« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月27日 (木)

ブランド?町のブランド化?国のブランド化?・・・???

つい先日までは、残暑厳しく・・・朝夕は寒いくらいになってきましたね。

実は、先日在る会合があり(私は出席できず。)その時の話を友人から聞き、懐かしく同僚

に、TELを入れました。

もう何十年?も会ってなかったのですが、時間的距離を一気に跳躍。

そして、やはり共通の知人でMILANO時代の方(女性)が、「少し体調が悪い・・・」

との事。「もう帰ってくるのかな?」「一時は、そのように思ったらしい。

事務所も閉鎖するらしいし・・・。だけど、息子さんが、自分の事務所をお持ちで『是非来て

ほしい。』との依頼。」お年は、私よりかなり高齢?の方です。(差し詰め私も含め我が国で

は「社会ゴミ」だそうです。)

日頃は、DOLCE VITA d’ITALIA について 、おもしろくも悲しい様子をお伝えする事も

あるのですが、この話を聞いた時は、マストロヤンニが、真面目腐ったあの表情で

話す・・・まるで、「ニュー シネマ パラダイス」のONE SCEANのようですね。

「あぁ~VIVA イタリア!!!」

Mastroianni_1991                 Ie_dictionary

(photo : Georges Biard 1991)

少し前、横浜にある有名な1896年?に創業された会社の主に「何故ITALIAでは、

あの様に、良いものが出来るのでしょうか?」「イタリア製の全ての物が良い訳ではなく、

貴方様の立場で、お手にされるものがとても良いもの(高級品)なのでしょうが、確かに良

いものが在りますね。それは、例えば家族の結びつきや身近な周りの環境に・・・」

とお答えした事を、思い出しました。

だから、イタリアは「COOL & HOT な WHAT A WONDERFUL WORLD!」  

つまり・世界に通じるWWWの世界(カミサンの今朝の言葉) なのでしょうね?

 私見ですが、私たちは「みんなで欠点を無くそう。」としたのが、私たちの価値観だった

ような気がします。これからは、その上に「みんなで良い点を暴走させよう。」そして、

ITALIAと反対の「HOT で COOL」な日本国人になろう。

                        一寸おセンチな秋の想い。 主より

2012年9月21日 (金)

L・VUITTONとビートルは意外と共通点が多い。丈夫で長持ち。

今日は、早くも来年のカレンダーを届けて下さった方が居ります。

昨年に続き今年もあまり良い年ではないようですが、是非個人的には残りの月日に、

希望しようと思っております。

こんな感じで、野暮用が多く、ついさぼり癖が目立ちます。(反省)

さて、友人が若い頃仕事で乗っていた会社の車を、知り合いの専門家の方に依頼して

作ってしまいました。しかも当時のSHOPまで再現しており、私もとても懐かしくて、

その時代にWARP。当時全ての社有車を社長の一声で、V・Wに変えた話を職場の上司

から聞いた事がありました。当時は、この大衆車は高級車?正確には高額車だったのです。

そう云えば、ドイツでは社格は車格とも・・・

さて、その様な事もあり、絶妙のコラボ 「物作り(マイスタジンガー)」と「CM」、

独米の黄金DUO!

これぞ、IDとGDデザイン界の教科書ともいえる出会いではないでしょうか?

あまりにも有名なので、私が熱筆する必要がありません。

と云う事で、手持ちのアドの中から35枚位でカミサンが夜なべ繕い仕事(靴下の穴)傍ら

UPして呉れました。ご覧下さい。

 

Vw1_2 

Vw2



Vw2012sept

http://youtu.be/_zFs6PQBdhQ

 

尚ビートル(バグ)を長手にfotoSHOPで少し伸ばすとPORSHE。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »