« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月28日 (土)

良い季節ですね。

寒くもなく、暑くもなく・・・イイね。これから私の周りが一番美しくなる季節です。「イイね!!!」

さて先ず、何時頃から始めたのか既に忘れましたが、(多分1年半?)インスタのフォロワーさんが、昨日で300名になりました。

何時も「イイね」を下さる皆様に改めて感謝申し上げます。

簡単な印象では、ほぼ女性の方が9割以上(確かにその様な世界)、外国のお方もかなり多いようです。

オランダの方や、ラテン・ロシアの方が多いようですね。

私のイメージ、イギリス?ブリテン、ドイツ、スイス・・・の方が多いのかな?と思っていましたが・・・

取りあえずご報告。

 

従ってラグビーのお話は、余り受けない様ですが、私が好きな理由は、最もスマートさ(インテリジェンス?ブレイン?)が求められるからで

す。そして、「NO SIDE」=どちらでもない。 試合が終われば、両者は同志。ですから、サッカーサポターのごときは無いのです。

まさに騎士道?侍精神?いや武士道也。

とりあえず … 我が JAPAN 、予定通り進んでいますね。是非、予選を2位で通過して下さい。

1勝、先ずは一安堵。次は先ずは、難しいですね?。あと3勝???欲しいね

 

Thomas_cook_building_leicester_panels

しかしながら、SHOCK だったのは、あの「トーマスクック」が破産?したこと・・・(今度は、中国ではなくアラブかな?)

「世界初旅行代理店」あの80日間世界一周で有名ですね - 1872年、リバプール→ニューヨーク→サンフランシスコ→日本/横浜→中国→シンガポール→インド→(スエズ運河)→イギリス。。(VUITTON は世界初旅行用品店・・・検証したのかな?)

なるほど、確かに VUITTON は、いち早く VICTORIA 駅前に海外支店の第一号店を出店。

トーマスクックは、19C. 中ごろから営み始め、世紀末には、本格活動した様ですね。

やはり、ポアロの?アガサ?の「オリエント急行殺人事件」、そして「タイタニック」等・・・

私の、テーマは「その時代の旅の姿」です。真にショック・・・

Cooks_timetable_1888_cover1888年

そもそも、若い頃「赤い表紙のトーマスクックの timetable を London で購入しイギリス各地を回り、

MILANO 迄電車で帰った事があります。勿論、カミさんと仲良く???。

その本(ボロボロ本)を UP しようと思ったのですが、どこかにある筈?捨てていないと思いますが・・・

なぜなら、私たちの「お宝」です。

勿論、今では、スマホがあればトーマスクックも不要かナ?

お昼なので「そばを作って!」と、カミさん。蕎麦は私の担当です。

いざ出陣、小休止!!!。

 

Dmtalk    Dm

ご馳走様でした。気分を入れ替え再開です。

そこで、前から申上げていた、気楽で楽しい大人の「その時」の旅の始まった時代を、ある時は、キミマロ風に、思いつくままに「四方山話」

として、ポールポアレ(fashion)から豪華客船、自動車まで、ミニチュア・動画等でお話しさせていただく予定です。

幾つかのオリジナル L.V トランクも少々。

勿論、全てを FIX した訳はなく、まだ、基本主旨をお伝えする段階です。もし皆様のご意見、お知恵をいただけましたなら、なお幸いです。

Cini-27sept2019jpg TEMPI MODERNI から       

話は再び変わります。

OB会の資料を探していたのですが、見つからず、代わりに私の MILANO 時代の親分の写真が出てきました。

名前は、CINI BOERI 敬称は DOTT, ARCHITETTO MOLTO GENTE SIGNORA CINI BOERIです。

(男性を表す名前?の様ですが、今はやりのニューハーフではありませんョ~。)日本のTVにも出演あり。

美人で物静かな建築家、その上 AD15C. の Veneziaと Firenze で勢力を極めた名門華麗なる一族の末裔デス。

お父さんは MILANO の銀行家。凄いでしょう。

特に、いかなる時の立ち居振る舞いと、姿勢の良さ、まるで女優と云うより、エリートの良き威厳の様な物を感じさせてくれました。

「イイね!」ではなく「素晴らしいネ」 VIVA UNA GRANDE ITALIANA

でも、もう昔むかしのことですが、ITALIA の超チョウ巨匠 JIO PONTI(便器をアートにした建築家)に学び、

天才 MARCO ZANUSO (私が、最も憧れたと建築家)と共に活動し、MIT やアメリカの美術館で、つい最近まで、個展や講演会をしていたそうです。

Cini-9621作品集   Cini-9622

コルビュジェ にも学んだそうです。この様な彼女から「高潔な美」と個性(オリ)ジナル)と云うものを学びました。

(彼女のオシャレ度には、私も感じ入りました。目立たず、オーソドックスであり、粛々と良い物のみ愛でる。=私は、これを「大胆」と信じています。)

この「価値基準」を大切にしています。私の「価値基準」は、この様にして生まれたかもしれません。

この頃の彼らの基準は、「大胆にして、繊細な、秩序と無敵の意思による努力」だったように感じます。

こうして、イタリア・デザインは世界を制覇したのです。

(まるでどこかの国の人々とは、真逆ですね。イイエ、決して否定しているのではなく、この点が評価され、観光客が激増しているのではない

でしょうか?なぜなら、この様な価値観を先進国の中で有するのは、恐らく唯一無二の国だと、断言したく思います。???(断言します。)

事務所(行くのが楽しみでした。)は、MILANO でも最も美しい中心街 サンタンブロージュ(ダヴィンチ の チェナコロ の直ぐそば)に在り、

又、驚いたことに、丹下健三氏とも交友があったそうです。確か来日時お会いしましたよね。

今より遥かに美しかった時代です。(私見)幸運でした。今の MILANO は・・・

又、とりとめもない事を書いてしまいましたネ・・・。 でもマジに書きました。

Pc184980  

世は移ろいです。モノの哀れなり。

 

                                           青春の思い出に浸る主

2019年9月22日 (日)

アート製作の秋?食欲の秋&ラグビーの秋

いよいよ始まりましたネ。


「何が?」「ラグビーです。あれからもう4年。忘れませんね、あの南ア戦」

(初戦は大丈夫でしょう、ロシアですからネ???ラグビーは番狂わせは少ないのです。勿論前回のJAPANの様な事もある。

これが醍醐味、サッカーとは違う。)

Athletics_and_football_1894_14591256860 1894年
先日、ワラビーズの公開練習を見に行くよう、長く楽しみにしていたのですが、仕事でお出かけ。

「今日は、避けたかったのですが・・・」「ラグビー好きなの?」「好きです。」旧友女史とのランチ。

食べたのは、玉ねぎスープと柔らかいカンパーニュ?風パン。


そう云えば、以前「寒い日に、オニオンスープで我慢し、天井桟敷に行くのが、貧乏労働者階級の最大の楽しみだったらしい。」と、

カミさんから聞いた。

そう云えばモーツアルトの話でも、その様な話を聞いた事があります。もしかして、私もその1人???確かに・・・


こんな事を思い出しながら、女史?先生?との久方の密会?でも、お陰で、有意義な時間でした。感謝&あの件、宜しくネ。

Gare-stl-9182jpg   Gare-stl-9203jpg  (ミュージアム内展示用L.Vuittonモノグラム仕上げモデル使用)

翌日から、製作作業開始。先日アメリカの方にお求め頂いた「オリエント急行シリーズで、『サンラザール駅』」のニューバージョン。

製作時間 1週間・・・

その間、ローリングストーンズ、ジャニス、BBキング、ティナターナ、オーティス、そしてローエングリーン、

それから何と5時間少々のROMA徘徊?もとえ、散策散歩。(ローマ駅が昔の方が、1万倍イイね!)

Stazione20termini201890_20190922095701 1890年のローマ駅  
ローマは何度行ったかな?忘れるくらい行きました。でも当時は、あまり好きな街ではなく、少々ダサいく、

人もやや粗野な感じ?がしました。その上少々大きく、トラムも僅か。(私見)

しかし、地上で最も意味深い街であると我ながら宣言できます。

その街をほぼ5時間歩き続けるのです。凄い。殆どの名所回れるくらいだね。

ただ、イタリアらしく初めに出てくる、コース案内地図から時々勝手に変更して、目的地に行くこともあります。

イイね!!!。VIVA ITALIA。


そこで、いつもの最愛のカミさんに「ローマの地図あった~」

「私忙しいの知ってるよネ。古いのあったと思うけど?」「大丈夫、ローマは500年経っても変わらないから」

「はい、これ!」「ありがとう」出発は、人民広場?「確かあそこの角にあるレストランで飯を食った。」アアッ在るね!今も!

View_from_stpeters_bottomcropped-2009-b  wikipedia から 


それから、スペイン階段?広場、ここは、少々変わりましたね。フォンタナ(又、投げ銭で、イタリア経済挽回?)なんか当時は無く、

ずいぶん広場大きくなっいますね・・・パンテオンを回り橋を渡りサンタンジェロ、そして、パパさんのお住まい・・・気が付くと11時半。

突然、カルボナーラとローマ付近の白ワイン(エストエスト、フラスカティー等の安酒)が頭に浮かび・・・カミさんに「昼何食べるの?」

「何食べようか?」「カルボ食べる。」「無いよ。パンナも無いし、白ワインはシャンペンと、先日頂いた由緒正しき、ホラッ、例の・・・」

「いけません。両方飲めません。贅沢です。パルミジャーノはあるの?」「ある。他は何にも無い。」

「じゃあ、これから買ってくる、細麺あるの?」「何時ものしかない」

「ええッ~」フランスのワインしか無く、シャルドネ(味が強すぎてダメでしたわ。つまり、不味いのではなく、カルボには、合わなかったの

です。)カミさん頑張りすぎて、チーズ過多。

(ホントは、パルミジャーノにペコリーノモもち、ゴルゴンゾーラ ナオ良し(超豪華版・・・北のチーズーなので、ローマでは入れない)を

半々くらいにすると、とてもおいしいのです。


そうです、ローマの料理は、軽くて(女性向)とてもおいしく、特に海が近いので魚貝料理がお薦め。(夏は要注意)

私は、スカンピのグリリアとスプマンテ デミセコ・・・最高。

でも最近は、冷凍が多い様です。ご注意を。

これでおいしいコヒーがあれば・・・・・


今日は、これからシエスタに決めました。仕事? domani domani 気分は ヴェッキオ イタリアーノ 。

                       

                                        先ずは、ロシアから1勝してほしいヴェッキオ主

2019年9月 6日 (金)

9月ですね!

9月5日 今日は曇り空で、「暑いですね!!」と云う挨拶も要らなくなりました。

そう云う中、久しぶりに友人と世間話。「今年も、もう後少しだね・・・」等、

帰りに時々購入するパン屋に行くと、ちょうど焼き立て、GET ONE、

帰りの電車の中で、「いい匂い」押し寄せる「一片を・・・」と云う欲望を、何とか狭く息苦しい美徳により、自制。

(アアッ息が詰まる!!!!)無事帰宅に成功。

この様に私においては、アートより「豚、更に肥ゆる秋」といえます。

Bier_im_eg  Oktoberfest-2003 オクトーバー・フェストの様子/2003年

ようやく、ビールも室温で飲める季節。ビールと秋と云えば「オクトバーフェス」

親しい方が、先日ミュンヘンの森?公園でのビールフェスに招待され行ったそうです。「あれは、一度行くとイイね!」とのこと。

Festzug_1835_01 1810年から始まったビールのお祭り。1835年のオクトーヴァー・フェストの様子。

そう云えば、昔むかし、ホフブロイハウスに行ったことがあります。是非、建物を見たかったのです。

勿論、ビールとソーセージと芋をたらふく頂きました。かくも多くの人の騒音の中のヨーロッパを体験したことが無く・・・

また、私とカミさん以外は、アジア種族は、見かけませんでした(勿論、我が民族も含め)。それくらい昔の思い出。

ミュンヘンは何度か行ったことがあるのですが、比較的好きな街です。

Hofbrauhaus Hofbraeuhaus_munchen_20050402 ホフブロイ・ハウス

何しろバイエル王ⅬⅤ(Ⅼ・Ⅴではない)とワーグナー、何より、私の集めている、おもちゃ屋(メーカー)さんが近くにあり、

博物館も沢山在り、町の大きさも程よく、しかもトラムがある。

そして、幸い、厚(好)顔なブランド店(当時)?も無く、こじんまりとした良いホテルも多く、好ましい。(私見)

 

4866 メルクリン   Castle_neuschwanstein かの有名なお城

 

そうそう、先日遠くの外国の方にお求め頂いたのですが、着いたらしく「受け取りました。つきましてリピートしたいのです。

今度は、パーソナリゼーション してね・・・」つい、「ボン ウィ~ ダコゥー」と云いたくなります。

 

そして、10月は、高校時代の同窓会、サラリーマン時代のOB会、そして、食事会、・・・その他、忙しいね!

思い出した、早速先程のリピーターの方のを制作開始しないといけませんネ。

ああッーそうです。一部の方に伝えていた、9月の仮「L・Ⅴ 四方山話」は、故あって中止となりました。

現在何かリカバリーしようと思案中。ご期待ください。(日頃からお世話になっている方々、宜しくね。)

先日、有楽町でお会いしたキルティングの女王様、お声掛けますね。

また昔話をしましょう。

確か6日出発でしたね?お気をつけて!確かホテルはケンジントンでしたね・・・

ヴィクトリア&アルバート ミュージアム (1852年) がすぐ近くにあるので、如何でしょう!一見の価値ありですよ。

Victoria__albert_museum_entrance_london_ Londonvictoria_and_albert_museumsilver_e 

 

 

                              「先日の名古屋のアート展示?かって便器をアートか?と・・・」

                                        この夏、カキ氷を食べなかった事に悔やむ老主

 

                

 

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »