« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月28日 (木)

至福の白昼春眠

ご無沙汰してしまいましたね。

その間、桜も満開?

実は色々多忙でして、その上、カミさんが暫く東京に・・・

 

Sf-0489 8階入り口   Silvania-family-22march2019 入ってすぐの展示   

Sf-0482 ドール・ハウス協会ご協力の 写真撮影 O.K のコーナー。

そうそう、松屋にて、シルバニア・ファミリー展を見学いたしました。(会長さん、ticket 有難うございました。)

何人かの知り合いの方々(大御所)の展示作品も、見学いたしました。(日頃お世話頂いております。)

 

その中の御一人の方?先生?からの自動車の特注品を製作していましたが、ようやく完成し ・・・ 一安心。

(写真でご納得頂けて)Ⅿさんご紹介有難うございます。

あなたさまとNさまのご依頼の件、今少し?否、かなり遅れていますが、現在鋭意製作中です。今週中には完成予定です。

申し訳ありません。この場をお借りしてお許しください。

K626_requiem_mozart-1791 1756jan27-1791-wolfgang-amadeus-mozart  

また、久しぶりに海外(SWISS)の方からご注文いただいたり、又、その他・・・

そうそう、隣の国、ウィーンで知り合いの若者が、レクイエム(モチ、モーツアルトの)のコンチェルトに・・・

何ということでしょう!!!この世の中に存在する数少ない、あの完全無欠の・・・

私のもはや叶わぬ夢は、バイロイトとレクイエム(合唱付きです) ・・・

何しろシューベルトが自分が死んだとき、自分のレクイエムではなく、・・・ 遺言していたのだとか?

1797jan311828-franz_schubert_by_wilhelm_  Schubert_durch_die_brille_29

何という、羨ましさでしょう。この若い人は、既に叶えてしまったの?

「喜ぶべきか?それとも羨むべきか?」それが問題だ!!!つい私にも「もっと光を・・・」と私は無節操にも願う・・・

この様なぬるい精神構造のホンワリ?している春真っただ中のお昼前。

(私見 - コンサートホールは、美術館とは違い、何か?神秘的?で荘厳さを感じるのは、なぜなのでしょうかね?

聴覚は、ビジュアル感や触感とは異なり嗅覚に類するのでしょうね???真に脳宇宙の世界だからなのでしょうね?

多分、美意識に於いて、3次元的世界と4次元的世界観???の違いなのかナァ???

メカ的皮膚感覚ではなく超電気的?スピリチュアル?な・・・上手く表現できませんので、以上とします。

それに比べ私はまだ訓練不足か visual の世界では、・・・ しいて申せば盆栽の世界は?・・・)

 

Schonbrunn-gartenfassade-175861 Kaiserliches-lustschloss-schonbrunn1758 1850 -60年頃のシェーンブルン宮殿

またまた、「何を云いたいのか解らない」。

確かに。わかる方には、解り、わからない方には、解らないですね。

でも私は、かように・・・・・

 

 

                                   

                             youtubeでカラヤン先生のレクイエム・・・

                                        途中で至福の白昼春眠主

 

 

 

2019年3月 8日 (金)

ご招待券のお知らせ。

Dh_8136jpg

ご招待券をドールハウス協会会長さまからいただきました。欲しい方は早めにご連絡下さい。

メール・アドレス   muse_garret@nifty.com

箱根ドール・ハウス美術館 相澤先生の「あの日、思い出のドールハウス」 
            1月25日(金)~6月9日(日)
            入館料2割引き券 x 1枚、   ご招待券 x 2枚 

松屋銀座 8階イベントスクエア シルバニアファミリー展
            3月13日(水)~25日(日)
            招待券 x 5

2019年3月 2日 (土)

平日W・S後半開催 御礼

27日(水)の初、平日W・S満席開催御礼申し上げます。

W・Sを始めて1年半近くたちますが、初めての平日開催でした。

8081  8084  (女子憧れのノエカフェ様外観)

当初、私は主催者であるノエさんからのご要望をお伺いし「大丈夫ですかネ?平日は、来ていただけますかネ?」

「大丈夫です。平日にしか来られない方も居られます。前回も、そのような問い合わせもありました。

又、1回目は告知とほぼ同時に満席。定員オーバーとなりましたから・・・」

「了解いたしました。」

こんな感じの打ち合わせから、コンテンツを決め実現いたしました。

結果は、大成功。「思うよりスルガ先?」真にこの様な感じです。

(イタリア式? コモンクエ ファチャモ?

そう云えば彼女は情熱の?イイエ、ミケランジェロの様な熱い人?クリエイターですものね。)

遠くは、群馬、茨木、横浜からの熱烈なミニチュアリスト。

8089  8099  8102  8105

そして、2回目のL・Ⅴマニアの母娘様は、手を怪我されて使えない状態なのに参加して下さいました。

恐縮です。本当に有難い。

又、お昼の件、通知確認に不備、本当に申し訳ございませんでした。反省しております・・・。(私の責任です。)

そして、別の方からは「前から来たかったのですが、やっと実現しました。」ウレシイネ。本当に皆さん有難うございました。

更に、もう4?5年前になるかナァ?東京でお訪ね下さった下町の江戸指物師の方(男性)が挑戦して下さいました。

なかなか木品加工と違い・・・この様な本当の職人技の方に・・・如何だったでしょう?

私は、とてもとてとても嬉しいですね。「イイね!!!!!」

私の事を、憶えていて下さったのですね。涙ですね。

欲を申せば、男性ももっと来てほしいですね。おもしろいですよ。

そういえば、LOUIS VUITTON も木工さんでしたね。

また、戦争(第二次大戦)直後は一時的に家具を作っていましたね。

そう云えば私も・・・職人ではなかったのですが・・・開発担当を・・・

今回は今までよりかなり若年の方が参加して下さいました。

やはり平日と云う事なのでしょうかネ?

しかしながら、毎回感心するのですが、皆さん本当に御上手です。

☆4ッ(蓋が開くインテリア付き)の上級者コースを難なく制覇。

星の数を考え直そうかな?

0461

その上、お土産に上級コースのシートを、お買い上げ。

「これかなり難しですよ?」「イイです。作りたい。これ下さい。」

「解らなければ、サポートしますからね・・・出来たら写真下さい。」

最後にほぼ全員で、ONE SHOT。

Photo_27feb2019

「楽しかったです。」「ホントに楽しかった。又、来ます。」

「有難うございました。お気をつけてお帰り下さい。」

ノエさんからも、お礼のお言葉と、早くも次回の製作品?のご依頼。

「次回は、皆『これ』を作りたがっています。これを作りましょう。」

「このシリーズは、この他、オペラ座、エトワール、シャンゼリーゼ、等ありますョ・・・。

まァ~応用編で、一つの小さな作品です。」

「それでは、そうしましょう。有難うございました。」「一度、近日中にお伺いいたします。・・・」

帰宅途中、雨が降ってきましたが、予定より早く無事帰還。

N さん、先日「次回は、何を作るのかな?」

こんな感じは如何でしょうか? ご期待ください。

Price_list  (ペーパークラフト シートの最新カタログです。)

皆様、全員の方に、お疲れ様でした。重ねて厚く御礼申し上げます。

                       「志、遠方より来る」主。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »