« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月23日 (水)

イオン様初公開のアンティーク ヴィトン(ANTIQUE VUITTON)

レイクタウン越谷のイオン様にて開催されました、フランスフェアー2011に出展させて

いただいたアンティーク ルイ ヴィトンのトランクたちが、20日(日曜日)閉幕して、無事に、

もどって参りました。

主催のイオン様、企画してくださったPACの皆様、有り難う御座いました。

その上、最高の「満足した。」とのお言葉までいただき、恐縮至極です。

有り難う御座いました。

さて、私も半日くらい会場を見させていただきましたが、意外と男性の方がじっくりと

ご覧下さっていました。

以前から少し感じていたのですが、女性はやはり実利的?と云うか?

ご自分にとって「如何か?・・・」と言う感じで考えてしまわれるのでしょうかね?

男性は、単純に「何なのか?どういう風に出来ているのかな?・・・」と思うのでしょうかね?

勿論、そうでない方も多く居られるでしょうね。

それから小学生の低学年くらいのお子さんが、

「説明がないので、分らない。」と呟くのを横で友人が聞いてしまいました。

「悪いね。・・・」と言いたかったのですが、お許しを・・・

それから、ツール ド フランス に出た自転車やお菓子屋さん等色々盛況でした。

それから、ヌーヴォーも少し味見を致しました。

それでは、会場の様子をご覧下さい。ちょっといつもと感じが違います。

Pb204021  Pb204029

Pb204024  Pb204026 

Pb204019  Pb204035


最後に、担当して下さった西郷(何時もはイニシャルですが、特に許可を頂きました。

なぜなら明治の西郷さんの後輩の大山巌/陸軍創設者のお一人もVUITTONの

愛用者だったそうです。)さん、色々お世話いただき本当に有り難う御座いました。

その他、現場の皆様お世話様でした。凱旋門有り難う御座いました。

                             出張展示無事終了の主

2011年11月17日 (木)

ヴィトン アンティーク トランク イン 越谷レイクタウン - LV antique trunks in LAKETOWN Koshigaya 

S様、スタッフの皆様、夜遅くまでお疲れさまでした。 有難うございました。

お陰さまで、当博物館では見せてくれないヴィトン・アンティークトランクの新たな魅力を、

味わっていただける出張博物館の展示になったようです。

越谷レイクタウンにも初めてお邪魔して、そのスケールの大きさにびっくり、

週末などには2-30万人の人出とお聞きし、またまたびっくり。

フランス・フェアの一環としての展示ですので、クラシック・カーの展示、ワインの試飲、

生演奏、マルシェ(市場)、お菓子、カフェ ・・・・・・、「マリー・アントワネットに変身!

-当時の衣装を着ての写真撮影」もある。 (私も日曜日に行って購入するものを、既に

決めております。売り切れないかな~少し心配です・・・)

電車・車どちらでも OK。 

天気も良いし、是非、お出かけ下さい。

ご覧下さった方、どのトランクが貴方の一番のお気に入りですか?

Ionffair    http://www.aeon-laketown.jp/


Ajpg    _bjpg

                          凄い、このエネルギー久しぶり。主より
                               

2011年11月 9日 (水)

映画の中のL・ヴィトン

今日は、映画の中での小道具で、記憶に残る物も沢山ありますね。

主人公の性格を表したり、時代や地域などを代弁するのにとても大切です。

大げさに言えば、コレがいい加減だと・・・・・とにかく大切であります。

L・Ⅴのトランクも「昼下がりの情事」ほか、実に多くの映画に出演していますね。

さて、映画好きな私にとっては、今日のお客様は格別の方でした。

なぜなら、映画を制作されている方で、小道具が専門の方です。

色々、お話をお伺いいたしました。

中でも一番興味があったのは、上海を舞台にした映画で、ホテルのロビーで女主人公が、

「某有名雑誌」を見ながら「人」を待っているシーンを撮影しようとしたのですが、

スタッフの1人から「これ、著作権?問題にならないのか?」と疑問が出て、なんだかんだ

でそのシーンはカットとなったそうです。残念。

如何お思いですか?皆さんは・・・ 著作権は確か50年(個人の場合は100年?)其々の

国により違いがあるようです。

でも、私は法律家ではないので詳しくはないので、何とも云い様がないのですが、

無粋な気がしませんか?勿論このスチュエーションにおいてはですよ。

否、法律は保有権者をズルイ人達のズルイ行為から守る為にあるのでしょうが、

このような行為がズルイ行為に、該当するのでしょうかね?

(私も、一応クリエイターなので・・・)

勿論、前記した様に提訴する方たちの立場は、尊く十分理解いたしておりますが、・・・

更に、複雑なのがこの映画が所謂「超有名な監督が制作、アカデミーノミネイト作品」

片や「D?級無名監督の下品で粗野ではあるが力作・秀作」なら、判決に影響があるので

しょうか?

判断は難しいですね。特に私の様な、下賎の者にとってはね。

「そんなの関係ない」と仰る方。でもね、貴方様もいつ裁判所から陪審員として、

判断を求められるかもしれなくなっている昨今であります。

因みに、以前、私の家内にも候補者として封書が来て、待機しておりました。

少し疲れました。さて、又勝手に考え込んでしまいました。

話しを変え、今日のお客さんは、前記の方とL・Ⅴの愛用の奥様です。

長くお引き止めいたし、貴重なお話しをお伺いいたしました。楽しかった。

私の方がお礼を申し上げます。Mrs、S・N さん有り難う御座いました。

お持ちのバッグは、右手にはL・Ⅴの約100年前のドクターバッグ?です。

何かお似合いですね。やはり奥様の職業柄ですかね。

4009

                           気が付けば高所恐怖症の主なり

2011年11月 5日 (土)

「フランスフェアー2011」でL・ヴィトン アンティーク トランクを見てください。 

先日、日本で現存する最古?の板垣氏使用のL・VUITTONのトランクに関連し、来春、

大?展示会が計画されているとお話し致しました。こちらは、板垣氏生誕の地、坂本龍馬、

武市半平太、後藤象二郎で知られた南国土佐で、こちらからは少し遠いですね。

でも、現在大反響公開中の板垣氏のレイエを一目見ようと東京からの方も、

居られるそうです。

さてそこで、もう少し近くの埼玉市越谷のイオン レイクタウン KAZE 翼の広場にて、

1910~20年頃の大型トランクを始めL・Ⅴポスター 、ヴォーグ誌のL・VUITTONの広告・

ヴォーグ誌(1910年代~1930年頃)の素敵な表紙の古い高級女性雑誌、ミニ・トランクな

ど20点以上、展示予定です。勿論その他沢山フランスに関係ある催しや、美味しいものや、

良い物と出会える事間違いなし。是非お出かけください。(11月17日木~11月20日 日)

http://laketownkaze-aeonmall.com/shopguide/floorguide/index.html#page=2

そして、更に驚く事にこのフェアーの企画されている方のお名前が何と明治を開いた方と同じ

名前のSサンでした。それから先日お訪ね下さった方も政治家の縁者の方。

あと、大山さんか鮫島さんにお会いしたいですね。こうなれば・・・

  

                    そろそろクリスマスのオナメントを捜しています。

             カミサンに「あの麦わらの・・・何処に置いたかナァ~」と聞く、主。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »