« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月25日 (日)

久しぶりの再会。

写真は、最近海外の方お一人でお買い上げ下さったミニチュア・トランクです。

国際郵便代の高騰、コロナの影響もあり、海外での販売には余り力を入れていなかったのですが。

Ebay-oct2020

こちらも久しぶり、カミさん以外の方との生会話を、堪能致しました。

今年の2月初め以来になります。すっかり、東京に住んでる愚息とも、メールとTELでの交信。

交信は便利ですが、生会話は有史以来のDNA交信(交心)を、再認識で喜びました。勿論、旧・親友の I 氏と共にネ。

そうそう、先日 SNS でも UP した、高級シャンペン(かなり上等)での、食事会。

朝から始め、先ずはロゼ、普段飲みのイタリア スプマンテ とシーズンの牡蠣との組み合わせから、プリモの盛り合わせ、

そしてメインの魚のムニエル・・・。

その際は、大切に保存(地下の MY cantina)してあった、昨日の彼の為のシャンペンを味わいました。

やはり、普段飲みとは全く違い、濃厚(ブドウの味)で、熟成感満杯で食間と云うより、ディジェスティーボにも良く、

又、チョコレートケーキ等にティータイムにもさらに良さそうです。

そんな感じに思う味でした。(パリの高級 cafe の味わいですね。)

そして、次はやはり、私の普段飲みのイタリアのセミセッコをちょっと、

続いて重めの北の赤・・・これは、カモとクルミのリゾットに使用の赤でした。

味は、コロナのせいか?いい加減酔いが回っていたのか?日本のイタリアンレストラン?で食べている様な味で、

正直少々期待外れでした。

そもそもリゾットは、あくまでプリモなのですが、日本風に「決め」で終わりに持ってきたのがまずかったのかな?

ラーメンの様な濃い味ではないからネ・・・・・。

翌日、彼からメールで「ランチと夕食ありがとう。」との事、そう云えば私たちは、朝から7時過ぎまで、飲み、食い、

そして本題の生会話を8か月分堪能しました。

途中、偶然にも Y 氏から初?電話を頂き「貴方もお誘いすればよかったネ。今、渋谷で飲んだ I 氏が来ているんだョ。かわるね。」

良かった良かった。

結論・・・「出来る限り早く、次回は、3人で此方でお会いしましょう。」

カミさんに感謝、お陰でイイ秋の一日でした。長生きと健康に感謝。次回もご協力ください。お願い申し上げます。

(それに関しても、関係写真画像が一枚も無い(無撮影)のが、美しい。「超イイね」)

 

                             真に、ドルチェヴィータの Ⅼ.Ⅴ(Visconti 気分の)黄昏老主

2020年10月10日 (土)

お寒い秋ですねェ~。

台風が来なくて幸いですが、寒い雨の続く毎日・・・

その上、コロナもワクチンが出来るか?自然感染していくか・・・スペインも再び重症状態・・・

何かいいニュース無いのでしょうかネ?

旧友、且つ、親友の I 氏とシャンペン会食を楽しみにしているのですが、何時になるのやら?

もう、冷たい飲み物の TIME OUT ですかね?

 

Ricetta-1631   Jewely-box   

しかしながら、お陰様で私達は殆ど、籠りっきりの製作活動に励んでいます。

特にマエストラは、すっかりインスタが板についた様、大盛況です。何しろ私と違い根気があるのです。羨ましい。

そう云う中、私も負けじと・・・

老眼鏡のレンズをクリーニングして、いざ本気です。

いいえ、主のメンツですかねぇ?。2~3日で片付くつもりが、軽く一週間越え!!!。

 

1739   Itala1761 Itala-1766       

この業界の先輩、元ローガンズの Iさん、出来はどんなもんでしょう。

Ⅼ.Ⅴトランクコレクターには、必要不可欠なメモリアルモデル。従って、老人ゲなく、ついマジになりました。

1754   1772   

車は、1907年の パリ―北京 のシルクロード大冒険の ITALA(第1回パリ・グランプリ優勝車の FIAT ベース)。s=1:20

今日の パリ―北京ラリー のルーツです。本当は1:8のが欲しかったのですが、キット販売で30万+日本まで運賃+税金・・・

GIVE UP 。もう2度と見つけられないでしょうが、無い物は無いと何時もの潔さ・・・後ろ髪~~~。

1745  1770  1768  

そうそう、免許更新、先月終わりましたよね?

私の車調子悪くて・・・

こんな感じです。

 

                           ♬ コーロナ~クルナ~カーカルナァ~~ 歌っている場合じゃない老主

 

 

 

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »