« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月25日 (金)

「眠れる森の美術館」?と云うか「眠らぬTVの世界 ・・・」?

寒い感?の戻りの曇り日です。

さて、過日のTVでは、大変お騒がせいたしました。

見て下さった方々如何でしたか?

そうですか、見なかった方も居れば、ご覧下さった方もおられます。

そして、昨日出かけようとしていた時、隣の方から「先日は、TV見ましたよ・・・」

恐縮、恐れ入りました。近所の方など身近な方にはお知らせしていませんでしたが・・・。

29feb_ntv (日本TV。撮影許可はいただきましたが、掲載は?問題ある場合はご一報を。)

その様な中、製作者の方から「如何でしたか?」感想を聞かれたので

私は、正直にお答えいたしました。

「まだ見ておりません。それより貴方様のご意見をお伺いしたいですね。

なぜなら、昨年の初回来訪時より、最後までご担当頂いたのは貴方様お一人なので、

一番全て承知し詳しいですよね。私の方は、色々な方から、色々な感想を頂きました。」

私も、是非面白い稀有な経験、特にパリからの名乗れないお2人の突然の嬉しい?

訪問客の飛び込み、その他、難しい郵便の件!など、色々な事があった2か月少々の

Makingを忠実に書きたいのですが、正確に書くには紙面が足りません。

またいい加減に書くと誤解が生じますからね。

これだけでも、もしかすると1冊の本が書けるかもしれません。

 

しかしながら私は、小心者の一小市民。そこをお察し下さいませ。桑原桑原。

 

只、明確に言える事は、一つのTV番組を作り、ON AIRするというのは如何に大変か?

 

当然そこには関係各位、然るべく特別な THE WORLD、つまり cosa nostra

 

そう云う空気感を、空気が読めない私が強く感じました。

 

とにかく、凄い世界ですね。情報は世界を制するのですからね、

 

そうです。「眠れる森の美術館」?と云うか「眠らぬTVの世界観」?

 

今まで地方局も含めて四度目でしたが、流石、覇者局。特別でした。

 

とは云えども、前回こと細かく正しく書くと予告していたので・・・。

 

せめて、事の始まりだけでも少々・・・・・お読み下さい。

 

昨年、201512月の中頃?1本の電話を頂きました。

 

「マーケッティングをしている会社で、あるTV番組を制作する会社のリサーチ依頼の為、

お電話をしております。そちら様はアンティークトランクを沢山お持ちですね。・・・

付きまして、TV番組制作の取材をさせて頂けないでしょうか?」

 

「そうですか、以前、そうですね、2年少々前に1000回記念『XXXⅩ鑑定団』と云う

番組担当の方から同じ様な依頼を受け、承諾をしました。(時々見ていたので)

そして、ロケ2・3日前の突然中止通達、

 

理由は、「上の者から、『この方の立ち位置が違うのではないか?つまり、私たちの位置、

 

審査(鑑定)員としてお迎えするような方なのではないか?それでは、番組の主旨に反するだろう。

この番組は素人の方がお宝を持ってきて・・・』との事で、つきましては、そのような機会が

ありましたら是非、審査員としてご協力をお願いしたい。」との事で、キャンセル。

という事が有りました。今回も同じようになるのではないでしょうか?」

「問題にはならないと思いますが、詳しくは担当の制作会社のディレクターから

 お電話入れさせて頂いていいでしょうか?」「それでは、そうして下さい。」

 

「他にトランクをお持ちの知り合いの方、居られないでしょうか?」

 

「2~3個持っている方は、何人か知っていますが・・・10年近く前、.Ⅴジャパンの専門家の方は、

『こんなに沢山お持ちの方が、日本に居られたのですね。東北のホテル関係者の方が幾つか

お持ちだと聞いた事があるのですが・・・』と聞きましたので、いないと思います。」

「それでは鑑定していただける方は、・・・」「知りません。おそらく私より詳しいと思う方は、

1人いらっしゃいますが、御紹介できる様な方ではありません。

 

何人かのアンティーク商(.Ⅴを販売)の方に訪ねて頂きましたが、彼らは殆ど知識がなく私の

説明をメモしたり、私に値段を尋ねたり・・・恐らく日本には、居ないと思います。」

「そうですよね、色々長く調べているのですが、やっと貴方様の処にたどり着けたのです。

 

分りました。それでは、ディレクターがお電話しますのでこの電話番号を教えていいですか?」

 

そして、クリスマスの頃3人の制作会社の方の来訪。

 

こんな感じの始まりでした。(会話の一言一言は正確かどうか自信がありませんが、内容は上記した通りです。)

 

 

「これじゃ、やっぱりよくわからない。」

 

「そうですよね。でもこれ以上はもう少し、お時間を頂いて・・・

それが、日本人の美意識でしょうか?・・・」 

 

 

 

そして、先日麹町までお付き合いしてくれた方々と、雑談会?

 

IKさんが、シェリーを一本持ってきてくれました。「これ、飲もう」と・・・。

 

但し、談話の中にはTVの話は殆ど...。何故か、誰も話しませんでした。大人ですね。

 

こんな、晴天の春の楽しい昼食座談会でしたとさァ・・・。

終わり.

以上、上記が私のTVを見る前の印象です。

              知り合いの方が一年間勉強のため兵庫に行くそうです。

                   やっぱり、若いって羨ましく頼もしい。主。

 

2016年3月19日 (土)

ポップアップ・カード、爆買いされる!

U  K 様 
    
ずいぶん暖かくなり、桜も満開の紀三井寺でしょうね。

TVの件お騒がせ致しましたが、なんだかホッとしています。

実は、ここだけの話ですが、私もカミサンもまだ見ていません。

P1235355


ところで、もうすぐロンドンですね。楽しみですね。

6月のロンドンは、最高ですね。

パブでビール。(でも、S には、飲み過ぎない様に言っといて下さい。)

今日も、イギリスの方が、私共の greeting card を40枚近く買って下さり、

これから郵便局に行く予定です。

イギリスから帰って来たら話を聞かせて下さい。

私も、営業(売り込みに)に行きたいのですがね~。  
 
私はとりあえず、バルコニーでエールビールをお昼に・・・

 

又、お会いしましょう。

2016年3月11日 (金)

TV出演4回目、森のサクラ咲く???

さて、正月にカミさんと手を繋いでみた初夢が、正夢(悪夢?)になりました。

来たる 、3月13日(日)、pm1時15分、日本テレビ(一時間特番)

仮題「眠れる森の美術館」にて、我がGARRET(ガレット)が登場いたします。

最終の仕上がりがどの様になったのか、私もわかりません。

 Sakura_11march2016


 

ただ、去る2月23日(火)朝10時から、インタヴィユー、お昼(30分)を挟んで12時過ぎから

夜、7時過ぎまでビッシリ撮影。

4人のTVスタフ(鉄腕ダッシュ担当)の方々他、遠路からの御1名、お疲れさまでした。

コレクションの中の数個のトランクなどについて、今まで何十年か学んだほぼ全てを、

こと細かくカメラレンズと対峙し説明いたしました。

流石に、緊張し少々疲れました。

 

 
しかしながら、前記した様に何分間に仕上(編集)がったのか?等、詳しくは分かりませんが、

2月29日、麹町にある「眠れる森の美術館」には、数個のお宝?美術品?が集合し、13日には登場の様です。

Tv_dsc_0093_29feb2016

その1つが・・・我が収集品です。

そして、この美術館にTVでおなじみの4人の豪華なお客様が来訪し、

かの名門家御子息の館長様から説明を受けるのです。

(何時もの2人、 I ・ T、I ・ K さん夕方から深夜までお疲れさでした。感謝。)

私は、どの様に仕上がったのやら、ドキドキ、又、心配しながら見るつもりです。

いつも応援してくださっている方々、改めて御礼申し上げます。

今後とも、より一層のご支援をいただきたくお願い申します。

またご感想などいただければ幸いです。勿論、私も・・・

それにしても一本のプログラムを、完成させるのは如何に大変か、問題が起こるのか、激痛感致しました。

関係者の皆様お疲れ様でした。

            桜散るにならなければいいのですがと・・・主

  
先回の答えです。
多分、こうだったのではと思います。
  

Hanger_5663_3Hangar_5668_2Hangar_5673_2Hangar_5671_2

これは、私のコートですが、たぶん、女性用であったと思います。
根拠を知りたい方は、お問合わせ下さい。
















  


 

2016年3月 4日 (金)

春ですが、ボケてる暇がありません。テレフィック主?

3月ですネ。私は移動や引っ越しとも、もうほとんど関係が無くなりました。

皆さんは、昇進したり転勤や入学、卒業等の方も居られますか?

さて、そう云う中、千鳥が淵の桜は未だ無い、麹町の某所に少々用があり、I ・ Tさん、I ・ Kさんと夕刻集結しました。

(飲みではありません。)

ひと仕事終わり、30分位時間があるので夕食を済ませる事にしました。

5~6分歩いて、麹町風の小さいレストラン?を見付け、入り口で「時間が無いのですが早く食べられるものありますか?」

「オムライスかハヤシライスならありますが・・・」

着席して「どちらが早い?」「ハヤシライス、皆さん同じだと早いです。」

「ハヤシライス3ツ」

少々して「お待たせいたしました。」ハヤシライス食べるの何十年ぶりかな?半世紀?

スプーンを持ったところろでTEL。「はーい、10分で行きます。」3分少々で完食。

レジで、金額を見て・・・????? 「1人¥1、880円 ×3人」 参りました。計¥5、640円。

そして貧乏主は、感じた。麹町でハヤシライスは食べられない。私の息子への遺書に書こう。

その後さらに人生最大級の大きなショックが続いた。

「今回も良く分からない?じゃあ なぜ貧乏人が、ハイソの麹町に行ったの?書けよ。なぜ?」 

次回にはお書きいたします。はっきり、詳しくね。

ところで皆さん来週の日曜日(今週では無いよ。)お昼過ぎ、お時間ありますか?・・・

Mgarret_g617 展示中のL.V超大型トランク(ワードローブ)

そうそう、2回も写真が無かったので今回は、バッチリ久し振りにL.VUITTONのトランクについての事です。

Hanger_5663_3 0624292  これは、1:12ペーパーミニトランクです。

上の写真は、L.Vの超大型トランク(ワードローブ)で、ハンガーなどが入っています。

ハンガーの左右上部にはフックが付き、船の波による揺れ防止になっています。

(通常では真ん中に状のフック1本でつりさげますね。)

さてこれは、「どの様に、何用に使用したのでしょう。約100年前の物です。」

正解者の方には、このトランクではなく、このトランクのポップアップ GREETING CARD

を差し上げます。(現在欧米で好評発売中。日本未発売。)

Great service! Loved the product!

Fast shipping, terrific cards!

Fast delivery and GREAT items!

Objet correspondant à la description + bon embalage + ++++++++++++++++

(フランス語なのでよく分かりませんが 、何となく解ります。)

又、買って下さい。ありがとう。

                  一体どうなるのやらと・・・・・、主改め terrific 主?

                  そう云えば、テリー伊藤さん、その節はお世話様でした。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »