« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

L・VUITTON アンティークトランク 初公開 2009 横浜 Y150

もう、2月ですね。ここ2,3日暖かいですが、如何ですか?

Windows XP はどうなるのでしょうかね?

そう云う事情もあって、ファイルの整理をカミサンに依頼したところ、

我がGARRETの、記念すべき横浜初公開の写真があるのが、わかりました。

そして少し前?、I・K さんにお会いした時「横浜のは、良かったね・・・」

と思い出話を少々。(その節は、お手伝い有難うございました。)

また他の方からも、「横浜のは、見る事が出来なくてね、L・Vの方たちも見に行って

『勉強になった・・・。』と云っていましたよ」(お恥ずかしい)等、お話をお伺いしております。

そこで、、カミサンが movie に勝手に作り替えてくれたのです。

驚きの出来なので早速何時もの師匠上記の I・K さんに見てもらい、手直し。

私も一押しの出来栄えです。お見事。『良く出来ました。』

皆様も必ず見て下さい。何度見ても無料ですからご安心下さい。

Youtube_2014jan


http://youtu.be/8FSMSn3MYcg

恥知らずの自画自賛?(カミサンが作ったのに少し変ですよね・・・)まぁァ~いいか。

「良く出来ました。」

とにかくナイナイ尽くしの私には、実に贅沢、エレガントに作ってくれました。

チョットしたドラマですよネ。当時の事を色々思い出します。

改めてご協力頂いた、ムッシュ・キャサリン・ベッキー・辻堂の I さんをはじめ

(共催)横浜日仏学院様・(協力)横浜市芸術文化振興財団様、

そして、ご来場くださった皆様改めて御礼申し上げます。

健さん(I さん)見て下さい。

こんな感じでした。ガレットのヴィトンに関するほぼ全容が分かると思います。

是非皆様、感想を頂ければ幸いです。

                          もう如月、梅が咲き始める頃ですね。

                                        只今、一寸自己満の主

2014年1月27日 (月)

ヒンデンブルグやツェぺリンの時代にL.VUITTON トランク

P1218920 2kg弱の超軽のモノグラム?イイエ、これは、数グラム?の

                        完全ハンドメイド by 主の力作です。

お正月休みに、フィレンツェとトルコに行ったという方から、メールを頂きました。

(羨ましいですね。)詳しく聞きたいですよね。写真とか・・・

あの宮殿(トプカヴ?)の、宝石見ました?欲しいですよね・・・1個・・・・・

シンプロントンネルをぬけて、オリエンタル急行で行きたいですね。

そう云えば上のモノグラム、なんとなくアジアっぽいですよね?(個人的見解)

オリエントっぽいですよね?トルコ風にも見えませんか?勿論、我が国風にも・・・

さてそこで、最近ミニチュアのネタを中心にしてますが、そもそもミニチュアを作るのには、

先ず始めに実物の隅々まで、熟知しなければなりません。

先日お会いした方も、「貴方がこのように、精密なミニチュアを作れるのは、

貴方が完全な資料を、保有しているからです。そして、それを具現化する充分な知識と、

少々の技量と感性を持っていた事です。このような条件がかなう方は、おそらく余り

いないでしょう。多分お一人でしょう。世界で・・・」と仰って下さいました。畏れ多い。

ともあれ、お陰さまでかなりの「それなりの」知識?は蓄積しております。

(昔、I サンが、自動車のプラモデルを作った時、「自動車の構造が良く解った。」と云って

いたのを思い出した。)

さて、そこで、先日制作した、1920年代の「空の時代が本格的に始まった頃」に作ら

れたハード?ソフト?(ハーフト?と命名しようかな?)の超軽量のトランクがあります。

重さは、当時の通常の物(同じくらいの大きさ)が約8kg このトランクは約2.0kg(70cm

x40cmx18cm)ピンときませんか?

例えば貴方の体重が60kgとすれば、貴方と同じ位の背丈の方で、

15kg の方を想像して下さい。如何ですか?変な例ですが、間違いではないのです。

Unbelievable!!! そうです。信じがたい。

横浜の展示の時に何人かの方に両方お持ち願いました。一様に「信じられない!!!」

何年ぶり?でしょうか、コレクションのL.Vuitton トランクについて解説を致します。

横浜の時は、「襖のように木で枠を作り、そこに印刷(モノグラム)麻布地をキャンパスの様

に張ります。」と解説致しました。

とにかく百聞は一見に・・・ご覧下さい。

P1218911jpg    P1218915jpg

「剥がしてみたのか?」

「いいえ、そんな勇気がありません。完ピン?は、私も見た事は、未だありませんので・・。」

価値が在るか無いかは知りませんが、貴重で、私は、当時の複葉機や飛行船に、

恐らく乗った物だと思うので、大切な1ツです。

(乗り物大好きです。ヒンデンブルグやツェぺリンに乗ったのかな~。でも高所恐怖症。)

カミサンと夫婦喧嘩の時も、2人仲良く先ずこれを安全なところに移動させてから開戦で

す。それほど、VERY very BREAKABLE です。「桑原くわばら。」

そうですこれも12分の1です。作りました。皆さんの為に?

「いいなぁ~」こんなのタダで見えるの・・・羨ましい。その上、自宅で・・・

誰か、やってくれないかなぁ~。私の代わりに・・・・・

贅沢を極めているよね?

(先日もただの時代の soft は、如何なる世界を作るのか・・・?)

                      スケルトンマンションではなくトランク?否、人生の主

2014年1月21日 (火)

アンティーク ミニチュア L・VUITTON トランク 納品

先週16日にミニチュア アンティーク L.VUITTON トランク 32個を、

江戸川アートミュージアム様にお届けしました。

そして、展示ディスプレイをお手伝いさせていただきました。

最後に、スポット・ライトを調整して、写真を撮って頂き終わりました。お疲れさまでした。

有難うございました。(皆さんも是非、江戸川アートミュージアムにお出かけ下さい。

http://www.edogawa-art.jp/

雑談の中「今日は、古いハードケースに入れてこようかと思いましたが、やはり、

重いですね・・・」「そうですか、私は、今日はコトビルできました。」「見せて下さい。」

「うわッァ~ もの本だぁ~。最近のですね。」そんな他愛もない大人の?会話が、

暫時継続。?勿論、今後の事などもお話して頂きました。改めてK様御礼申し上げます。

その後、早速ツアーの方々にお披露目されたとの事。

うれしい。現場に居たかったですね。

Dscf7366jpg  Dscf7359


そして、以前取材して頂いた新聞社をお訪ねいたしました。

以前の非礼のお詫びと近況報告の為です。はじめは、NO アポでしたので、

少し緊張していたのですが、逆に編集長様以下数名様との酒盛りとなり、

最終電にかろうじて safe。実に豪快な方々の豪快なお話で、実に愉快なり。

とても初対面とは思えない温かいおもてなしを頂きました。

『「先日は楽しかったですね~!! 終電近くでしたが、無事に帰られたでしょうか?

 あんな「xxxx」ですが、いつでもオーケーですので、ご遠慮なくいらしてください。」』

ご丁寧なReを頂きました。

豪傑の皆様有難うございました。(無断転写?お許しを!!!)

今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。

 翌日も、大新聞社の方とお会いさせて頂き、初めはご挨拶との事でしたが、

気が付けば、何と3時間。「面白いので、改めてお訪ねする。」との事。

そうですか、有難うございます。

貴方様の様な専門家(学生時代キューレータを考えたこともあったそうです。)に

その様に仰られると縮む思いです。でもうれしいですね。

お待ちしております。

この様な快晴の新春でした。

あぁ~それから、ご心配かけていた靴、先週ようやく着きました。

「足の大きさいくつ?足に合うの?」「25cm  6 1/2(イタリア)????

そうか!ご心配なく、今回のは 2cm少々、 イイエ、ミニチュアの靴でした。

でもね、良くできているんだよ。本当に・・・見て下さい。

P1148871

                        寒い日の HOTな人々との hot な時間の中の主。

2014年1月12日 (日)

L・V のアンティーク 靴トランク(1920年代)

もうお正月気分も、終わりかと思っていたのですが、3連休ですね。 

遅くなりましたが、何時も「イイね。」を下さっている3人の方、今年も宜しくお願い致します。

有難うネ。感謝。

私は、年末もお正月も仕事?(趣味?)をしていました。

お陰さまで、準備も出来たところです。

そう云う中、お正月早々縁起良く「嬉しい。」お電話を頂きました。

此方も後日お知らせ致します。

さて、寒いので女性の方は、ブーツをお履きの方も多いと思いますが、

私も何足か所有しておりますが、こんな感じです。

所謂チェッカー(アンクル・stivalino そう云えば竜馬のブーツは、とても大きかったように憶

えています。彼も当時は大きかったそうですね?)ブーツですね。見て下さい。

いいえ、正確には、見てほしいのは、力作の?1920年代 L・V アンティーク 

靴トランクの12分の1のペーパークラフト。

07017  合成ではありませんよゥ~~

もう何度も、ミニチュアをご覧頂いておりますが、12分の1(国際ドールハウス規格)と

云われても、実感しにくいので take one  。

如何ですか?私は、25㎝(6 1/2)なので、如何なる感じでしょうか?4足入りですね。

色々な靴用トランクがあります。それだけ靴と云うものは大切だったのですね。

前記したように、文明開化は靴?から始まり、リニア新幹線・・・

スピード時代の「時は金なり」。

あぁぁッっッ 又、1才加わるのです。

・・・ それにしても、昨年買った靴がまだ届かない・・・

                          怠けず書きますので宜しく見て下さい。主

 

2014年1月 6日 (月)

「お正月を写そゥ?。 アイ・フォ~ン~」アンティークになる?・・・

お正月の長いお休みお疲れ?さまでした。

天気も良く、ゆっくりされた方も、お仕事だった方も、始りました2014年。

如何でしたか?私は(カミサンも)普段と変わりなく、無事過ごしました。

皆さんも飲み食いで、体重の増えた方もいたと思いますが、

年賀状の I・K 宅(サバンナから御戻りの)では、恒例のお正月。

中華?(アレッシーのお皿?)と和食とパリジャンのガーリックトースト・・・「いいね!!!」 

”世界が列挙して居並ぶ青葉かな・・・”

14010224

我が家も、「やっと手にしたパネットーネ(ダイレクト・インポート)」その他イタリアーナ。

「随分豪華だネ。安倍ちゃん来た?」「いいえ、未だ。全て頂き物です。」有難い。感謝。

ご馳走様でした。でもパネットーネは、パン ド オーロの様で日本の市販されているのと

同じ様なもので、少しガッカリ。(それから、キリンのビール?濃い味?@170円?位

少し、温めて頂いています。美味しい。しかも安い。嬉しい。)セミ セッコのスプマンテが、

良いのでしょうが・・・・・残念。次は是非まとめてね。勿論マスカットでもOK。

Jan20141

こんな他愛もない事を・・・・・。

どうやら、クリスマスに私のトランクを買ってくれた方から、

メールを頂き、「パッケージは着きました。が、私は、今アフガニスタンに派遣され、

未だ見ておりません・・・」そうですか。アフガニスタンですか・・・(もしかして、女性兵士?)

とにかく、無事アメリカに帰国され是非ご感想を頂きたいですね。切に祈念しています。

2014年の年頭です。

               日本の兵隊さん(偉い)もVUITTONを持っておられた方も、

                     意外と居たようです。平和な2014年であってほしい主。

 

2014年1月 1日 (水)

L.Vuittonアンティーク ミニトランク あけましておめでとうございます。

おはようございます。ではなく今日は、あけましておめでとうございます。

でしたね、皆さん今年も宜しくお願い申し上げます。

昨夜は、遅かったので、先ほど起きて御餅を頂きました。

そして、頂いた年賀状。ありがたい。(申し訳ありませんが、私は当メールにてごあいさつ

させて頂きます。失礼の段お許し下さいませ。)

イイエ別にTVを見ていたのではなく、ミニトランクを作っておりました。(勤労老人でしょう。)

07062   あけましておめでとうございます。今年も全開で「ヒヨドリ越」。

さて、先日申し上げた I・K さんからの年賀状ご覧下さい。イイね。

P1018525tif

(今日の初日の出の様に輝いていますよね。

彼は、私より贅沢を好む方で寒さと、暑さが苦手です。

そこで、贅沢を何時も目指している私には良い審美眼を通しアドを頂いております。

ありがたい。)

それから、ヒョン?なことから海外販売し始めたミニ・トランク。

勿論、ミュージアムでお求め頂いた方々を含め多くのご興味を頂き有難うございました。

そこで、昨秋開館予定であった当ミュージアム(house?maison?koya?)に、

ミニトランクミュージアム?正確にはコーナーかナッ?を新設し、Let’s make one

をお楽しみください。製作 by KAMI-SAN(是非ご意見下さい。)

それでは、ご覧下さい。

http://youtu.be/69sAoJ1k6Ps

 

そして、皆様におかれましては、輝く一年で在るようお祈りしております。

                             少し暖かくなったら開館したい主。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »