« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月14日 (火)

超VIPのGARRET訪問

Fb_11feb2017

雪の降った寒い先週後半でしたね。

そう云う中、先週末、当GARRETに大変なVIP御二人お迎えさせて頂きました。

そうです、前回直立不動で電話対応させて頂いた方々です。

先日は、お名前を出していいのか?良くわからなかったので「超々VIP」の方、とお書きしましたが、

写真も頂き、また「お使いいただいて良いです。」と、お許しを頂きました。

先ず初めに驚いたのは、何とご自分で東名を運転されて来られたのです。

つまり、奥様とドライブ?ですかね。車は、イギリスの誇る名車。車好き?

そして、超お忙しいお二人様は約2時間半滞在され、個人的なお話などもして下さいました。

何と偶然にも共通の知り合いの方が2人(たぶん3人)居まして・・・。

その様な事などが重なり、身分違いを感じながらも、初対面と思わず、厚かましく、お話させて頂けました。

奥様は、すごいキャリアの持ち主で、文化(art)マネジメントをモンパルナスのビジネススクールで、

また美術史をレコール・ド・ルーブルで学ばれたDoctorの学位をお持ちの方です。

そして、元国会議員でもあった lady 否 madam であります。

ご主人様は、これまた 世界最高峰 TIMEの「21世紀を動かす世界の100人」に選ばれた、

日本を代表する衆議院議員、閣僚経験のお方です。

その様な方々と、私のカミさんと4人でですよ…想像できますか???・・・・

信じられますか??? ・・・・ 何の話をしたと思いますか?狂喜乱舞であります。はしたないですネ。

「いったい誰だョ?」物言いが少し下品ですよ。

本日は、暫時少々格調高く各位お願いします。

Fhsama_12feb2017 お写真いただき有難うございました。

確かにそうでしたね。それではカミさんが写してくれた待望の1枚。

そうです。船田元(はじめ)衆議院議員と奥様の畑 恵(ケイ)博士のお2人です。そして、左は私。

「余計な存在だョ」(確かに、認めざるを得ん。)

御二人とも実に気さくな方で、とても名刺の肩書の様なお方とは、思えませんでした。

実にやさしく労りがあり・・・チャーミングな紳士淑女でした。そして、加えて御教養。

凄い。

「イイね。」ついに、私も何の抵抗もなく、お二人の事を自然に「先生」と発していました。

この様な事は、今まで経験がありませんでした。とにかく、とても自然体で魅力的なお二人でした。

こんな御二人をお迎えて、とても光栄であり名誉でした。

超々貴重なプライベートのお休みの数時間をお過ごし頂き、有り難く言葉もありません。

そして、幸運な事に再会をお約束して下さいました。

由緒高きお土産も頂き、重ねて御礼申し上げます。 

 

                           凍りつくような寒い日の燃える様な

                                    出来事に遭遇したカミさんと主。

2017年2月 9日 (木)

Garret 「極めて光栄なり。」

Fragment_of_a_kimono_kosode_with_de


今日は ・・・、雪ですか・・・。

早咲きの桜?も咲きかけているのですが。(風情が無く好きじゃない)

そう云う中、古い友人の御内儀さまから、メールをいただきました。

感想として、幾つかの鋭いご意見を頂き感じ入っております。

何れも「ご尤も」なご指摘で、流石「彼の御内儀」と一人納得。

その内の一つは、私(制作関係者)にはどうしようもない次の問題です。

「UNICEFのCMが番組の途中に入るのが…。振り幅大きすぎますよね。

健康食品のCMくらいにして欲しいです。」 (せめてタモリのユンケル)

鋭いでしょう。確かに・・・

実は、私の家内もUNICEFの趣旨に共感して、なるべく出来る範囲の微?協力を

長い間していました。(今でもダイレクトメールが来ます。) でも、・・・・・

只、やはり専門家がこの番組にはこのスポンサー様が「良いのでは・・・」或いは、「結果的に・・・」

邪推です。分かりません。取り敢えず、制作側の立ち位置からは関知出来ないのです。鋭いでしょう。

流石「極上には・・・極上のオーディエンス」でしょうか?

こんな事を、写真もなく、(いいえ少なく、)長々と書いてるから、・・・

かつて人気を博した、「ツィッター」の様な総理の様に・・・絵文字も使うか??

でもお陰で「大切な多くのモノも失くしたのも事実です。」

実は、難しくてよく分かりません。でも大いに参考にしようと思うのですが・・・彼もこの様に仰っておられました。

「イイじゃないですか、人生色々。違っていいじゃないですか?」 確かに。

P2087728 消火を確認中の主

その様な環境下、大変な方から「是非この度、貴ギャラリーを拝見させて頂きたくご連絡させて頂いた次第です。」・・・

(文面の「丁寧さ」は、少々違いますよね。私共とは・・)

初めは、気の無い何時も通りの返事をしていたのですが ・・・ やがて電話なのに直立不動。「参りました。」

昨年の2月はPARISからの超VIP、今年の2月は、更に超チョウVIPの御来訪。

先回は、フローリングのワックスかけ、銀食器磨き。

(そう云えば先日、「もう少し磨いてほしい」と、鑑定士の田中さんからご注意!)

あの時より更に「超」が1つ多い方。「そうだ、玄関ホールの石床を洗おう!」

こんな感じで大おお掃除。 勿論、フローリングのワックスかけも、銀器も・・・

カミさん曰く「VIPの方、時々来てくれるとイイわ!!!。綺麗になって。」

誰がきれいにするんですか?私でしょう!!!・・・「嗚呼疲れたァァァッ~」

ついでに庭の枯葉や枝を燃そうと、たき火・・・。無風状態だったのが、突風。

これは少々焦りました。(原発事故と同じ想定外) 

なめんなよ自然を!!!  反省。あわや、危機一発。 ホッーー。

それにしても、私の処に来る方は、「名前を出してはいけない」「名乗れない」「来たと云ってはいけない。」・・・ 

こんな方が実に多くて・・・。

                  折角、枯葉で焼き芋でも作ろうと思っていたのに・・・

                      カミさんが「昼飯を作れ!」と・・・たまには、調理人の主

 

 

2017年2月 4日 (土)

「アンティーク ヴィトン コレクターと言って良いかな~?」

お早うございます。

天気が良く、気持ち良い早春です。

気持ち良いのは、天気だけではなく「極上お宝・・・」を見たからです。

Dvdp2047712

ようやく、これで 

『TVに出ましたよ~。「コレクター?のMaeda」と人さまから、紹介されても、良いかな???』 と思える心境になりました。

「極上お宝・・・」の関係者諸氏様全員に改め厚く御礼申し上げます。

特に最後に石坂さんがおっしゃって下さった言葉 「・・・あの方が凄かった。」

身に余る光栄です。

あのハードルの極めて高い石坂さんからの「極上お宝」を賜る事が出来たのです。

人さまから、今まで生涯一度もこの様に言われた事の無い私が・・・

そして、番組の終了と同時に何人かの友人、知人から、「見たよ、これだよね。」「よかったね。」

「随分長かったよね。前の方より時間長かったよね。?」

「久しぶりに、顔みたよ。」「ずいぶん落ち着いていましたね。・・・・・」

勿論、スタジオ収録はもう少し色々な事(2~3時間くらい?)をしたのですが、何しろ放送時間の関係で

「今回はトランクに集中した。」とディレクターの方から、連絡を頂きました。

それにしても、私が感心したのは、説明用の映像の合成や、全体のカメラフレームなど神経が行きわたり、

さすが「極上番組」と思わせてくれたことでした。

皆さん如何でしたか?感想ください。

「えェッ~見てない!!!」そう云う方には、本日頂いた番組出演者用DVDがありますのでので、・・・

「イホ―ーーー」ではありませんから、安心してください。

                      お時間を割いて見て下さった皆様に感謝の主。

2017年2月 1日 (水)

アンティーク LV コレクター 明日 PM 9:00~10:00

少し暖かい春を感じる午後です。「イイね。」

Prunus_ume_michishirube1

そう云うなか、多くの方から「見ますよ~。」と嬉しいお返事。

ご多忙の方も、お時間に余裕のある方も是非ご覧ください。

「えェッ 何見るの?」こういう方の為、再度うるさく申し上げます。

明日2月2日(木)PM 9:00~10:00(私は、後半 9:30分頃から)

石坂浩二さんの「極上お宝サロン」 -ヴィトン コレクター(ヴィコレ)に出させて頂きます。

http://www.bs-j.co.jp/  (予告編です。ちょっとだけョ~矢印を押して行くと視ることが出来ます。

何だか、遥か昔の・・・少し入試の結果を待っているような ・・・・・

でも私の職業は、何時もこの様なプロポーザルをし、アクセプトして頂けるのか否や、

或いは、第3者とのコンペ等でいい結果を頂けるのか否や ・・・

この様な、かなりタイトな世界で生きてきました。(勿論、似たようなことは、色々な方にも当てはまるのでしょうが・・・・・)

自分が選んだ事、何よりスリリングであり、緊張感が ・・・

しかしながら何より、第一、楽しい「物作りの世界」です。

今回、この様な事を、番組の中で「物の世界」を、垣間見て感じて頂ければと思う次第です。

それにしても、話題の「中島何某の鑑定」大変ですね。

あの方たちも大変でしょうが、考えてみれば、鑑定の結果何勝何敗なのでしょうか?

今回と逆のケースも過去にはあったでしょう。つまり、本物なのに偽 ・・・

いいえ、こんなことはなかったと私個人は、固く信じております。

イチローにしても4割弱、名医にしてもあってはならない ・・・

超名画の贋作判断然り ・・・

でもね、実にいい加減な鑑定士と名乗られ、堂々とTV等にも出ている方もおられるとやら ・・・

でも、気楽に横で見るやじ馬にとっては、面白く、今回の件は、正に格好の話題となっているのでしょうね。

私も、色々な意味で更に自戒しなければなりません。

しかしながら、それと共に、歴史(時間的)により、新たな根拠が生まれたり ・・・

もともと、文化的要素が強いので、混沌とはしているのでしょうが ・・・ 「だから面白い。」

数学・物理はコンピュータがかなり役割を持つでしょうが、文科系は、よほどA・Iが進まなければと思っていたのですが、

今世紀半ばには、どうやら ・・・ さてどうなるのでしょう。 

 その時代は、既に関係のない主

それにしても、前回のGARRETの Facebook のタイトル! 

「下品ですねー」「お前にちょうど合ってるよ ‼‼‼」「それは正解です。」

 

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »