« 女優帽(グレタガルボ)と言えばL・VUITTONのHAT TRUNK | トップページ | 「形見」を受け取りました。 »

2011年4月22日 (金)

VUITTONのアンティークトランクの制作(世界中から南足柄に?)

さて、サクラもすっかり葉桜状態でゴールデンウィーク直前。

何だか、気分が今一ですね。余り遠くへ・・・・・

近場でmini TRUNK の職人に半日ならないですか?

特別お得なプランをご用意いたしました。

見て、触れて、学べて(歴史)、飲めて(食)、そしてアンティークトランクのオーナーになる。

勿論、電車の方には送迎いたします。指導や場合によりお手伝いも?あり。

少し疲れた方には、車で5分少々の温泉をご紹介いたします。

それでは、得々プランは3コースです。ゴールデンウィーク SPECIAL SET で

A)コース・・・¥1,850を¥1,500でご提供

  (入場料 ¥1,000 コーヒー or ジュース、マニアモデル ¥850 ) 

B)コース・・・¥2,600を¥2,000でご提供

  (入場料 ¥1,000 コーヒー or ジュース、マニアモデル ¥850 

     ミックスサンドウイッチ・・・MILANOカツ&パルマ産生ハム¥750)

C)コース・・・¥3,250を¥2,500でご提供

  (入場料 ¥1,000 コーヒー or ジュース、マニアモデル ¥850 

   スカロッピーネ&サルティンヴォッカ ランチ ¥1,400)

Lunch1954        Lunch1973

それから、昨日は突然スイスからTELがあり、

ご質問と「今度、TOKYOに行ったら訪ねます。」と・・・

この方は、何と驚き(恐らく世界中で最もルイ・ヴィトンが似合うお一人と言っても過言で

は在りません。)のご子孫のご主人様でした。

恐らく知らない方はいなくは無いでしょうが・・・・

今から楽しみです。(要注意・・・時々いたずらメールや電話があります。)

世界中から時々見てくれている方がいるのは、知っていたのですが・・・・・

前から、英語版を準備しているのですが,漸くもうすぐリリース出来そうです。

カミサンが頑張ってくれています。期待しよう。

                    仰天の主です。

« 女優帽(グレタガルボ)と言えばL・VUITTONのHAT TRUNK | トップページ | 「形見」を受け取りました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 女優帽(グレタガルボ)と言えばL・VUITTONのHAT TRUNK | トップページ | 「形見」を受け取りました。 »