« 『小さなL.Vトランク・・・』第3弾 全員集合! | トップページ | 『小さなL.Vトランク・・・』 旅、半ば・・・・。 »

2014年12月11日 (木)

L. ヴィトン ミニトランクの新たなる一歩

本日新装開店となりました。

Lhdec2014jpg
開店前の one take いいや some takes

誰も言ってくれそうもないので、主、自ら「おめでとう。」と云います。

ついでに忘れない内に”Merry Christmas&A Happy new year”と、ひと足早く走って参りました。

先日、I 氏から既に年賀状を頂きました?。(正確には原稿です。)何しろ我々の年になると来年が本当にあるのか?

はたまた・・・。デモね。私とカミサンは御蔭さまでこの三カ月は、青春時代の様に Super ヘヴィー・ハード・ワークでした。

(そのせいか?今から寝正月?になりそうです。)

その結果、本日の見事な?開店を迎える事が出来ました。

この場をお借りして改めて、Little High の主様、御礼申し上げます。(昨日お手伝い下さったお二人様にも感謝、

くれぐれもよろしく。それから、北原さんも初日に来て下さるそうで嬉しい限りです。流石、御交流の広い Mr. オーナー様。)

さて、ディスプレイも大変でしたが、一番大変なのが、お値段でした。

そもそも、今回の場合に限らず、買って頂く値段とは?即ち根拠とは・・・(こんな事を書いていいのかな???)

私は、三つの要素があると考えるのであります。提供者と仲介者とコンシュウマーですね。

 

「難しい事は良いから、結論は高いの?安いの?」

それを、決めるのは貴方様ですから、先ずは是非見て下さい。

こんな感じです。

何だか、つまらない?話になったので、話題を変えます。

実は先日、カミサンからコヒ―ブレイクの時に「なぜこの様な事を・・・?」

「いや、大した理由は無い。私のしている事殆ど大した意味は無い・・・。今回も、事の成り行きから・・・済みません。

貴方様にはことのほかご迷惑をおかけしております。」

「いつもですから、それはともかく・・・私の質問は『何をヒントに、アイデアに、

この様な作品?仕様?風体?スタイル?になったの?」

「それは良い質問ですよね。そうね・・・MILANOに居た時何度か テアトロ スカーラ に行ったよね。貴方ともネ。

そこで、古い古い舞台の仕様?を計画?或いはプレゼンしたのか知らないけれど、名場面を生んだ舞台仕様のミニチュアが、

幾つかあったよネ。あれは実にすばらしい。あれを見ているだけでソプラノやテノールが聞こえてくる。

本当に、これ欲しいと思った。

私は、今回その体験を、一部の疑似でも良いから皆さんに体験していただければ・・・、

それが私のモチベーションでした。実に傲慢で不遜であります。

私には、似合わない大仰で不敵な危険思想です。」「へェー。そんな事あったっケ?」

(「ケ」と云えば・・・陰毛が週刊誌に出るようになったのは、何時頃だったケ(毛))

いいえ、ここは、私、品格高く「ショパンの毛髪が、彼の愛用したチェンバロの上に置か

れていたの・・・」「憶えている。」

やはりブランドは忘れないのかな?ツイ、卑猥な事が好きなもので・・・、

さて、展示作業中何人もの方が、入来して下さいましたが、「明日からなので・・・」

「そうですか?面白そうですね。こんなの在るんだ。必ず来ます。」と仰って下さった方々、是非お越しを。

(そうですね。恐らく此処だけでしょうね。世界中を探してもね。これには、自信あり。「他は・・・?」「他?自信は、NON!!!」

「明言できるの?」「出来ます。なぜ?考えれば解りますよね。」

最後にこんな、不純な動機も忘れていた大忙しの準備の一日でした。

 

                       本日はマジに申し上げます。見応えありますよ。主。

« 『小さなL.Vトランク・・・』第3弾 全員集合! | トップページ | 『小さなL.Vトランク・・・』 旅、半ば・・・・。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: L. ヴィトン ミニトランクの新たなる一歩:

« 『小さなL.Vトランク・・・』第3弾 全員集合! | トップページ | 『小さなL.Vトランク・・・』 旅、半ば・・・・。 »