« アンティーク ミニチュア L・VUITTON トランク 納品 | トップページ | L・VUITTON アンティークトランク 初公開 2009 横浜 Y150 »

2014年1月27日 (月)

ヒンデンブルグやツェぺリンの時代にL.VUITTON トランク

P1218920 2kg弱の超軽のモノグラム?イイエ、これは、数グラム?の

                        完全ハンドメイド by 主の力作です。

お正月休みに、フィレンツェとトルコに行ったという方から、メールを頂きました。

(羨ましいですね。)詳しく聞きたいですよね。写真とか・・・

あの宮殿(トプカヴ?)の、宝石見ました?欲しいですよね・・・1個・・・・・

シンプロントンネルをぬけて、オリエンタル急行で行きたいですね。

そう云えば上のモノグラム、なんとなくアジアっぽいですよね?(個人的見解)

オリエントっぽいですよね?トルコ風にも見えませんか?勿論、我が国風にも・・・

さてそこで、最近ミニチュアのネタを中心にしてますが、そもそもミニチュアを作るのには、

先ず始めに実物の隅々まで、熟知しなければなりません。

先日お会いした方も、「貴方がこのように、精密なミニチュアを作れるのは、

貴方が完全な資料を、保有しているからです。そして、それを具現化する充分な知識と、

少々の技量と感性を持っていた事です。このような条件がかなう方は、おそらく余り

いないでしょう。多分お一人でしょう。世界で・・・」と仰って下さいました。畏れ多い。

ともあれ、お陰さまでかなりの「それなりの」知識?は蓄積しております。

(昔、I サンが、自動車のプラモデルを作った時、「自動車の構造が良く解った。」と云って

いたのを思い出した。)

さて、そこで、先日制作した、1920年代の「空の時代が本格的に始まった頃」に作ら

れたハード?ソフト?(ハーフト?と命名しようかな?)の超軽量のトランクがあります。

重さは、当時の通常の物(同じくらいの大きさ)が約8kg このトランクは約2.0kg(70cm

x40cmx18cm)ピンときませんか?

例えば貴方の体重が60kgとすれば、貴方と同じ位の背丈の方で、

15kg の方を想像して下さい。如何ですか?変な例ですが、間違いではないのです。

Unbelievable!!! そうです。信じがたい。

横浜の展示の時に何人かの方に両方お持ち願いました。一様に「信じられない!!!」

何年ぶり?でしょうか、コレクションのL.Vuitton トランクについて解説を致します。

横浜の時は、「襖のように木で枠を作り、そこに印刷(モノグラム)麻布地をキャンパスの様

に張ります。」と解説致しました。

とにかく百聞は一見に・・・ご覧下さい。

P1218911jpg    P1218915jpg

「剥がしてみたのか?」

「いいえ、そんな勇気がありません。完ピン?は、私も見た事は、未だありませんので・・。」

価値が在るか無いかは知りませんが、貴重で、私は、当時の複葉機や飛行船に、

恐らく乗った物だと思うので、大切な1ツです。

(乗り物大好きです。ヒンデンブルグやツェぺリンに乗ったのかな~。でも高所恐怖症。)

カミサンと夫婦喧嘩の時も、2人仲良く先ずこれを安全なところに移動させてから開戦で

す。それほど、VERY very BREAKABLE です。「桑原くわばら。」

そうですこれも12分の1です。作りました。皆さんの為に?

「いいなぁ~」こんなのタダで見えるの・・・羨ましい。その上、自宅で・・・

誰か、やってくれないかなぁ~。私の代わりに・・・・・

贅沢を極めているよね?

(先日もただの時代の soft は、如何なる世界を作るのか・・・?)

                      スケルトンマンションではなくトランク?否、人生の主

« アンティーク ミニチュア L・VUITTON トランク 納品 | トップページ | L・VUITTON アンティークトランク 初公開 2009 横浜 Y150 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒンデンブルグやツェぺリンの時代にL.VUITTON トランク:

« アンティーク ミニチュア L・VUITTON トランク 納品 | トップページ | L・VUITTON アンティークトランク 初公開 2009 横浜 Y150 »