« 「ルイ・ヴィトンとその時代」と下町 デザインギャラリー・ガレット... | トップページ | 「ルイ・ヴィトンの自動車旅」新春ガイド・ツアー募集!  »

2012年11月27日 (火)

下町にヴィトンもラリックもザヌーソもポルシェも勢揃い。

開館?・オープン?何と云えば良いのか?

とにかく「始まりました。」 

ですので、是非皆さんもお越し下さい。500円です。 図録付です。

場所は、大江戸線と半蔵門線の清白河駅です。

私も、長年東京で生活しておりますが日本橋までしか知らず、

今回 意外と利便性に優れ緑の公園が多いのに驚きました。

そして、都現代美術館への通路の中ほど、駅から約5分。

歩いて1分の処に民間駐車場もあります。

この場所は、古い知人の紹介のアーティスト?の小さなギャラリーの2階です。

始まりは、「それでは、私の2階を使用しませんか?」と云う、思いもつかない、

お誘いからでした。

後は何時もの、「始めなければ、何も始まらない・・・」いつものパターンでした。

ただ、狭いので、テーマを決め1年に数回企画展として、もともと私の、

デザイン資料として集めた、色々な物たちを、19C後半からの

「物作り即ちデザイン」としてご紹介したく考えた次第です。

一見関係ないと思われるものが、案外同じ線上にあったり ・・・L・VとVW・・・?

こんな感じの、第一人称的見地からの、デザインをメインにした企画展示に成ります。

「モリスからアールヌーヴォー・デコ、イタリアン モダンデザイン」とでも、

云えましょうか?

早々、建築家とぺインターのご夫妻やカバンを手作りしようと趣味の勉強中の方等

お訪ね下さいました。

中でも、私と同じ御年位の方は「今までは、いい加減な物を買って来たが、

私もこれからは沢山モノが必要でないので、良い物を求めたくなってきました。・・・」

そうです。良いモノですよ。多くの方が良いものだと言っている物が、本当に、

ご自分にとって良いものか?ご自分で、丁寧に見極めて下さい・・・。

そして、その楽しみを味わって下さい。

最後に、嬉しい事に来て下さった方の全員から、

「又、来ます。」と云って頂けました。何より嬉しいです。

  Gdg150   115_2   104_3

  102_2   Gdg147


                           風邪が流行っております。主

« 「ルイ・ヴィトンとその時代」と下町 デザインギャラリー・ガレット... | トップページ | 「ルイ・ヴィトンの自動車旅」新春ガイド・ツアー募集!  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下町にヴィトンもラリックもザヌーソもポルシェも勢揃い。:

« 「ルイ・ヴィトンとその時代」と下町 デザインギャラリー・ガレット... | トップページ | 「ルイ・ヴィトンの自動車旅」新春ガイド・ツアー募集!  »