« VUITTONのアンティークトランクの制作(世界中から南足柄に?) | トップページ | ヴィトンのトランクの前での熱演「有難う御座いました。」 »

2011年4月24日 (日)

「形見」を受け取りました。

先日友人より「形見」を受け取りました。

そうか、そう云う年だね。彼もそろそろ真剣に考え始めたのかな・・・・

念のため辞書を見ると、「旅の思いで等の品、記念品・・・」とも出ていた。

何を頂こうかと思ったのですが、まだ少し早かった様でした。

でも私も、色々考える重要課題です。尤も私には、余り形見になりそうなものは、

見当たらない様ですが・・・

見せて頂くと、私の持ち物と同じメーカーのブリーフケース(英国製)時計(スイス製)汽車

(ドイツ製)似た色のマフラー(英国製)等があり、ポロシャツ(フランス製)あまりメジャーじ

ゃないのに驚きです。

数十点?をチェック。

やはり、これだね。彼の形見は・・・

Blog200560       Blog200570

そうか、私にとっての「形見」とは何なのか一度考えてみましょう。お宝とは違うのかな?

違うよね?彼に聞いてみよう。お宝は品物でなくとも良いよね?

つまり、「 品 」・・・「 物 」ですね。 随分今まで長い人生の中、沢山のものを求めてま

いりましたね。

若い人は、まだ必要ないかもしれませんが、一度考えれば良いのかも知れませんね。

物を買う時、「もしかしてこれが、形見になるかもしれない・・・」

今日、別のミラノ時代(35年)の友人(大学の先生)とも少しTELで話したのですが、

「全て変わるネ。」・・・。私は、長年「物作り」の裾にいましたので、微妙です。

しかしながら、最も先に変わらなければならない方達が、変わらないのかも知れません

ね。世の中昨日お話いたしました様に、スイスから突然TELで「聞きたい事がある。」

こう云う時代です。私は、大歓迎です。逆にTELで「最後のお願いです。宜しく」明快にお断

りいたしました。

しかし、彼らの就活のエネルギーは凄いですね。しかし投票率はとても低いのです。

これは何を意味するのでしょうか?

システム(法律)が間違えているのです。古いのです。

システムを変えなければ何も変わりません。

そしてシステムを変えられるのは、残念ながら彼らです。

ただ唯一彼らを選ぶのは、私たちです。従って・・・・

今日は、朝から冷たい雨の一日でした。

さしずめ、私のお宝は ....、 ぬいぐるみの暴走族!?

Blogp4241992

                       主より   

« VUITTONのアンティークトランクの制作(世界中から南足柄に?) | トップページ | ヴィトンのトランクの前での熱演「有難う御座いました。」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「形見」を受け取りました。:

« VUITTONのアンティークトランクの制作(世界中から南足柄に?) | トップページ | ヴィトンのトランクの前での熱演「有難う御座いました。」 »