« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月28日 (金)

遠路の客人、Madam M・S。 

P2197903

もう古い話になりますが、いつも忘れて書けなかったのです・・・、

FRANCEにお送りした新製品のPOP-UP カード「イイね」と評価を頂けたようです。

と云うのもフランス語なので、良く解らず翻訳コンニャクで・・・

「envoi rapide et bien protégé, contenu conforme, parfait」こんな感じでした。

6495   6502

さて先日、雪国の方が、新幹線を乗り継ぎ小田原からタクシーで御出で下さったお話です。(勿論、掲載の許諾)

昨年一度来館をご希望されたのですが、遠路(外国から来ていただいた方も有りますが・・・)から、

しかも女性の方らしいので何となく再考?していただきたい旨をお伝えいたしました。

なぜなら、私は何よりも信用を一番大切にしたく、細々と・・・その上貴重なお時間と費用がかかる・・・(私は、貧乏症)。

そして、今月初旬 改めて

「クラフト教室希望」職人になって、RENAULTで家に帰り、テーブルワインで・・・

こんなご希望のようでしたので、

私も今度は「ぜひ、おいで下さい。喜んで大歓迎」真に共有価値観のmanifico仲間。「イイね」!

そして、お好みの???安ワインをご用意いたしました。

ところが、この方はお土産御持参、しかも、あの有名「シャンペン」(発砲WINEではないのですョ、諸氏)

そして、地元の高級名菓「ジャパニーズ トラディショナル ガレット」大好物。恐縮。

(貴方様は職人ではなくブルジョワ?マダム・・・カメラは、憧れのライカ!!!)

恐れ多い事に、入場料(クラフト付き)¥2,350-を数倍上回るお土産!!

そう云えば、先日の方も「フランスの超高級マカロン」(友達が作っている-実に高級を感じる美味でした。

France製とは思えない美味しさ?)それと、高級宇治茶(大好き)。

何か、そう云えば来客の殆どの方が、お土産を下さる。???変ですよね?不思議です。でも有難い。

大歓迎。そして、帰られてから、お礼メールを頂いております。(今回も私は後出し・・・申し訳ありません。)本当にありがたい。

お話もお伺いしたら、一般公開されないアニエールに3度も訪問された由。

参ったなァ~。勿論、トランク職人の腕前は 「トレトレトレ・ボン・ボン」(別にお土産は関係ない。

6501  Ppcards_6514

でも頂くの大好きです。お忘れなく皆さま!!!!!!アッハッハッハ。) 

そして、以前は、VUITTONの情報も発信していたそうです。納得ガッテン!。

私自身も、とても貴重な体験をし、お教えいただきました。

今後も何卒よろしくお願いいたしました。

そしてお土産に、ペーパークラフトトランクのシート、CD等を沢山お求め頂きました。商売大繁盛。

翌朝早速メールを頂きました。

おはようございます。
昨日は本当に素晴らしい1日を
過ごさせていただき、お礼申し上げます。

これまでのコレクションのご苦労や
クラフトワークの数々を思いますと
1日で体験してしまうことに恐れ多さを感じています。
何よりご夫妻のおもてなしに
感動の余韻が大きすぎる朝です。

取り急ぎお礼申し上げます。

マダム S・M

翌々日再度この様な光栄なメールを頂きました。

私の方こそ改めて御礼申し上げます。
自分のことをルイヴィトンマニアではない。
でもルイヴィトンは好き。この同一性障害のような違和感を今回解明できた思いです。

銀座松屋のルイヴィトンでは私の感動は売っていないのです。

アニエールであり、ガレットに行った感動は
真摯にものづくりをしていたころのルイヴィトンを魅力に感じるのだと。

今回は長時間になってしまって
前田様の所有の書籍を見せていただく時間がありませんでしたが
(ほんとうはとても見せて頂きたかったのですが)
また改めてご訪問のお許しをいただけたら嬉しく存じます。

ぜひ、又、お訪ね下さい。

何時でもお待ちしています。 有難うございました。

私も良い1日になりました。

                  最高のシーズンに遠来の最高の客人来る。最高の主

2017年4月23日 (日)

アンティーク ミニ L.VUITTON トランク職人

Blog_april2017


桜も終わり、いよいよ黄金週間。

先週は、高校時代の友人3人で根津で逢引き?密会?と云うのも昨年4人で会おうと計画したのですが・・・

と云う事で、取りあえず3人で「ビール」。K・U さん、2人に事情を説明いたしました。

そのまんま専務、そのまんま野球部CP、そのまんま私の3人。

本当に back to the time 何だかな~。専務(YACHT部の同輩)曰く、「基本、あの頃と同じで、安心した。」

どういう意味??でも安心!同意! とにかく最高の一日でした。

由緒ある古い建物での昼食、そして、5人以上の団体禁止の洒落た蕎麦屋。

文句の付けようがない。情報を頂いた I・K さん、他有難う。

Img_4546_blog_2 Hantei_blog ご親切な通行下町美人。シャッター有難う。

そして、2回目のクラフト教室に来て下さった、ブラバスのカップル。

食事を共にし、午後から 2回目のトランク職人。前回は、☆1つと2つにチャレンジ。

お二人とも日頃からプラモデルや小さいモノ?を作っているとの事で、難なくクリアー。お見事。

先回お土産にお持ち帰りくださった、スティーマーバッグ(1か所間違い)丸形ハットも見事完成。

・・・より完成度を上げるマル秘テクを伝授。(「お主出来るな」)

P4227980_blog  ご本人は間違いの為、どうしても写りたくないとの事。高級マカロンと超高級宇治茶有難うございます。

そこで、御二人は一挙上級者用の☆4個に挑戦。こちらも、本当に上手。(勿論、私の方が少し上かな?)

ブラ・オーナー(下着ではありません。)は、「出来は120点」との自己評価。

確かに!!!すかさず「その20点は、私の指導力」一堂笑い。

そして最後に、沢山シートをお求めくださいました。有難うございました。

翌日、早々、ブラ・オーナー様より「モノづくりって楽しいですね。」と、嬉しいメールをいただきました。

P4227986blog  完成品とオリジナルといい顔のお二人。

こんな感じのほぼ1日。そしてお帰り。

でも、ブラバスも大したことが無い事を聞きました。前回、帰路東京まで3時間。「何だ、軽トラより遅いですね。」

こんな感じの物作り大好きなお二人様でした。

また宜しくお願いします。

そして来週、新幹線2本乗り継いで来て下さる方も、トランク職人希望。

本当にうれしい限りです。

                        安心していられない。更に精進、NOブラ主

2017年4月 9日 (日)

粋な「ノンアル-コル花見」

先ず初めに KAYO さん 有難うございました。

破廉恥、厚顔無恥、傍若無人の私ですが、お恥ずかしい限りです。

実は、この番組は貴方様が、「あれじゃ、短すぎて・・・」という事だったので、私も恥を捨て・・・ 

貴方様も共同責任者ですからね。ご承知おき下さいませ。

それから、番組でお世話頂いた石坂様 「有難うございました。

この度の個人的お願い事をお聞き下さり、改めて感謝申し上げます。」

Blog_4057979_2

さて、先週アルコール無しの花見をしました。

正確には、私とカミさんは軽く1ッ杯。

その他、何時もの御三人さまは、紳士?ですので順法精神が高い方々です。

つまりは、3人はドライバーで私とカミさんはガイド付き後部席。「いいね!」

そして、我が町?でのドライブ。恥ずかしながら随分長く居住しているのに、

こんなところが有ったのかと思う、モッタリ時空の晴天日。

Blog_0601

日本の原風景???。

「美しい。本当に美しい。」(幕末か明治初期に TIME SLIT 願望症の主)

そして、五分咲き桜。(せっかくおにぎり用意したの、持ってくればよかったと、後悔。) 

実に清々しいく、素晴らしい丘の上での大視野見物。

Blog_0077

何より良いのは、殆ど人がいなく、お店も自販機も、電柱も広告もない。

私は、皇居周りの桜や四谷近辺のイメージだったのですが、・・・新発見です。

中には山中の農道に面した1本だけある「さほど大きくない枝垂れ桜」。

そうです。何だか私たちの為の一本の桜と思えた若木。

Blog_0083

そんな気がしてメンバー全員に「来年もここに来よう。」宣誓。

ですから、誰も不参加は許されません。たとえ死んでも。

実に豊かで満足致しました。贅沢でした。

気心の知れた友と、他愛もないジャレ事を言い合い・・・。

そして帰宅、かの方より郵便があり開封。否、開封させて頂きました。(敬語)

「何?これ?」日本を代表する知識人の講演会とパーティーのご招待券。

本来、有料(超高額―私めには)らしいのですが、御招待との事。(私を、正しく理解して下さっているのでしょう?)

会場もとても由緒ある古いお屋敷との事。(歴史的建造物認定)

参加者はとても日本を代表する高名な方々です。(芸能界は無縁)

確かに超魅力的ではありますが、余りにも「身分違いのお誘い・・・」参りました。

「行くべきか?行かざるか?それが問題だ!!!」答えは?「多分・・・」

こんな感じの桜満開の雨の週末です。

                    素面花見でロマンチスト?を再発見の主。

 

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »