« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月24日 (土)

バッグはH or L・V、 ではチョコレートは?

最近チョコレートに、本の少し興味津々。

私は、甘いものは、ほとんど取らないのですが、チョコはたまに頂きます。(特にお土産)

その様な中、TVの復活で旅番組(ヨーロッパ)を見ていると、

必ずその街で名物チョコレート屋さんを訪ねます。

Godiva 多分マルサラの古酒とのランデブー?「良さそう」ですね。

皆好きなんだよね。以前イギリスに日本のKIT-KATを送った話をしましたね。大好評。

そして彼らもヤッパー、ベルギーチョコが高級品で人気があるそうです。

例のGチョコ?かな・・・

そう云えば、お土産で頂いた事が、何度かあります。自腹では無理。(絶対無理。)

せいぜい Baci (シチリアのアーモンド入り)です。まだあるのかなァ?

 Cafe_florian これもお土産で頂いた物です。

それから、トリノ(サボイァ)のチョコレートが有名らしですね。トリノと云えば FRANCE、

ナポレオンが、寒いアルプス越えの時は、温かいチョコレートにナポレオン?否コニャック

をたっぷり入れて、オーストリアを負かしたのでしょうか?

そう云えば、グラント将軍もアルコール(まさか南のトウモロコシ酒?)の勢いでリー将軍か

ら、初勝利をリンカーンにプレゼントしたそうですね。

(チョコと関係ないけどチョコっと書きました。)

でもね、世界中には、あらゆる好みのチョコレートがあるそうです。

友人のシェフに聞いたのですが、「チョコは奥が深い。薄さや硬さによって例え同じ材料で

同じ配合でもも随分味が変わりますからね。

一度アメリカに輸出しようと思って、『甘好み』だと聞いて、一番甘いのを送ったのですが、

『甘さが足りない』との米国からの返事で、GIVE UP したそうです。

勿論これも一つの例かも知れませんがなんとなく分かりますね。

そして、沢山食べるのでしょうね。コーラも一緒かな?そう云えば下宿が同じだった

イタリア人もコーラに砂糖をスプーンに二杯入れて飲んでいましたっけ。

六本木の TOPS のケーキまだあるのかなァ~。懐かしいな~。

皆さんはどの様なの食べますか?教えて頂ければ嬉しいなァ~。

                    マヤの王様も神殿の上で飲んでたのガーナ?寒い主

 

 

2014年5月20日 (火)

John Lennon のミルク・ティーとアンティーク VUITTON ティーセット

先日、天気予報で「晴れる」を確認して、「明日決行しますが、ご都合よろしいでしょうか?」

有難い事に、4人の曲者?GENTLEMAN at HEART?で sandwich lunch を致しました。

残念ながら、2人の方は、車だったので「例の模擬ビール」、

私達は、先ずは「スプマンテから・・・」で乾杯。あのワッフル美味しかったね。 I さん感謝。

(I・K 氏からミュージアムに寄贈して頂いた1970~80年頃の航空会社のタグの

コレクションパネルを皆で見て、昔話に花が咲きました。「これ、乗った事ある。」「こんなの持っているんだ・・・」

(有難うございます。これが、ミュージアムの楽しみの1つです。)

 

『なお、このランチ会を(仮)「ロウジン(浪)探訪団?」 old at heart ・・・(次回良い名称を決めましょう。)

それでは、面白い話、自慢話、恥話、最高の話、最悪の話を各自1つ御持参の上御参加下さい。』

(そして私のリクエスト「タイ装着」 - 「マジ?」「どうしたの?」 - 「いいえ、別に意味はありません。・・・」

お聞きいただけたのは、I ・ T さんと私の50パーセント、まじめな2人でした。)

これが、今回の難しい「テーマ」でした。散々食って飲んでそして自慢話?

否、素面の方もお二人。色々クダラナイ話を長々して、

凹んでいると言う I ・ T さんに「何か、話してよ!!!」「自慢話は無いョ。・・・」

かなり凹んでいた。

そう云えば最悪の話は、顔に出ていました。お気の毒でした。

今回は、不味い英国料理の中では、抜群の(正調)キューカンバーサンド、

ローストビーフサンド、ベーコン(カリカリ焼き)とロースハム(コッタ?)サンド・・・

(私は、パンはカンパーニュとバケットにして貰いました。よりおいしく頂きたいもので・・・)

Tea_pot  1920-30 頃のルイ・ヴィトン システム?・ティーポット

そうそう、その際、お茶(英国通)にうるさい方(アストンマーチン工場でお茶していた。)が、

「これ美味しいお茶ですね。そこの富士屋ホテルに ジョン・ レノン (ポール大丈夫なのか

ね?公演出来るの?)が滞在した時ミルクティーを所望して、『これ not milk tea 』と

云ったそうです。そして「milk tea? 知っています。?」ガヤガヤ。

「お茶と温かいミルクを同時に同量入れる?」

「高いところからお茶をカップに注ぐ?」(スペインの観光客相手のワインでもあるまいし?

確かに臭いは部屋中充満しますよね。)

「初めに、ポットに入っている茶葉に熱いお湯を少しかけて茶葉を開かせる。

そして、開いたら熱い ミルクを注ぐ。そして暫くムラス・・・」

それ以降富士屋ホテルさんではこの様にされているらしいとの事。

(以前所用で行った時は・・・コーヒーをご馳走して頂いたのを思い出しました。

お茶にしておけばよかった。)

「確かに、英国で飲む紅茶は違いますよね。」 でも階層社会ですからね。それぞれ色々

あるそうです。納得。最近では、ロンドンのちょっとしたところでお茶を所望すると

¥3,000-位するそうです。勿論、あの味気ないスコーン?付だそうです。

そうか?それでは私は、スタチャ(茶)のチェーンを企画しようかな?

勿論店内は、優雅なバロックの有線放送(出来れば、生のカルテット。 場所は?丸の内

(日本橋)、銀座、青山(麻布)とりあえず3軒から始め、4軒目は、南足柄市・・・

失礼いたしました。(三井さん如何ですか?採算?「文化です?」 - 「バカモン」

そういえば、「労働者が飲むお茶」と云うのをお土産に頂いた事がありますが ・・・・ 無言。)

Tea_1 Tea_2 お土産品など

milk tea 真偽は、箱根に行ってお確かめ下さい。そしてもし宜しければ我がGARRET

にも・・・是非お立ち寄りください。

帰りに凹んだモトを見ると、最近買ったフランス車のドアーとステップステイが、60cm位

見事に陥没しておりました。言葉なし。

               次回は蒲鉾ランチになりました。小田原蒲鉾?関係ありません。

                                曲者達は其々とても煩いのです。主

2014年5月10日 (土)

かつて「TVは世界を制する」そして当事者ソ連邦は滅んだ。WEBは?

最近「TVッ子」になっています。

実は、ここ数年TVを見ていませんでした。正確には、見る事が出来なかったのです。

原因は、大風の為アンテナの方向が変わっていた為でした。

それで、わざわざ直してまで見たいと思わなくなったからでした。

元々、野球やサッカー、ましてやバラエティー、ドラマ、など・・・。

また数年前、TVスタディオをお訪ねしてからかナ?

(番組で紹介して下った)際、玄関ホール、廊下、トイレ、エレベーター等の壁面に

視聴率に関する掲示が多数眼につき、感心?したのを覚えております。)

確かその頃からだったと思います。

TVを買った当初は、画面がとても大きく司会者の顔が映ると、ほぼ原寸大で、

そこに居るかのように感じ、何だか妙に気恥ずかしい様な、不思議な感じもしていました。 

この様な経緯からでした。(パソコンのディスプレイに時々使用していました。)

そして先月、どうしても屋根の上に登らないといけなくなり、勇気を出して高所恐怖症の

身ではありますが、カミサンの見守る中そろそろとアンテナに近づき角度を調整?

早々無事帰還致しました。そして、お茶を飲みながら例の如く、早速リモコンを、ぐるぐる?

それから、(老)TVッ子です。

新聞社(FRANCEと台湾の2社・・・日本の新聞社も大変のようですね)の話、

旅(ヨーロッパ)番組、放送大学(博物館概論…正確には、公立?博物館概論と

訂正させて頂きたい。・・・差し詰め私の処は、博物館外論かな?・・・

横浜のパーティでお世話頂いたとてもお洒落な学長先生、恐縮です。

無礼千万、真に失敬であります。お許し下さいませ。)等、極めて楽しかった。「イイね。」

(私も入学したいなァ。いやマジです。)

どうやらTV界も格差社会?過当競争の結果なのでしょうか?比較的はっきり?スッキリ?

(そう云えばお世話になった番組名が・・・)なってきたのかな?

多分、私たちの社会(地球規模?)も、この様になっていくのでしょうね。

Bs11

この様な「急性テレ中」のなか、 I さんからTVプログラムのお知らせを頂きました。

お時間のある方は是非ご覧下さい。

Vants_2        Img_3


                    I さんが「懐かしいね」と云われていますが、

                        残念ながら私は、全く記憶が在りません。

                       73年Tシャツとポスターですか?そうですか、

                       多分必死(笑い)?で働いていた頃ですね。

 

 

             つい先日も、石津先生や VAN JAC. を知らない方達と・・・淋しい主

 

2014年5月 7日 (水)

1920年ころの VUITTON AD & SOLEX

黄金週間如何でしたか?随分長いお休みの方も居られたそうですね。

海外にも羽田からのお出かけは便利で人気のようですね。

05may

便利?と云えば 「柱の傷も~」♪ 

今風になるとキャビネットとプリンターでこの様になるのですね。

I 氏の自室? ライブラリー? ミニ・モデルカー ROOM です。

お二人のお孫さんの5月5日のドキュメント。

(でも私は、・・・親父が爪で傷つけた柱が懐かしく、神妙に五月病?)

きっと、二人が大きくなれば良い記念になりますね。「イイね!!!」

Solexwbox_1     Solexwbox_2

1950年頃の whisky(ジョニ黒用)ケースと I 氏からの贈答品(私への物ではありません?)

さて、続Solex・・・更に血が騒ぎ・・・如何でしょうか?

塗装も、先日ブログ欄にてご紹介いたしましたエッフェルカラー(パリのレンタル自転車)

に塗り替えようと、暫時検討しましたが、かなり難易が高そうなので give up.

でも、まだ未練が・・・ 御子息と相談しようかな???(所有権が無いので・・・)

広告は1920年頃の(残念ながら solex のではありません)モーター自転車

(モト・ビチクレッタ)です。

1922

同年代のVUITTONの広告もあります。

今のと大して変りませんよね。

そうそう本田さん?も戦後いち早く、この様な航空機用発電機エンジンを自転車に

取り付け、後にかの蕎麦屋さんで名高いCUB(Super)で・・・

元々中島飛行機の下請け?協力工場だったそうです。

そう云えば、あの会社マークが「ゴールド ウィング」でしたよね。

そしてついに、画期的な小型 j e t 。念願だったそうです。(そう云えば三菱でもJET)

そうか、「隼 と 0 か・・・」もっと早く作れなかったのかな?などつい下司の・・・

そういえば、先日お会いした方、「スバル」がお気に入りのようで、何台かにお乗りとの事。

一寸拘り人否カナリノ通人と主は見た。

                勝手にエッフェルカラー色の solex を想う連休ボケの下司主。
                       

2014年5月 2日 (金)

ルイ・ヴィトンとsolex

99930

黄金週間に入る直前の寒い雨の日。

I さんから「これ S君に・・・」「どうして?」「この前お土産にミニの広告板貰ったでしょう」

「それでは、お預かりいたします。」

それは、I 氏がまだ青年だったころ乗っていた 'solex' の18分の1の

自転車モーターバイク?でした。

良く出来ている!!! 

翌日、我慢できずついに開封(親の特権?)

そして、必然的に全細胞が能動体になり「確かこの辺に・・・在った、あった。18分の1」

1900年頃のお店の前で1910年頃のモノグラムと1970年代の solex の合体写真。

(でもあまり違和感ないよね。私見につき異議は却下)2~3枚。

しかし、ここで大変な事が突然起こりました。 事故ってしまったのです。転倒事故。

慌てず、バイクを起こしたのですが・・・大変です。

片方のペダルがモギレタのです。ヤバッー。

そして、ロケ場所(卓上)を捜したのですが、不明。ヤバッー!ヤバッー!ヤバッー!!!

在りません。

「ちょっと来て~」「どうしたの」「無いのッ」「何が?」「これッ」「あらッ、上には無かったのネ」

そして4つの眼で床ナメ。わたしもメガネ装着。発見可能性200パーセントにUP、

これ非常に明瞭な科学的手段なり。何しろ 4mm X 2mm X 1mm 位で、しかも色は黒。

しかし間もなく、「これ?」「これこれ、ありがとう」

カミサンは実に見付け上手。私は失くし上手。そして次は、瞬間接着剤の活躍。

そして、数十秒後、何もなかったように元の箱に元通り格納。

カミサンに「秘密にしておいてネッ」と ・・・ 、皆さんも秘密厳守。ここだけの話。

声を出して絶対に読まないで下さいね。えェッ、もう声を出して読んだッ。

それでは、仕様が在りません。本件に関しては全て忘れて下さい。

こんな、平凡で平穏な黄金週間前の一時でした。あっアッ~平和はいいなァ~。

キエフ大丈夫?

                      大事な証拠を残してしまったことに気が付いた主。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »