« コロナいい加減にして!!! | トップページ | コロナも少し落ち着いたのかな~???。。 »

2021年9月 8日 (水)

「もう一度見たい映画」

「もう一度見たい映画」と云うより、何度も見たい映画と云うのが正しいかもしれません。

つまり、私のベスト3に入るお気に入り、「イイネ!!!」。

そうです。「勝手にしやがれ/1960 /À bout de souffle - 息せき切って 」です。

勿論、映画の出来は、プロデュサーと監督で決まるのですが。

(フランソワ・トリュフォー原案、クロード・シャブロル監修、ジャン=リュック・ゴダール)

主役の2人は、ほぼ新人だったのですが、キャスティングが、見事でありました。

481px_bout_de_souffle_movie_logo-1960   437pxbelmondo_1960   Jean_seberg_in_bonjour_tristesse (wiki)

そうなのです。

この2人は、以降 Big star として成功するのですが、この時が最高でしたね。

ベルモンドとジーンセバーグです。モダン?斬新でした。

本当に、自然であり、スピード感があり、音楽が良く、そしてパリの街並み・・・

そう云えば、高校時代この映画を観て、数年後?1974年にシャンゼリーゼを歩き

エトワールで「ジャカルの日」を思い浮かべたのをおぼえています。

Frederickforsyth_thedayofthejackal Edward_fox_2011 (wiki)

フォックス、ジャン・ルイ・トランティニアン、ミッシェル・ピコリ やカトリーヌ・ドヌーブ・・・実に個性的で魅力的な俳優が居ましたネ。

それに比べ、今のお兄ちゃん、お姉ちゃん俳優、ことにご近所国の・・・・・年より臭く・・・これ以上は省略!!!

そうなのです。既に主役のお二人は、他界されたのです。ベルモンドは、先日との事。

 

嗚呼、やはりこの頃から、多少?パリに興味を持ったように思います。(フランス人のあの複雑さは、賢明な不雑な戦争体験???)

いつの日か、もう一度あのパリを体験したいですね。

もう10年以上前、珍しく観光客の様に、カミさんと2人で「市内観光バス」に、昼コースと、夜コースを選んだのですが、

隣の席の乗客が、何度も何度も激しく咳き込み、私も感染してしまいました。

そのお陰で、私は最悪状態、カミさんとは喧嘩をし、その後の2週間余りの旅は最悪でした。

流石は、帰国前のローマでは、食欲もりもり、美味しい料理を堪能致しました。

沢山注文したので食べきれず、飲み切れず・・・隣の席の若い大工さん達に提供いたしました。

お陰で彼らとも盛り上がる、帰国前の晩餐でした。

 

やはり、旅は良いですね。勿論、時間と、お金と、エネルギー、苦労?も大変な物ですがね・・・。

またその苦労が懐かしいですねェ~

それにしても来年は、このバカげたコロナ、大丈夫なのでしょうかねェ・・・・

Arc-551_20210908163701 Afgarnier-9710_20210908163701    

                            自分で作っているパリの街角を見て・・・・、

                                         コヒー・・・安上がり老主     

 

« コロナいい加減にして!!! | トップページ | コロナも少し落ち着いたのかな~???。。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナいい加減にして!!! | トップページ | コロナも少し落ち着いたのかな~???。。 »