« antique Louis Vuitton 英語版 ホームページ | トップページ | アンティーク ヴィトンを家族で作っていただきました。 »

2011年5月 4日 (水)

「バッグの大先生」が、千葉から「ネットで知り来ました。」

もう直ぐ連休も終わりですね。

皆さん、不安の中、あまりお出かけになる気分じゃないのでしょうね。

さて、そう云う中で、S先生(渋谷の専門学校)ご夫妻が、2時間半のロマンスカー等で

お訪ね下さいました。ペーパークラフト(食事付き)をご体験でした。」

事情があり、当コレクションの無地の物を、それぞれ1個づつ作っていただきました。

「出来は?・・・」本物より苦労されていたようです。

でも、「30分位でしたかね?もう少しかな?」

さて、先生はバッグ等を作ったり、又、色々な修理など(勿論、あのメーカー、そのメーカー

など憧れのそうそうたるメーカー)長くされているエキスパートです。

恐ろしい程凄い人。約5時間ほど、滞在してくださいました。

その間、色々な多くの事をお話をして頂き参考になりました。

中でも、先生が一番時間を掛けておられたのが革製のトランクで、60cm x 40cm位の

コスメトランクのヌメ革が1枚革で作られているとの事。

「多分、今では作れないでしょう。それからこちらの少し小さいトランクの左右の縫い目の

数が1ツ違うでしょう。と言うことは、一針一針縫うのに穴を開けているのですヨ。」

その他ハンドルを見ればいい品か、「同じメーカーでも判る。」そうです。

「ところで前田さんは、何処を見て入手されますか」

「そうですね、先ず全体を見て、不自然かどうか?きちっと作られているかどうか?

勿論、細かい処理部も見ますが、革の質を特に気にしますね。」

最後に、「良く作られた昔のトランクを真近で見て、感動しました。

見に来て良かったです。」と記帳していただき、名刺もいただきました。

Clabo03may2011

あと一組の方は、山北町のお2人でした。

先日、TVで見た「専用の品物別トランク」と言うのが良くわからなかったので

「百聞は一見に・・・」だそうで、「良く判りました。それにしても、こんなに沢山、規模も

大きく素晴らしい。」と仰って下さいました。

「穴があれば、入らなければなりません。」   でも、とても嬉しいです。

有難う御座いました。

« antique Louis Vuitton 英語版 ホームページ | トップページ | アンティーク ヴィトンを家族で作っていただきました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「バッグの大先生」が、千葉から「ネットで知り来ました。」:

« antique Louis Vuitton 英語版 ホームページ | トップページ | アンティーク ヴィトンを家族で作っていただきました。 »