« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月23日 (金)

Let’s make アンティーク ミニ トランク 

さて、前回お話させて頂いた事案を、謹んで明快にご報告いたします。

既に、メールなどでもお知らせさせて頂き、ご承知の方も居られるかもしれませんが、何卒よろしくお願いいたします。

その前に、先日まとめ買いして下さったTOKYOの方から、定形外でお送りしたのですが無事着いたとメールを頂きました。

(壊れやすいの心配していたのですが、流石日本郵便ですね。「イイね!!!」そして、メールにて、

「無事に昨夜届きました。並べてみるとユニークで西洋アンティークのコレクションケースに並べて楽しいものです。

この度は迅速な対応ありがとうございまた。」

何!西洋アンティーク ケース?何が入っているのでしょうかね?

もしかして?ガレ?それともアンティーク ショーメ?そんな横に?並んだ?

勝手に想像するのは、憲法に保障されている基本的人権です。

「どうですか?」この私の、上から目線?私も何だか?自満できそうです・・・。アッ八ッハは~~~

有難うございました。嬉しいです。そうそう、東京の方でしたね。

ぜひ、下記の講習会?イヴェント?出張ワーキングSHOP?にお出で下さい。私がどのように作っているか一目瞭然です。

Ht4403

作って頂くのは石坂さんのTVで、登場した、100年前のL.Ⅴヌメ革仕様のコスメトランクです。

それでは、ご覧ください。

Papercraft_niconico  Htaddress

 

そもそもの、経過を説明いたします。

2008年、Y150横浜にての、横浜日仏学院共催、横浜市芸術文化財団協力(私)GARRETミュージアム展に始まり、

光栄にも有名人や船田元、畑恵ご夫妻様他の方々をお迎えすると共に、当館オリジナルGOODSの販売も、

Youtubeや海外サイトで欧米を中心に26カ国に至りました。

(2017年5月現在ー購入者は99%外国の方で、中には驚く様な方も居られ100%の高評価を得ています。)

 

そのような中、ミニチュアモデルとアートに精通する、石坂浩二さんのTV「極上お宝サロン」(本年2月)にて絶賛頂いた

「アンティークミニチュアトランク 12分の1ペーパークラフト」は、当初、当館内説明用模型とし制作したものを更に発展させ、

私が一ツ一つ大切に製作して参りました。

来館者の方の中には、「カワイイ!!!」と共に「是非、私も作りたい」との体験希望の方も居られ、現在は、「クラフト教室」として

体験参加していただいております。なぜなら「物作り」は、面白いからです。

そして此の度、旧知の加藤ゑみ子女史のディレクション、NPOにこにこソサエティー様のプロデュースにより、
初めて、当館外の「クラフト教室」を開催させて頂けることになりました。
ぜひ、当時の、100年前の職人気分になって「『その時』の世界でたった1つの your own トランク」を作ってみませんか!
 
 
この様な催しをご用意くださった加藤様、ニコニコソサエティー様、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。
尚、お申込は上記ご案内書に宜しくお願い申し上げます。(ご質問などはニコニコソサエティー事務局まで。)
 
 

以前江東区に居た一時は、多くの方が参加希望して下さっていたのですが、残念ながら、実現が出来ませんでした。

今回は私自身も大いに期待し、楽しく出来ると思います。 

それでは、7月29日(土)代官山 HILLSIDE でお会いいたしましょう。

 

                   

                             直観的なポジティブシンキングで是非考えたい主。

 

2017年6月18日 (日)

梅雨空の下での「アート世間話」

梅雨らしくない初夏晴れの一日でした。

さて、先日、もう40年以上古いお付き合いをさせて頂いている方を、お訪ねいたしました。

そうですね、「ちょっと話を聞いて頂けないか?」そんな感じに気安く安易にアポをいただき・・・・。

実は、その方は私のSNSを見て下さっている様なので、ほぼ私のくだらない活動は、把握している様ですが、

改めて時系列を踏まえ、固有名詞を出し、明瞭に正確に現状と少々の希望的楽観将来をお話いたしました。

「そうね、私にできる事は、来月29日の ・・・ 、そこで、一回やってみる?」

そして、概略説明を受け、「では、お願いいたします。」こんな感じの即断決。

次への step up の快諾。

真に有難うございます。その方は、私の製作品(作品?)をアートと云う視線でも、ご意見を下さいました。

以前にもご購入者の方から恥ずかしくも「アー ティスト」と賞賛いただいた事も何度かあります。

又、あるギャラリーオーナーの方から、「アートとして作品の個展」のお誘いをいただき、

恐れ多くも幸運に10点弱?ご購入いただきました。

(Kさん、その節は、大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。)

しかし、私は、アートと云うのは即ち「ピュア―アート」であり、しかもその中には明確にイデオロギーが存在し、

時代的整合(必然)があり、論理的であり、普遍的そして固有性あり ・・・・ 

そして、アーティストとは、ある意味アスリートなのです。

したがって、アーティストの定義とは?諸氏如何に・・・。

そもそも、革命の歴史の無い(クーデター2回・・・大化の改新と明治)「水に流す」大器で、

平穏な民族にアートは、存在しないのではないでしょうか?

いいえ、しかしながら確かに「アートごっこ?」は上手なのかもしれませんが?・・・

なぜなら、「器用」だからです。「上手」なのです。

しかし、「器用」と「上手」は、アートとはあまり関係があるとは思えません。

(これは、音楽の世界では本質論となるのですが・・・、何故なら音楽は数学だからです。)

確かに、卓越した技法はアートの領域の一部に属すのかもしれませんが・・・

お教えくださいませ。難しいですね。多少の興味と知識がある分野ですがね。

何故なら、そこにサスペンスの様なスリルを感じる事が出来るから?かな?

そして、私はただただ私自身は「クリエイター」でありたいと願っています。

話は戻ります。

思えば3年位で出来るかなと思っていた事が、約3倍を費やしてしまいました。

でも、SNSを見て下さっている多くの方等のご支援を頂き、またお訪ね下さり、又、お求めくださり・・・、

そして、今回の様に有り難く温かいチャンスを作って下さる方・・・本当に幸いです。

「ちょっと、何を言っているのか?相変わらずわからないよ。もう少しはっきりしろヨ!」

 「今しばらくお持ちください。次回は、固有名詞付きで、具体的 時系列で明記いたします。

その際は是非皆様もご協力をお願いいたします。今暫らく・・・」

そう云う中、新たな方がまとめ買いして下さいました。

嬉しい事に今度の方は、正真正銘、東京の日本人の方でした。

組み合わせなど、少しご提案して ・・・

(以前 Paris、クニアンクールのL.VとHERMESのアンティーク専門店の方に購入して頂いた組み合わせを参考に)

4411

                 こんな感じです。

                     恐らくこんな設えで100年前は旅をしたのでしょう。   主

2017年6月 5日 (月)

「ド晴れのち曇り」気分の午後のトランク四方山。

昨日、若い御二人の方が東京からお訪ね下さいました。感謝!!!

 Ms_sama      Paris_map_220C.初め頃のパリ。

御二人は、共に有名高級鞄(ランドセル)等を製造販売されているメーカーの方で、

個人的にトランクも作られたそうです。(写真を見せてもらいました。素晴らしい出来に感心!!!。)

ガルニエの近くにあるランセルは、ランドセル(オランダ語?)に由来という事を聞いた事あるのですが、真実は如何に?

  Firenze_toscana_italy_2 フィレンツェ(wikiから)

この方は、先日パリとフィレンツェに行かれたとの事、話はとても盛り上がりました。

そして、帰り際「パリの訪問先より、良かった。」???と冗談にしか取りようの無い嬉しい言葉を頂きました。

という事は、少なくとも「東京から来て、時間の無駄ではなかった。」と理解し、私も安堵いたしました。 

また、私の MINI TRUNK に共感して頂き「是非作りたい。」との事でしたが、時間が5時を回っていたので、お送りする事になりました。

男子はグラフィックを美大で学び社会実務、その後私と同じ様に「手と体を使い物を作りたくなり・・・」、現職に就かれ様です。

嬉しいィ!!!きっと良いものを作ってくれるのでしょう。私のミニトラもね???

なぜなら、彼らは物作りが好きなのです。

Ppmodel_04june2017

こんな感じの丸半日の午後でした。

そして、お帰りになられて、早々のメールを頂きました。

本日はお忙しい中、大変貴重なお時間と暖かいお心遣いありがとうございました。

私にとって大変興味深い内容ばかりで、また改めてお邪魔したくなる程に、充実した時間を過ごせました。

このご縁を大切にしていきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

と嬉しい言葉。こちらこそよろしくお願いいたします。

しかし、この日は車が壊れるのを始め幾つかのトラブルが発生しました。

一番困ったのは、新しいカメラが上手く使えなかったこと。

今のカメラは、携帯の様に世界標準?ガラパ?していて、コンピュータ遊びの

様で・・・。

まァ、早く完全パーソナル A I 化 されたツールが私の生きている間に登場

してほしいです。

つまり、私がクラウド上に存在していて、そこにアクセスすると、ハードの中に

移植され、指紋認識?瞳孔?で私の分身(私の感情を理解出来る)になるのです。

それまでは、日々イライラの日常が続き・・・。

この様なとても嬉しくもまた・・・一日でした。

それから、本日アポを頂いていた先生、本当に申し訳ありません。

改めてお願いいたします。

アアッ、御二人様、お土産有難う。超美味しいコーヒーゼリー!

お気使い恐縮です。好物です。早速頂きました。

                              いい出会いが出来た午後の主

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »