« ブラックスーツでデリバリー(サンタは赤いスーツ) | トップページ | 2019 新春初夢 »

2018年12月22日 (土)

多くの方に「カラミニの楽しさ」をデリバリー

Card_7628_b_2    来年も楽しさをお届けしたく思っております。今年以上に宜しくお願いします。感謝!!!


暫らくお正月?の様な穏やかな晴天でしたが、今日は・・・

さて、私は今年を振り返ると、老人にしてはかなり多忙な1年でありました。

一言で云えば、「幸運な年」と言えましょう。

多くの方と、新たな信頼を交える事が出来ました。

関係諸氏の皆さま、本当に有難うございました。重ねて御礼申し上げます。

Card7554_2

(勿論、本年は余り幸運では無かった方も多く居られますが・・・御同情)

例えば、新たに始めたインスタは、I ・T(お人形のオーナー)さんの一言、「インスタ映えしますョ」

「それでは、カミさんに頼みます。」こんな始まりです。

お陰様で、フォロワーの方もあっと言う間に百数十人。有り難い。

現在、インスタでは画像、facebook 文章でお伝えしています。

只、SNS 疲れ?(加えて老人)、若い方のように speedy にはいかない時もありますが、

カミさんの賢明な努力もあり鋭意進行中であります。

特に、インスタでの皆さんのお返事も、楽しく拝見しております。

この季節のコレクション・アイテムから B_1925dec_2 hermes 1925 広告  F_dec1929_p_2 vogue 1929 表紙

そう云う中で、ミニチュア関係の方がフォローして下さり、嬉しく、クリエイター仲間の

共通する価値観なども少しずつ見出せ、徐々に深くなってきました。

只、同時に相違点などもより認識する様になってきました。

その相違点とは?

多くのミニチュアアーティスト?の方は基本的には、一品を時間を掛け丁寧に作り、

ドラマとして完成させるのです。(インスタアート?とは真逆の世界=究極ヒューマンスローアートの世界)

つまり、その方自身の作者としての存在なのです。これが、崇高なのです。

クリスマスの宵に La_gazette_du_bon_ton_1914_charle_2 la gazette du bon ton 1914 1911_worth_2 la gazette du bon ton 1911/フランスのファッション・マガジン

片や、私のアクティビティーは、「私が作る事が出来ても、他の方が私と同じ様に作れるか?『作れなければ意味が無い。』」

この点が私の課題なのです。テーマなのです。

そして、その方達の創意や工夫を付加して頂き完成し「世界で唯一の完品」になるのです。

つまり、これら一連の行為を私は、恥ずかしながら「アートではないかナァ~」と思う次第です。

思えば、半世紀以上前から前衛アートとして、参加型アート(小野洋子とジョンレノン)

パフォーマンス、今で云うインスタレーションかな?。

(私は、平民言葉で「カラ作り(カラミニ)」と名付けしました。)・・・

7631_b_3 左が最新モデル、右は先日のワークショップのモデルです。

そうですね、又、何方さまからか「偉そうに・・・」と云われるかもしれませんが、別に大した事ではなく、

盆踊りの会場を設定するのが、「私の仕事」と、ご理解下されば良いのです。

イイエ、むしろ、私はその様な権威的な・・・

「そこが、お前の・・・」「僭越でした、平にご容赦くださいませ。」

この様な、SM自虐年にならない様、自身のブレーンも含め身体共に健康的な新年になる事に邁進いたします。

何を言っているのか?本人にもわからない今年のレヴィューでした。

皆様はいかがでしたか?ネ。

                      そう云えば ”LET IT BE” の開き直り主

« ブラックスーツでデリバリー(サンタは赤いスーツ) | トップページ | 2019 新春初夢 »

コメント

韮澤か?前田!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多くの方に「カラミニの楽しさ」をデリバリー:

« ブラックスーツでデリバリー(サンタは赤いスーツ) | トップページ | 2019 新春初夢 »