« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月22日 (木)

アンティーク・ヴィトンで 2 回 TV on air ! 来年は・・・?

Cadeaux_1924  ルイ・ヴィトンの贈り物用広告1924年


先週は、野暮用があり品川天王洲?と云う所に行きました。

荷物があり、初めての処なので友人の I さんに同行してもらいました。

年末の高速、首都高は渋滞、それでも予定より早く着きました。

一般道に出て、道幅が広くなり周りも随分変わったのに、改めて時間を感じました。

40年前は、五反田や品川の海岸通りの金物屋によく来たのですが・・・

本当に、倉庫と町工場と云う感じでしたが、今は、スッカリ、オフィス街。

飯でもと思い探したのですが、休みのところもあり、一苦労。

結局、私に不似合いなイタリアンサンドの店に入りました。

私、コメント無し。

I さん曰く「パンが柔らかくてイイ。」

そして、I さんから「さっき通った道の左側にある、マンションを相続したんだ。」

「じゃ、色々大変だったんだ。実家の方はもう終わったの?片付いた?」

「いや、まったく・・・」「それじゃ、ホントに大変だ。」

こんな話が、最近多くてね。何だか、良い話なのか?それとも・・・?

7598  お会いしたのはこの方です。

若い時は、余計なことは何も感じなくて、本当に幸せでした。

そう云えば、お会いした方とも、本の僅かな40数年前の縁?

そんな話も少々「そうでしたか・・・あの建物ね・・・」実に恐縮。恐れ多い。

こんな、冬至も過ぎた暮れの話です。

石川さん、1度お会いしたいです。私も・・・

今回も、さっぱり解らない話ですね。

でも、私は全て解ります。ですよね I さん。

I さん 自撮り棒?要りますね。でも、もう直ぐ撮り?鳥来ますから、不要ですね。

第一、あれ、みっともないですよね。スマートじゃないよね。いや、しぐさがね?

    来年は酉年。もう取りたくないね。齢は・・・ でもまだほんの少し熱い個老人主

2016年12月10日 (土)

もう幾つ寝ると・・・生誕祭?

もう今年も、終わりますね・・・

その前は、クリスマスか?

Pap_028508dec2016

そう云う中、先日東京より3人のプロフェッショナルな方達が、お訪ね下さいました。

「プロ?何の・・・」「何の?・・・それは、色々と・・・。」はヒ・ミ・ツ。

そして、お話しいたしました。その雑談の中で、ミニチュアについて、

「どうして、作り始めたのですか・・・?」

運送屋さんが、「全面の写真を撮ります。保険の為です。そうしなければ、保険が掛けられない。」

「そらそうですが、1個について6面全て?トランク合計100個ですから、100個(トランク数)✕ 6枚 ・・・ マジですか?」

この様な経緯から、認識を改め、資料にもなると思い、時間を見つけカミさんをアシスタントに ・・・ 数か月かかり撮りました。

そしてある日、閃き。「ミニチュアを作れば、色々説明しやすよね。データがあるのだから ・・・

何しろ、1個何十キロもあるトランクもあります ・・・ 早速、CAD を使って展開図。

そうこうしていると知人から「『北原さんが、おいでよ』と云っているよ。」との、嬉しいお誘い。

そこで、名刺代わりに幾つかパーソナリゼションで持参。

「売れないの?手作り ・・・ 採算が合わない。・・・」という事で、取り合えず、好反応だったので、

「YOUTUBE UP ・・・ していいですか?」

暫らくして、FRANCE からTEL。「私は xxx だけど、幾つか買いたい。」

「えェッ、マジですか?xxx さん?ホントに ・・・」

「値段?いいんだ。値段は ・・・ あれとあれとこれ、パーソナリゼーションして、イニシャルは、✕・✕・✕。」

FRANCE 到着後しばらくして、「妹もほしいんだって ・・・ イニシャルは✕・✕」

そして、彼ら?彼女たちから「お金と自信を頂きました。」

こんなことから、始まりました。

現在は、世界26か国の方にお届けしています。(日本では、来客の方にのみ販売しています。)・・・以前書いたよね???

そうそう、実は情けないことに、11月まで100% パーフェクト 評価を頂いていたのですが ・・・

1人のアメリカの方よりクレームが付きました。

POP UP 絵葉書をお求め頂いた方から法律事務所の名前と住所付きで「臭いがする、かび臭い・・・」とメールがありました。

「臭い?カビ?カビが付いてるのですか?」「付いてはない。臭うんだよ」と激怒の文面?

「出荷時には、チェックしていますので、私どもでは何ともしようがないですね。基本的にアート作品につき、

説明文中にも書いている様に、返品不可ですから。勿論、私共に過失があれば、謝罪し返金等対処いたしますが・・・」

仕様がないので、「オークション サイトのクレーム係」に相談。

「早く、商品を送り返してもらい、貴方が確認して、臭いがしなければ、逆にクレームをつける・・・」

えっ~、それって ・・・・・。 「におい」という難しい要素?

「理不尽な要求である」と返事すると「クレーム」に発展。

「クレーム係」は、「期限内に返金して、商品は送り返してもらい、それから・・・」

その様対処するため、購入者に連絡を入れ仰せの通りに返金及び、返送用郵送費の振り込み完了。

そして1か月経過したが未だ返品されず。

「オークション サイトのクレーム係」に再度説明すると、「もうケースは終了しているので、関与出来ない。」

・・・ナニコレ。踏んだり蹴ったり。勉強不足?

日本じゃ考えられないと思いませんか?因みにこれは、アメリカの有名なサイトです。皆様も充分ご注意を・・・ 

これも?国際社会の常識なのでしょうか?

ちょっと嫌な話をしてしまいましたが、こんな感じのクリスマス前の日々。

今年もいい事もあれば、嫌なことも沢山ありました。来年は・・・

Pc027554

                カミさんのツリー良く出来ているでしょう。主

 

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »