« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月20日 (月)

L・VuittonとV・Wとスーパーカブ(SUPER CUB)




お盆休みも終わり、今年も3分の2が過ぎました。

お休みの間、お隣や近くの大きい国と少し騒がしくなってきましたね。

そもそも、われわれ現代日本人について、生きて行く上で最も身近な現代歴史の教育が、

殆どされていないのは、少し変ですよね。

(以前、若い女子学生が、アメリカと戦争したのを「知らない。」と云ったのは、

思わず「ハぁッー マジスッか?」と云いたかったが、・・・・大人は、ズルイ。)

確かに、まだ近い過去なので問題が・・・・でもとても、重要ですよね?

平安時代794(鳴くよ・・・)よりもね。

そして歴史は、新事実が発見されると、検証され合理であれば変わりますよね。

しかも、学者諸子先生方によりさまざまですよね。(立場もあるでしょうし、利益も・・・)

勿論、第3者的視点に立たなければ(これが中々難しい)・・・

       

この様に歴史はとても大切ですね。そして、タイトルの様に今日は記しました。

L・Vのモノグラムは、110年。V・Wのカブ(カブトムシ)は、70年。

そして、我が本田のカブは、54年。 何れも凄い歴史ですね。

(私は、本田が好きです。御近所様ひいきだけではありません。)

 Monogram2012aug           Pc279071jpg_2    P8195463_2

1896年発表モノグラムの変遷      ワーゲン、「かぶとむし」の由来   HONDAカブ ; 石津社長より先輩が譲り受け、それを譲り受けた。

そして、L・Vモノグラムは、我が国に二千数百万個(堺屋さんの著書から)あり、

V・W は、恐らく3、000万台?CUBは、7、600万台(Yahoo news)生産されたそうで

す。凄い。すごい。スゴイ。それこそSUPER カブ(数 カズ?)

そのスーパーカブが、さらなる記録を作るため初めて本格モデルチェンジをするそうです。

(小学5・6年生の時、初めて友人の家で乗ったのを覚えています。勿論、ここだけの話

無免。当時は、14歳で半日?講習を受けると取得できたと記憶しています。)

そして中学時代S-6?800も短い期間ですが我が家の玄関に入れていました。

兄が、玄関にぶつけ・・・早々処分)

「歴史の話は、100年経たないと過去にはならない。」と聞いた事がありますが、

(そろそろ100年ですよね。)

皆さんは、如何思われるでしょうか?

そして、もう一度歴史を身近に・・・・・

だから博物館が面白いのです。大切なのです。

                      今日も勝手な事を書いてしまった主。

2012年8月15日 (水)

L・Vuitton とLYONと横浜 part-2

お休みは、如何でしたか?

先日私の昭和のお盆休暇の事を少し思い出しました。

その際、知り合いにその事をお話しますと、「そうですか・・・私の友人のスペイン人は、

8月10日過ぎからとる。」との連絡があったそうです。

「何だか世界中が、グローバル化・・・」 「日本より深刻な経済下にある・・・・・」

と云う話でした。

1925  Shop




さて、前回のPart-2 それはやはり 絹 - SILK が共通の WORD ですね。

古くは「絹街道 ・ シルク デ シン(秦)」等・・・

そんなに古い話は私もまだ小さかったころのお話なので?よく覚えていませんので

今日は書きませんが、2枚のスカーフをご覧下さい。両者とも恐らく1980年頃の品?

だと思われるものです。

1枚は、1920年過ぎの「旅の姿」を主題としていますね。

もう1枚の方は、1860年頃の「オペラ座の近くのSHOP」の正面展開図

を描いた物のようです。ケースの中には当時販売していた品が見受けられます。

但し、正確かどうかは解りません。

何故かと申し上げると、私の知る知識と異なるポイントもあるからです。

でも、別に歴史の専門書や教科書に出るたぐいのものではないので、

問題も無く、また、VISUAL 効果の方が、時には、絵に成ることもあるでしょう・・・。

勿論、素材は絹ですね。そして勿論 made by L.Vuitton ですね。

但し made in ITALIA(como)?かも知れませんネ。

1970年頃は、多くのフランス有名ブランドの絹製品はイタリアや日本で作られていたとの

話を伺った事があります。

如何ですか?やはり 横浜 - マルセイユ - リオン - L.Vuitton、そして、再び世界へ-

TOKYO-YOKOHAMA、否、南足柄市へ・・・

「せっかく広がった夢が台無しに・・・、最後を削除。」

「それは、失礼な話ですが・・・」、よくご指摘頂く『一民間業者 ・・・ 存在なのに ・・・』の

存在であります故、さっそく削除いたします。

「・・・・  そして世界へ、東京・銀座・表参道・・・へ」

                               節電に最大限努力中の主より

-P.S.- アッーァ、暑いのにスカーフの話とは恐縮です。

              あまり奇麗に見えないので、是非ナマスカーフを見に来て下さい。

2012年8月 9日 (木)

L.vuitton とLYONと横浜=絹?

もう直ぐお休みですね。どこにお出かけですか?

そう云えば、昔々、イタリア人に聞かれた事がありました。

「夏の休みは、日本ではどうするの?」「人によって違うけど、私はアパートに居るョ」

「どこにも行かないのか?」「行かない。」「1か月もどこにも行かないのか?」

「誰が1カ月と云った?」「何日ぐらいなの」

「3日位かな?長い人で4~5日 日曜日を入れて1週間かな?

(当時私は3日も連休が在るなんて夢のようでした。」・・・・・

こんな昭和の時代の古い話を、思い出しました。

さて、一昨日横浜のある博物館をお尋ねいたしました。

そして、「横浜は、L・V とも多少関係ありますね。」

「へェー?」

「やはりどちらも150年の歴史です。それから、港ですから船の旅行者のトランク。

何時か横浜の某HOTELのラベルの貼られた大型のトランクを見た事があります。

そして、絹ですね。恐らくマルセイユに上陸してLYON(BIANCHI-Ferier)で織られ、

L・V の内装に使用されていた様です。」

「トランクに絹ですか?へェー。」

「例えば特にコスメ用トランクやエリザベスⅡ用の物等に・・・高級品用ですね。」

「そですか、そう云えば当時リオンに横浜正金が在りましてね。

此処の建物も、横浜正金だったのですよ。」

色々お話をお伺いさせて頂き、ありがとうございました。

N 様、ご紹介・アテンド下さいまして真にありがとうございました。

この様な場所で申し訳ありませんが、厚く御礼申し上げます。

038    Q201




 

 

                            10年ぶり位にかき氷をよく食べている主。

 

         *因みに赤いシロップが無かったので、カンパリを代用いたしましたが、

                            これはいけませんでした。参考まで

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »