« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月19日 (火)

フランク・ミューラー か L.VUITTON、欲しいな~。

桜が終わったのですが、もう蚊が出てきました。

雨が多いからですかね?やはり亜熱帯ですよね・・・

それにしても、九州は ・・・ 亡くなられた方、被害を受けた方々には、無念でしょう。

言葉もありません。残念ですネ。世界中が揺れているようです。

ただ、「気を付けましょう」としか言いようがありません。

さて、その様な中、他にも気になるニュースが幾つかありました。(個人的にです。)先ず、

1)先日の OLYMPIC のエンブレム

 皆さん、見ましたか?そして、審査員の巨匠先生のお言葉「レベルが低い」

 確かに。デモね、本当に実力を出したのでしょうかね、あの応募者の方々?

 あれは、「萎縮しているのですよ、全員が・・・だって、次もまたシャープで、シンプルな

 デザイン を出すわけにいかないでしょう。

 「どうして?」「だって、シンプルでシャープなデザインは、基本図形構成になるので、

 どこかで誰かが?既に考案実績している可能性が極めて高いから」です。

 私めが、意見を申し上げるなど僭越であります。身の程を心得ます。

2)フランク三浦 商標判決。(クリェイタ―は、必見です。)

 面白いですネ。興味ギンギンであります。

 そして、判決文の解説を大学の先生がしていました。成程ね???

 私も、少しばかり仕事柄勉強しておりますが、なかなか微妙ですよね・・・

 「どこが?微妙なの・・・」「説明すると、最高裁まで行くほどになるので省略。」

 でも、1)と大いに関連ありの問題ですよね。それと「不正競争防止法」ですね。

 (加えて、著作権法ならびに工業所有権法などもね。)

 「その上、デザインは似ていない???」そうですか?これは、どうでしょうかね?

 要は、今の権利範囲の問題をどのように捉えるかと云う問題の様ですネ???

 裁判長の名前は、遠山 桜?さん。 (お主も出来るなァ。)

 或いは、セークスアピールの「ペニスの証人」???(カザヌゥーバ???)

 元へ、シェークスピァの「ヴェニスの商人」を思うのは、如何なものでしょうか?

 

 適切な例かどうか解りませんが?込み合う満員電車の中で、先に乗車していた

 超高級ピカピカ靴を履き堂々としたお金持ち名門紳士風?の方の大きな御身足を、

 安いよれよれスニーカーを履いた怪しげ風?馬の骨?氏が「踏んだ?踏んで無い?」を

 争ッているように思うのです。違うかな?自信はありませんが・・・(又、検閲あるかな?)

今日、K先生から間違い電話を頂きました。(単純ミス)

ついでに、いつも「イイね。ありがとうねェ」

「それしても、文章良く分から無いわよネェ」

「そうなんですよね。ハッキリ、スッキリ私も書きたいのですが・・・名前を出さないでくれ、

来た事にしないでほしい・・・。」「業務上の守秘義務」・・・その他、訳のわからない事が、・・・

窒息しそうです。(あァッツ~ HELP ME !!!ジョンも同じだったのかな?)

それが、大切なのです。大人の世界?????ガキには、解らないよね!

そうだ、いっその事 私のブログと Facebook、35禁にしようかな?

(そういえば、昔、不動産屋に最終学歴と出身校を聞かれた事があった事を思い出した。)

しかも写真もほとんどなく・・・ やはり先日のT.Vの様に仕立てないと、高視聴率が取れま

せんよね。反省しています。毎回書く度に・・・。

(サティ-の様に、でも心はワグナーです。いや、やっぱり、AKB48ですよね)

Cherry_p4115839_2  いただき物のサクランボ、種を植えてから十数年。花が咲きました。実は ・・・・・?

最後に前回のコレクターの方から特注の POP CARD を20枚依頼され、本日発送致しました。

ただ、「箱が欲しい。私は使用せずに貴方の ART CARD を持っておきたいのよ。

だから、エレガントな箱をネ。勿論、パーソナリゼーションでね。それから次の作品は何時出来るの?」

(あと、10日ほど時間を下さい。)

「さすが、粋だネ!!! 待ってました。大統領。」とは言ったものの「箱?しかもエレガント  

な?参ったな・・・でも、こう云う方うれしいね!!!大歓迎。」

何だか、スタンフォードか M IT の学位試験に出したいような課題ですネ。真に。

唯一の条件は、ただ、「箱」それ以外の一切の制約なし。この問題、「いいね。」

地獄に行ったら、閻魔大王に言ってやろう。 

(パラノイアではありませんからね。心配無用)

そして、その箱を本日お送りいたしましたョ。

さて何と云う返事が返ってくるやら?クワバラです。

写真を撮っているのですが、皆さんには来週でもご覧いただこうかなァ?と・・・

                何れにしても読む方も、さぞかし・・・・・でも解る方には・・・主

 

2016年4月 9日 (土)

L.Vuitton big collector と云うより Mag collector です。

今日の風と雨で桜は、どうなるのでしょうかネ?まさに春の嵐ですネ。

さて、前回お求め下さった方から評価を頂きました。そうです。

遥かかなたのヨーロッパに無事着いたそうです。

「壊れると否だから・・・」との事でしたので、二重段ボール箱に格納して・・・

勿論、重くなりましたが。(NEVER MIND. The man is not same as me!!!)

Thank you very much. The item arrived in PERFECT condition.+++++

This is a real artwork.I LOVE it.You can not stop looking at all the details.♥♥♥

そう云う貴方様も

You can not stop collecting something else fallen in love.

一寸私と同じ様な、こまった変な?御方・・・失礼。私とは、格が違いますよね。

そして、私の小さなアート活動を少しご説明したところ、

I want to know if you have plans to make some more・・・・・・・との事。嬉しいね。

さすが、Mr. BIG COLLECTOR 否、貴方のお名前どおりのMr. Mag コレ様です。

(それから、ほらあの会社のMANEGERの方々の反応を是非・・・・・宜しく。)

また、アメリカの方も一月位前上記の方と同じ様なアートフレームを買って下さったのですが、

再びリピートしてくれました。此方の方からも EXCELLENT を頂き有難う。

ASAP との事 parsonalization に少し時間が掛かりましたが、EMSでお送りしました。

今しばらくお待ち下さい。

こんな感じで、先ずは2016年のAPRIL 馬鹿にならなくて幸いでしたが、

¥円が一挙に1割以上がってしまいまして・・・、我が輸出企業と致しましては・・・、

黒田さんも安倍さん豊田さんも私も、同じ悩みで困った者仲間と考えると、壮大で愉快也。

片や、6月にイギリスに行く旧友には、吉報かな?(T. 石川さんにはイイのかな?)

その前に野球部とヨット部の四人合同再会宴?楽しみ也。

今回参加しない野球部員の旧友は、「死ぬ前までには、一度会おう!!!」

本望であります。・・・やはり古い友は「イイね。」

だけど私は、同窓会と云うものには、1度も出たことがありません。

1度に沢山の人と会うのが、どうも得意では無く・・・ そうなのです。

SHAI?なのです。Ahahahaaaaaa・・・・・・

                いい事が続きましたが・・・そろそろヘルメットを捜すナイーブ主。

2016年4月 2日 (土)

気がつけば、四月一日?エイプリルフール?

でも私には、最近何だか毎日がエイプリルフールの様でして、何を信じて良いのやら?

イイエ、まだ呆けているのではないのですがね、世の中がね・・・少し・・・

「その言葉が出ると、やっはり呆けてきたのですよゥ。真性中枢恒常慢性ボケですね・・・。」

 

そうそう、「気がつけば・・・」に戻りますが、いつの間にかブログが30、000突破、

 

Youtubeが10,000になりそうです。でも、その数の人が見てくれたとは、限りません。

 

いろいろ有るそうです。色々な方が色々な目的で色々な手段で・・・

 

でも、この数字に参加くださった方々に厚く感謝を申し上げます。

 

 

そして、例えエイプリルフール?かも知れないと思いながらも・・・

 

以下の様な嬉しいメール?を頂きました。

 

 

Hallo. Will you please combine my shipping and promise to PACK IT SUPER WELL. I do not want this beautiful pcs of art broken in transport. Will you PLEASE Inspect my diorama very carefully before you send it out. I am a BIG Luois Vuitton collector, so this item will bee seen by many managers at LV. I am sure I am going to LOVE IT. All the best to you and your beautiful work and your  craftmanship.

 

少し説明いたしますと、一年少々前中野で初個展を致しました。LITTLE HIGH さんで・・・

 

その時出品したアートフレームをオークションに出したところ、ヨーロッパの上記のお金持ち?

 

のコレクターの方が、お求め下さいました。嬉しく、ありがたい。

 

値段も中野で、画廊主が主導して下さった値段より少々?否カナリ?高価格(自分で納得出来る

作品クァリティにチューン・アップして出しました。)でお求めいただけました。

 

 

「本当によかった。」「儲かったから?良かったの・・・」

 

「それもアルかも知れませんが、どうやら、あの会社の?しかも多くの幹部の方達が見て下さる・・・様です。」

この購入者の方は何者なのでしょうかねエ?

 

でも、本当だとすればとても嬉しいね。

少なくとも訳の分からない知識皆無の鑑定士と申される方にご覧頂けるよりも、とても誇らしく、

名誉であります。

 

少し前には、アンティ-クL.V超専門家(The one of The best3 in world)の方を、

パリからお迎えし、今度は、あの会社の経営陣の方々が、私のオリジナル作品(アンティーク

L.Vに、知識と思いを込めた作品)を眼にして下さるのですからね。

 

 

そしてカミサンが云った

「あの様な事があり、この様な事があり、表参道で個展が出来れば・・・イイネェ!!!。」

 

「それは無理だよ、日本では・・・ニューヨクかパリなら0,01パーセントあるかも?」

 

「それは、どうして?・・・」理由を説明すると長くなるから、省略・・・。

 

解かる方には、解かります。逆もまた真なり。( 恐縮。失言です。思っていない事を書いてしまいました。)

 

 

 

この様な自己満の2016年のエイプリルフール?のカミサンを東京に送った温かいタルマッタ 

ランチ前の、キーたたき。

 

・・・でもこのメール受け取ったのは先月の20日過ぎ?

 

 

 

             先日の悪夢の様に今回も?・・・AIPRIL 01st、ARUJI

 

 

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »