« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月21日 (火)

L.V ミニチュア トランク 第3回ワークショップ

暑かったり、秋の様になったり・・・

7022

さて、第3回ワークショップを開催いたします。(正式発表)

今回は、プチ贅沢&プチゴージャス?に、100年前のタイタニック等のゴージャスな船旅に相応しく

最もVUITTONのシンボルと云っても過言ではない、ヒストリックモデル「ワードローブとスティーマーバッグ」の黄金ペアーです。

確かに、私共GARRETでも最も人気のあるミニチュアモデルです。

正直多少、難しい☆4ツですが、今まで過去2回の☆3ツでも皆さん問題ないと、云うより、物足りない様な感じでした。

何しろ、「皆で作れば、青信号」その上、免許皆伝のインストラクション。 問題なし。

Megro_6708

その上、飾りステージ(オリンピック号【タイタニック号姉妹船】1st デッキ仕様-A4サイズ×15cm奥行き)を全員にプレゼント。

勿論、多少時間がかかりますので、朝から夕方まで「本気の職人気合い」の、丸まる1日。

そして、完成後 100年前のオリジナルトランクとスティーマバッグの前で記念写真。

Omote   Ura

その代わり、ワインと陶磁器には拘りのギャラリー オーナー アレンジ、「今回のテーマに相応しい」ランチとティーブレイク。

(私も期待大です。)

こんな感じですネ。それから、YOUTUBE HOW TO MAKE で、ワードローブを既にご覧頂いたかもしれませんが、

ペアーのスティーマーバッグも UP しました。是非見て下さい。

Hyoushijpg   https://youtu.be/H5f_TJARbic

日時  来月、9月15日(土) AM 10:00(受付 AM 9:45)~PM 5:15

受講費 ¥8,800円 (ランチ・ティーブレイク付き)

場所  JR 目黒駅 西口 徒歩2~3分 渋谷方面 

     ギャラリー ランクスアイ 東急ストアー 801

Photo_2   Pap_0054

申し込み&締め切り 

メールにて御申込み下さい。 muse_garret@nifty.com

                                  ガレット 前田 TEL 090 6191 3005 

締め切り 9月12日(水)

       作品なども展示販売いたします。

以上、詳しい資料をご請求ください。(メールにてお願いいたします。)

http://mgt-ppc.cocolog-nifty.com/workshop/  にてもご案内しています。

 

2018年8月 7日 (火)

VUITTONミニトランク 第3回 ワークショップ 9月15日(土)

「暑いですね。」と書くより「熱いですね。」と書きますネ。

そう云う中、先週末は2大都市を一気にレンチャンしました。 

真に、凄腕営業マン?の様なのかな?

「なぜ?」久しぶりの友人との世間話 ・・・ 確かにそれも2件あり。

いいえ、お求め頂いたお品?作品?をお届けしたり、

「マグロの様に休むことなく大海を泳がれている」多忙な方からアポを頂き面談して頂きました。

久しぶりでした。この様な感じは・・・何しろこちら「クラゲの様な ・・・ 」チョット意味シンでしょう ・・・。

Tokyo_station_from_marunouchi_oazo2 東京駅     Yokohamadollhouse1986open ミニチュア・モデルとも縁が深い横浜人形の家

前に戻ります。

納品(残念ながら可能な範囲内で)に関しては、こちら様もお目出たい事で大変お忙しい方との面談でした。

場所は予てより一度 TEA を是非所望したかった TOKYO STATION HOTELで、

ご紹介者のⅯ さんを交えた。両手に ・・・ 何とか?状態で少々緊張気味で開梱作業開始。

第一声 「kawai~i、スゴ~ィ。写真とは違うね!」

全部開梱終えて、記念 SHOTS。

そして「大満足です。」このお声を頂き「ホ~ッ」と、なりました。

ご紹介者のⅯ さんにもご迷惑かけることなく・・・有り難い。

(改めて御礼。暑い中、長時間に渡りお付き合い ・・・ 恐縮至極。)

そして、さらに高価品等の追加ご依頼。

「こちらは、急いでいません。12月?年内に ・・・ 」重ねて有難うございました。

しかし、作業に没頭のあまり薄い高級カップを唇に運んだ時には、冷茶になっていましたが、しかしそこはそれ ・・・

やはり、ENGLISH TEA を充分感じることが出来ました。

そうそう、もう一つの大都会では、「パンニーノ」を頼んだのに「トースティ」が、出てきたり ・・・

フレンチで「カフェオレ」ではなく「カフェ ラテ」が出てきたり ・・

私達、物つくり人間の受けた古い教育では「大変な事になります。」

なぜなら、仕事柄 「上手(カミテ)の仕事なので ・・・

例えば、パンフやカタログなど作ると「訂正」が容易には効かないのです。

(モノ作り社会は、「責任」と云う重さを常に伴う社会なのです。)

従って、近年は元総理の様な、短く、且つ、言い切り型が大流行です。

特に TV 業界(時間の問題?)ではネ。確かに見る方も メンドクサイ。

でも、これってとても危険ですよね。無責任?危険ですよね。

「より、分かりやすく、丁寧に、具体的に ・・・」

だから TV では、お笑い系やバラエティーになるのでしょうね。

罪がない番組?いいえ罪作りの番組になると思うのですが ・・・

(ディレクター氏曰く、砂糖でコーティングした薬になれば ・・・ 流石お目出たい名ディレクター弁??

石坂さん、何時までもお励みください。カミさんと応援しています。)

そう云うお前は「天邪鬼大罪作り人」確かにそうかもしれません。

B_lady_6630  Ebay_4416_yahoo Ebay_5627   Ebay_5628  Ebay_5736

そして、先日「評価 100% 自慢なのかョ???そんなに珍しくもないのに・・・」

「そうですね、確かに珍しくは、ありませんよね。

でもネェ、私が、否、正確にはカミさんと2人で考え、時間をかけ全てを手作りしたモノ(紙作品)が

何百?人もの方(主に海外の方も)、しかも、そんなに安いものでもなく、運賃、税金を別途払いし・・・

以上が私の言いたい事です。「僭越、横柄、傲慢、自己中 ・・・」

確かに、自分でも感じる点がありますが、とにかく嬉しいのです。

そうです。今あなた様がお言いになったそのお言葉「モノつくりバカ」。

お褒め頂き、その言葉こそワタシの勲章です。自慢です。

(私以上の実に「尊敬すべき馬鹿」と呼んでも過言ではない多くの方々とも、御会いさせて頂いています。)

この様な異常な熱さの為、半無意識中での記述ですの、読者諸氏のご意向と違えば

「暑さの為の老人による暴言」と平にお許しくださいませ。

Ppcards6514

終わりに、次回 ワークショップの概要が煮詰まりつつあります。

取り敢えず、日時は9月15日 午前から夕刻 ほぼ丸1日です。

TOKYOです。詳細は今しばらくお待ちください。

乞うご期待ください。それでは、9月15日(土)お会いしましょう。

                    ますます熱く自己中になるなる田舎主

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »