイ ヴィトンの100年前のトランクで旅をする。

そうなのです。

一度前から思っていたのですが・・・ 過日も愛知のT・Aさんが  「コレならまだ使えそうで

すね。前田さんは、使っていますか? 私は使うんですが・・・勿論傷も付きますがね。

それはそれで良いのです。」「全くそうですね。何しろ100年位前のもので、壊れると

修理が出来ません。それに、重い。旅は、身軽が良いです。でもそう云う旅をしたいもので

すね。」例えば、オリエント急行に乗るとか?、船旅を・・・

とりあえず、私は身近な伊豆箱根急行に乗って芦ノ湖での海賊船の船旅を・・・・

さて、コレが叶えそうなのですよ。しかも昔のブルジョアみたいに何十個も持ってね。

「えぇッ 否、本当です。近じか実行します。来週辺りかな?。」

「そうです。その通り。良く解りましたね。12分の一ですからね。取り合えず、L・Vのコトビ

ルに入れていこうかな。写真でお見せいたしますね。

そうです。プライスリスト等UPとほぼ同時に東京の方からお問い合わせを頂き少しあせりまし

た。対応が悪く申し訳ありませんでした。宜しくお願いいたします。

と言う事で、世界でたった1ツの貴方様だけのトランクがお気軽にご用意できます。

特に、L・Vの方たちも殆ど気が付かない「底の姿」等も鮮明にご覧いただけます。

勿論そこのところにあなたさまのイニシャルが入ります。

写真は、とても日頃からお世話頂いているE・Kさま用です。

   

いつか、皆でこれを持って、良い旅をしたいですね。

それには、是非ご購入をお願いいたします。アドバイスをいたします。

また、こちらで、制作してはいかがですか?利用は、勿論無料です。

手作り弁当持参OK。道具一式貸出しいたします。消耗品は有償又はご用意下さい。

例えば、糊、接着剤など・・・

質問お受けいたします。

2011年3月10日 (木)

「英国王のスピーチ」とエリザベスⅡとルイ ヴィトン

今は快晴。窓の外は頂上の僅かな残雪、近影の梅、桃の花、そして、周りのトランク、

後は大きいカップのMILK TEA。

そして私は、・・・・・客の来ない古本屋の親父の心境にとても似ているかな?

でも親父は、夜逃げは考えた事も無いのかな?

違うのは、親父が愛想が良いと言うところかな?

さて、映画の主人公ジョージ 6世が、1938年フランスを訪問され、帰国には

現国王エリザベス2世にお人形用のトランクをおみやげにお持ちかえりに

なられたそうです。(100のリジェンドトランクより) 

外は、とても上質な牛革で、内装はピンクのエレガント?なやや装飾性のある絹の

モアレを用いた見事なものであります。

「それが、あんたと何関係があるのヨッ」美川さんの縁者の方からご質問。

そうです、現在展示しております2ツのトランク。

1つは、ヌメ革外装の1930年ごろの中くらいの大きさのトランク、

もう一つは、白洲次郎さんがお持ちのトランクに近いもの、恐らく1940年ごろの

モノグラムの2ツです。

この、2ツのトランクを合体させると同じ様になります。つまり、牛革の外装とモアレの

内装の組み合わせですね。

勿論クァリティーを申し上げているのではありません。

ただ、モノグラムの外装のトランクにはオーナーイニシャルがE・Mc・N・Fとあり、

購入先の方に訪ねるとエメリー・ナンシー・マクドナルド・フォード(自動車王 フォードJr、

の御夫人)の所有品だったそうです。この話は以前書いたので省略いたします。

どちらにしても、英国王と自動車王の話。話は大きい方が好い。さて、ここは皆様に

見ていただいて、見解を御伺いしたい物です。

Q199             454

そして私は、先日、当市のひな祭り会場でパンフの路上?配布中、後ろから

「こんな所に、ヴィトンなんて在るはずが無いよね。どうせいい加減なのよ。」とのお声。

「ぜひ、見ていただいてご判断下さい。勿論いい加減だと思われたら、料金はお返し

いたします。」

大きな声で申し上げたのですが、残念ながら、3人のご婦人達は、聞こえないのか

サッサと素通りあそばされました。

一方、嬉しいメールを頂きました。「桜の咲く頃うかがい致します。」

有難う御座います。M様。

この方は、青山(昔勤務していた所から100m以内の場所)にお住まいで、横浜にも

お出でくださいました。

又その後も遠路遥々、パリから直接御取り寄せの高級お菓子を携えてお訪ね

いただいた方です。ご馳走様でした。

この方は、文化人執筆家でもあるので、文明の電脳関係は苦手なようです。

因みに私もであります。ただ、私はどちらかと言うと文明人です。

さて、この方は当時とても贅沢なお悩みをお持ちで、「エルメスが良いか?L・Ⅴが

いいか?」今度お会いしたら、お伺いしましょう。

答えは「あれですか?両方にしました。」有り得る。

ただ正直に申し上げて、お越しの時もエルメスのオレンジ色のバーキン。

とても日本人にすれば珍しく、サラッと極自然にお持ちだったのを記憶しております。

あの色をですね、違和感なくですよ。驚きでした。又お会いできるのが今から楽しみです。

何か、春の3乗ですね。お見事です。

でも、その様子、私と同じ庶民の多くの方たちに、もう少し解りやすく説明いたしますと、

私が、ユニクロや無印のデニムやバッグでラーメン屋かカレーshopで食べているのと

同じ感覚です。勿論、私でなく貴方様でもいっこうに構いませんよ。同じです。

そして私は、今朝、元祖100円shopでポンカンを買いました。最高です。

麻布インターナショナルや紀伊国屋や千疋屋にはかないませんがね。

何しろこちらでは超人気ですぐになくなります。

数個と思いましたが、100円玉が1枚しかなく、断腸の思いで・・・・

とにかく、見に来てください。

それから私の「100弱の小さなトランク」を発売開始、予約を始めました。

お問い合わせ宜しくお願いいたします。

何度も申し上げます。良く出来ています。殆ど満足しない私が、少し自信を持って

お勧めできます。

「少しって」、 ほらアカデミー賞を幾つか取った上記の映画と同じくらいですね。

以上。今外では、春が咲いています。 

2011年3月 8日 (火)

「英国王のスピーチ」とルイ ヴィトンとその時代

「英国王のスピーチ」をもう見ましたか?如何でしたか?

私もとても見たいと思っておりますが、見れないかもしれません。

DVDになるかもしれません。

さて、ジョージ6世よりエドワード8世の方が、興味があったのですが・・・パリの生活など、

シャネルのお店などにも・・・・・片や一方エコール ド パリですね。

藤田や認められなかったモジですね。

08march2011_2   

    (1935年、ジョージ6世の父母、ジョージ5世とメアリー。

    即位25周年記念とルイ・ヴィトンロンドン支店開店(1885年)

    50周年記念のL・VUITTONのスペシャル・キー。現在展示中

    エドワード8世は、1936年1月~12月まで在位。)

   

    

特に私の関心は、豪華船の時代の終焉がまじかに迫ったこの時代です。シャンゼリーゼ

のLOUIS VUITTONにおいても、時代の移りを感じ始めたかもしれません。

私の所で展示している I 氏のお人形は、多分この時代のものだと思います。

人形のほかにも、色々用意していたようで、子供服なども三代目ガストン婦人により販売

されていたそうです。現在に通じるのでしょうか・・・?

とにかく、少し世の中きな臭くなってきた頃でしょう。そう浮かれて旅行に出かける気分にな

れたのでしょうかね?。その頃の代表の豪華客船はQUEEN MERRY Ⅰ でした。

TAITANICの悲劇からWHITE STAR LINEは立ち上がれず、CUNARDに吸収され

CUNARD WHITESTARLINEとなります。丁度その様な時代ですね。 

ですから、私はそのような時代の上流階級の人々の、風俗や習慣、生活、衣装などにとて

も関心があります。映画も恐らく感動物なので気楽に見えそうですね。

どこかで、きっと大きなトランクも出てくるかもしれませんね。

画面の隅々までよく見ても同じ料金ですので、お願いいたします。

ストーリは単純なので別に余り関係ないようですね。

それより、この人達はどういう旅をしたのか?何を持って行ったか・・・

その時の荷姿や・・・想像してください。想像できれば、私のその時代のトランクを是非お

求め下さい。無理ですか?。それでは、とても手ごろな・・・・勿論御値段だけではなく、

場所もとりません。安心してください。ホームページでご覧いただけます。

宜しくお願いいたします。本当に良く出来ていますよ。

この映画と同じくらい自信あり???。

2011年3月 6日 (日)

「LOUIS VUITTON  LEICA PORSHE・・・「ブランドって何なのですか?」」

つい先日、お二人の方にブログについてお訊ねいたしました。 

一人は、古い古い友人、あとお一人は最近、お知り合いになった方です。

私よりほんの少し先輩の方達ですが先ずSAME GENERATIONの Iサン と M さんで

す。

まず、「見てくれていますか?」お二人は、「見てるヨッ」それでは「如何ですか?おもしろ

い?

面白くない。?」お2人は「おもしろい」そして「でも、少し理屈ぽい時もあるね。でも、コレ位

だと読むね。

あまり、間が開くと読まないね。」もう一人の方は「色々お知りの様ですね。

貴方の経験から。そして、そのことにあまり貴方は、まだ自分では気が付いていないのか

な?だから、色々な事を書けば面白い。そして、貴方は今、貴方のブランドを作っているの

だ。」と、・・・・

お二人とも有難う御座います。お伺いして良かった。とてもよかった。

とくに、IサンとMサンには共通のご指摘を頂いたのです。

それは、恐らく私自身の自信の無さからきていると思います。

よく言えば、慎重なのかもしれません。つまり、政治家や歌舞伎役者の様に大見得をき

る部分、勿論彼らには、職業なのですからとても大切な事です。必然です。

この様なアイテムが、本日のテーマにはやはり必然です。

そして、ブランド(多くは「物創り屋」ーメーカー)に由来する事が多いですね。

つまり、そこには、「作る人」とそれを「受け入れる人」と「時代、社会性」が「文化と言う実に

得体の知れない都合の良い言葉」になった時、「ブランドの誕生」と成るのではないでしょう

か?

つまり、「物でありながら、物の世界ではなく、実にそこに介在する人間臭さ」に魅力を感じ

る」私はその様に感じております。

例えばそれは、革命家や英雄、冒険家、等の魅力に惹かれるような事かもしれません。

日本企業は、この点如何でしょうか?勿論、これは、企業だけではなく、我々日本民族の

キャラクターかもしれません。勿論、否定しているのではなく、逆に、私達の、美徳「謙遜」

と言う文化なのかもしれません。最近は、随分変わりつつあるかもしれませんが・・・。

例えばノーベル賞で「曖昧な日本の・・・」があります。

また、今や日本の代表企業になりました、「無印良品」。

これが、実に妙ですね。と言いながらしたたかな「乳牛の様な」淡々たる類を見ない得がた

い強烈な個性を有しています。別にあまり、取り上げられる存在ではないが、とても私たち

には大切な存在です。多くの人にとっては必要不可欠です。勿論、値上げも困ります。

ある意味、ブランドよりも私にとっては遥かに重大であります。

そうです。最近の言葉で言うところの「草食系男子」

では無く「草食系NIPPON」といえるのでしょう。ブランド?イメージ?

また、Iサンに・・・・・。

ただブランド成るものは「曖昧な日本の曖昧な日本の社会構造の中では、理解しやすい

のでしょう。きっと。コンセンサスの形成が容易なのでしょう。」と思います。

とにかく、かなり、レアーな民族であると思います。

勿論、一時期「日本人は、日本人がレアーな存在であるとヒステリックに自覚している。で

もそんな事は無い。」と言われていた事も在ったようですが・・・

今日は、ではこの辺で失礼。

Lvmgwletters

Mさんが撮って下さったトランクとテニス・バッグ。

ウインブルドンにでも出かけるのかな?

1962年製のMGミュゼットとヴィトンの出会い。

ありがとうございます。

 

2011年3月 4日 (金)

モノスタイル(MONOstyle)No、8 ルイ ヴィトン 歴史的コレクション

如何でしょうか?もう購入して頂けましたでしょうか?

とにかく、ご覧下さい。見なければ始まりません。

私も、普段よりは真面目にそして、柄にも無く少しアカデミック?に書きました。

是非感想、疑問、質問、何方でも如何なるものでも結構です。

お寄せいただければ幸いです。また、間違い等在れば是非御教え下さいませ。

今後の大切な参考資料とさせていただく所存です。

世の中には色々な方が居られ、知識や情報をお持ちの方が居られると思います。

私は、いつもオープンマインドです。ぜひ、ご協力くださいませ。より正確で充実した信頼度

の高い内容の有るものを目指しております。以上宜しくお願いいたします。

そして、昨日は途中で失礼いたしましたが、あの直後当地では雨そして雪となり本日に撮

影を延ばしました。

この様に、予想外の事もしばしば起こります。でも今日は、快晴。気分は・・・

さて、その様な中昨日は、横浜からの若いご夫婦(メール下さいね。)と地元の酒屋さんの

ご夫妻がお訪ね下さいました。

1218      1219

健康維持やワインの話など色々お伺いできました。これは、私の役得です。お陰で、物知

り?になって行きます。

今まで、「営業の方が、お客様から話しが聞けて楽しい。」と言う事が今、この年に成り経

験でき、実に楽しい。

それから、本日は私より高齢の鎌倉の方が、歩いてたずねて下さいました。「便利がい

い。大雄山線で降りて10数分でした。」とても元気で趣味は、日本各地の博物館めぐりだ

そうです。

以前、TVで見てくださって知っていたのだそうです。

お帰りの際、「お送りしましょうか?」とお伺いいたしました所、「否、歩いて帰った方が、

景色を楽しめる。」との事でした。私もああなりたいものです。コヒーは苦手だそうなので

カミサンが自分用に用意していたお饅頭とお茶をお出しいたしました。

有難う御座いました。

2011年3月 3日 (木)

Louis Vuitton 誌上博物館ーMONO style早速 見ました。

昨日見れませんでしたが、今朝見ました。

皆さんも買ってゆっくり見てください。(予算の無い方は立ち読みかな?)

印刷が、アンダー(押しすぎか?)アート感を出す為か?それより、本物を是非見て下さい。

L・Ⅴの方も是非お待ちしております。とにかく現物に限りますからね。

今、Mさんが来られてこれから古い自動車とL・Ⅴのコラボで撮影ですので中断いたします。

印象を是非知らせてくださいませ。それでは、失礼。

2011年3月 1日 (火)

ルイ ヴィトン アンティーク トランク  誌上博物館  MONO STYLE 3月3日発売

先程、MONO style 編集の I・T さんからサンプル送付の件で連絡を頂きました。

とにかく一字一字丁寧に書きました。

そして、本日皆様にご覧いただけることとなりました。

日ごろお世話になっている多くの皆さん、又、ブログをお読みいただいている皆様、

有難う御座いました。

と言う事で、更に期待して下さい。

「MONO styleを持って、GARETTに行こう。」お待ちしております。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »