« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月25日 (水)

アンティークL・VUITTON展 FRANCE大使館後援 高知で開催

いよいよ、3月10日(土)から5月6日(日)まで2カ月の間、高知市立自由民権記念館に

おいて、同館主催、フランス大使館はじめNHK・高知教育委員会・新聞・テレビその他

多くのマスコミの方々の御後援を頂き、海を渡った?西日本初大公開、板垣退助愛蔵品

寄託記念「旅するL・VUITTONトランク」展が、開催されます。

私共GARRETに於きましても、真に名誉光栄であり、全面協力をさせていただく次第です。

恐らく、私どもの未公開品も何点か展示の予定です。

そもそも、昨年、板垣退助氏が愛用された百数十年前のL・VUTTONのレイエの

保存公開を機に、文化文明をもたらせ今日のグロ-バル化にも大いに関係のある、

「旅するL・Ⅴトランク」展開催に至ったそうです。

勿論、L・Ⅴトランクだけではなく、関連する品等も展示いたします。

最高のシーズンに、クジラが見える土佐の大きな海を見ながら、海を渡ってきた

100年前の古いトランク達に思いをはせていただければ最高です。

ぜひ、板垣退助氏や竜馬たちの地をお訪ね下さいませ。

そして、今回のお話をお持ち下さった高知市立自由民権記念館、及び、運営に

あたられているイヨテツケーターサービス株式会社様、皆様にあらためて感謝を

申し上げます。

254blog   280blog


こんな感じで春の瀬戸大橋を渡りたいな ~  。

 

                                 準備のため少し忙しい主

ーP・S-

 I・Tさん、その後お母様のご様子如何でしょうか?

 一日も早いご快復をお祈り申し上げております。

 それから、お人形の件、有難うございます。一緒に行きますからね。宜しく。

 

 もう一件、ミスからミセスになったVECKYへ、「おめでとう」。

2012年1月 7日 (土)

良い年になりますように - ミュージアム・ガレット

オメデトウございます。

と言ってもう1週間。

私は、実に不健康ではあるが楽しく、実に、心地良い時間を持ちました。

アメリカ人なら、スポーツクラブのクーポンをプレゼント、ドイツ人は、眉をひそめ、

イギリス人は、OH、YES・・・ 、フランス人は無視、イタリア人はVIVA!と言ってくれそうな、

真に有意義な豊かな時間でした。

こんな1週間でした。(20年前の貴腐ワインもこの際、飲んでしまいました。)

実に、メデタイ。(昨年の不快な大きな出来事があり、少し憂鬱でした。)

そして、何と云えばいいのか、このめでたい時期にタイタニックの100周年の事を少し・・・

そうです。あれから100年です。各地でセレモニーや商魂の発揮が目覚しく

活躍されていますが、私も、とても親しい方から「コレ好きでしょう。飲むでしょう?」と

いって、クリスマスプレゼントを頂きました。

開けて見ると、何と「飲める品ではない。」

「えェ~、どうして?」「展示品にします。」

「飲まないの?」「勿体無い。」(適切な言葉使いでしょう?)

それが、下の写真です。

Monopolewhitestar

何やら、タイタニック号に当時積まれていたシャンペンを再現したものとの事です。

当館の先客であるハンガーも「そう云えば見覚え在るような気がする。」との事。

さて、何時もお世話になっている、I さん、毎年恒例の豪華なお正月の食事風景と、

ご家族全員と、そして左に豪華なシャンペンがワン・フレームに。

私は、何時ものスプマンテで我慢でした。

                        皆様にとって楽しい一年であります様。

                                         主より

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »